アニメ「進撃の巨人 The Final Season」のネタバレ感想

アニメ

「アマプラ同時上映会」第81弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのは、単行本累計発行部数8500万部を突破!「進撃の巨人 The Final Season」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ

巨人と人類の絶え間ない争い のお話。

<あらすじ>
ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体ーここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。
やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。
調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • 「進撃の巨人」シリーズを見てみたい!
  • 得体の知れない敵と戦い、成長していく少年少女を見つめたい
  • 信頼、裏切り…なぜ人間は地獄のような現実をひたむきに生きるのか?を確かめたい

 

 ネタバレ感想

第60話 海の向こう側

<あらすじ>
人類と巨人との壮絶な戦いが始まって、もうどれくらいの時が過ぎただろうか…。

エレン・イェーガーがめざし、たどり着いた海の向こう側では、いつ終わるとも知れない戦争が続いていた。

彼らは何者で、何のために戦っているのか?

スラバ要塞を落とせばマーレの勝ち…次の戦士を決める戦いってことは、アニたちはこの死地を乗り越えてきたってことか。

パラディ島制圧作戦の主力 鎧の巨人…ライナーのことだ!
強気な少女ガビは成績優秀。エルディア人の運命を背負い、収容区からみんなを解放する覚悟を持ってると胸を張ってます。
エルディア人はマーレ帝国から、少年少女さえ歩兵として酷使されてるんですね。
連合軍って何だ?走行兵器とか、明らかにエレンたちの国より科学技術が発達してる感じがします。
マーレ帝国が大国なのは巨人の力があるからだったけど、エレンたちと戦ってアニ・ベルトルトの2体を失ったから戦力がガタ落ちしたと。しかしひどい状況だ…。
巨人にされるのはマーレ人ではなくエルディア人なんですよね。アニたち、壁の中に来るまで相当しんどい日々だったろうな。そして仲間を殺して恨まれて…なぜ生まれたのかとつらかったろうな。胸が苦しいです。
ガリアードさん!新キャラだ!
ジークが矛となり、ライナーが盾となる…ライナーはまた戦場に駆り出されてるんですね。苦しかろうな。違う民族というだけで馬鹿にされ、生物兵器にされて…。ファルコは捕虜を手当てしてあげたり、無償の愛を誰にでも与えられる優しい子だな。

す、すげーー!!!!獣の巨人のおじさん、「叫び」の力ですかね?エルディア人のおかげで有利に戦えてるのに、なんて言い様だ…ふざけんな…。
ライナー、髭生えてイケメン度増してません?めっちゃかっこいい…///
マーレと連合軍は4年間も戦争してたのか…たしかに巨人が大砲に押されてましたもんね。

これからは巨人ではなく化学兵器の時代だ。だからこそ始祖の力を手に入れなければならないと焦る気持ち、分かる…。
マーレ軍じゃなくてエルディア人の活躍のおかげでしょ…😡

 

第61話 闇夜の列車

<あらすじ>
4年に及んだマーレと中東連合との戦争は、マーレの勝利で終結した。

だが、あわやマーレの巨人2体が失われる事態は、巨人の力ですべてを支配する時代が終わりつつあることを示していた。

対巨人兵器の開発を進める諸外国への後れを挽回すべく、ジーク・イェーガーはあることを軍の上層部に進言する。

獣の力はコルトに引き継がれるのか。コルトは心優しそうな青年だからなあ…。
獣の巨人は残りたった1年の命……😨パラディ島の巨人の力を全て手に入れること、ジークはまだ諦めてなかったんですね。ライナーは嫌だろうな。
ジークは好きで戦争してるからいいけど、ライナーを連れて行かないでほしいです。しかし過去32隻も偵察船を沈没させられてなお挑む心意気はすごいですね。
マルセルは鎧候補生だったんですね。心優しいライナーが跡を継いだのはマルセルがユミルに食べられたからか…。ガリアードはマルセルの弟。ピークは普段四足歩行なのか。戦に必要なくなったらエルディア人はどうなるんだろう…奴隷化されるんですかね。
ガビはライナーを慕ってるんですね。

エルディア人は普段収容所で生活させられてるのか…ひどい…。
ライナーとガビは同じ一族なんですね。大陸のエルディア人からすれば、自分たちは生まれた時から罵られ続け虐げられ続けているのに、パラディ島のエルディア人たちは何重にも壁を作って自分たちだけ平和を満喫してるって憎しみが生まれますよね…。

タイバー家と共にまたパラディ島へ行くのか…もうやめてくれ…エルディア人たち、戰をすると見せかけてこっそり和睦して、一緒にパラディ島で暮らすのはダメなのか…。ライナーが死ぬのを見たくないよ…。

 

第62話 希望の扉

<あらすじ>
故郷に帰り、母と再会したライナー・ブラウン。

その夜、彼は戦士をめざした幼き日々を思い返していた。

エルディア人を母に持つライナーの夢は、母と共に名誉マーレ人の称号を手に入れて、離れ離れになった父と共に暮らすこと。

ライナーはマーレ人のお父さんと一緒に暮らしたい、お母さんに自慢の息子って思ってもらいたい一心で巨人になりたかったのに…悪魔の親子なんて罵られて…かわいそうに…。
優秀な弟を戦士にしたくない一心でマルセルは印象操作したなんて…最悪だ…そんなことなんで戦いの前に言うの…。
エレンに昔の無力な自分を重ねてたんですね、ライナー…。
精神病のお兄さん、エレンが化けてます…?

 

第63話 手から手へ

<あらすじ>
戦士候補生の一人、ファルコ・グライス。

想いを寄せるガビ・ブラウンを守るためには、自分が「鎧の巨人」を継承しなければならない。

しかし、ガビとの成績の差は開くばかり。

タイバー家、みんなだいぶやんちゃですね。
ガビたちはだいぶ大きくなりましたね。
日出る国のご婦人、優しい〜。あとやっぱ精神病患者はエレンっぽいですね。ファルコ利用されてるよ…一族全員殺されるよ…。
ライナーの暗い表情に胸が締め付けられます…。

 

第64話 宣戦布告

<あらすじ>
ファルコに連れられ、とある建物の地下室へと足を踏み入れたライナー。

そこで彼を待つ人物の顔を見て、ライナーは愕然とする。

そんな中、世界中の注目を集める、ヴィリー・タイバーによる演説が始まろうとしていた。

東人家の人たちは中立かと思いきや、何かをするつもりなのか…?
今の巨人たち、パラディ島の刺客(エレンの仲間たち)に殺される…?😨
エレンに土下座し、泣いて許しを乞うライナーに泣きました。

幼い頃から洗脳教育されてもなお自分が悪かったと素直に思い、自殺もせず、毎日罪を感じて生きている…。
エレンが世界共通の敵になったのか…まさかの展開です…。

 

第65話 戦鎚の巨人

<あらすじ>
ヴィリー・タイバーの演説によるパラディ島への宣戦布告。

その最中、騒然とする広場に、招かれざるものが現れる。

タイバーは死ぬつもりで宣戦布告してたのか。そして実際死亡した…。
タイバー家の巨人(戦鎚の巨人)は当主の妹だったか!!

エレン、戦鎚の巨人も食べるつもりなの!?
それに一般人もたくさん殺して…。みんなパラディ島の悪魔の名を欲しいままにする戦いぶりでしたね。

 

第66話 強襲

<あらすじ>
混迷を極める戦場。

自在に空【くう】を飛び、襲い来る兵士たちに、立ち向かう戦士たち。

この戦いの行方は…?

「外にいるのは敵ばかりではありません。俺もガビも味方です」に号泣しました…。ライナー、もう生きる意思が弱くなってるから自己修復できないんですね。

アルミンも来たかー!ショートカット似合いますね。マーレは蹂躙されるがままだ…もうライナーを起こさないでくれ…頼むから…。
あああああ最悪の事態だよ…。

 

第67話 凶弾

<あらすじ>
助けを求める悲痛な叫びに応えるかのように、1体の巨人が目覚め立ちはだかる。

そして、ガビは一人銃を携え、飛び出していく。

「ライナーは今は殺せやしないだろう」の格下相手に手心を加えてやってる感よ…。またなとか言うな…もう2度と会わないでやってくれ…頼む…。
というか、獣の巨人何してるんですかね!?!?

ソフィアもウドも死んだのに全く活躍しないで大口だけ叩きやがって💢
リヴァイは老けませんねえ。あとジャンがいい感じに老けてて最高です/// 長めのショートカットに髭が色っぽい///
ええ〜〜ガビたちどうなるんでしょう。
は!?!?ジーク裏切ったの!?!?

王家の血を持つ巨人と始祖の巨人が集まってエルディア人たちに何の奇跡が起きるの?悲劇しか起こらない気がする…。
というか、今回の諸々はエレンとジーク2人が勝手にやったことなのかな。

 

第68話 義勇兵

<あらすじ>
もしかしたら別の道があったのではないか…。

後悔も、懺悔も、失ったものは、二度と戻らない。

3年前のお話。

ヒルダはいきなり寝返った怪しい女ですね…。軍内部の機密情報をぺらぺら話すな!?とびっくりしたんですが、もともとマーレ人ではなく他国から奴隷のように連れてこられたんですね。全エルディア人の解放を目的とした義勇軍は秘策として、「始祖の巨人と王家の血を引く巨人がそろえば世界が救われる」と主張。

二つの強力な力で世界を地ならしする…つまり人類を滅亡させるつもり…?本気か…!?あ、脅しなんですね。
この時はまだみんな未来がありましたね。港を作るのを手伝いあったりとか。ニコロの料理に感動するサシャのシーンめっちゃ好きですwww 泣きながら食べるサシャに照れてるニコロがかわいい…w
アニはずっと凍ったままなんですね。
なぜパラディ島側は3年間共に戦ってきた義勇軍に銃を向けるんだ…?

 

第69話 正論

<あらすじ>
外の世界に味方はいなかったから、生き残るため敵を滅ぼす。 戦うしかなかった。

それが正しい選択なのか、その是非を知る者はいない。

2年前のお話。

日出国とパラディ島は唯一の友好国なんですね。とはいえ、それはミカサが日出国の王家の末裔かつ立体機動装置を動かす燃料がパラディ島でしか取れないから。

日出国はパラディ島の戦力水準を底上げする代わりにジークの獣の力を持つ子供を13年間の寿命いっぱいに生殖し続けることを条件にした。最悪です。

エレンも言ってたけど家畜みたいなことしないと生きることを許されないなんて。

日出国はパラディ島のあらゆる資源を独占取引したいんですね。しかしヒストリアがちゃんと好きな人と結婚妊娠できてよかったです。
パラディ島の人々は平和を望んでるのに、誰も聞き入れてくれずただ恐れるばかり…みんなパラディ島には極悪人でいてほしいんですよね。その方が他の国と団結できるから。
誰よりもみんなのことが大事だから、誰も自分の力を受け継いで欲しくないなんて、今のエレンは言わないセリフだ…。
なぜエレンは突然ジークの思惑に乗ったのか…分からない…。

 

第70話 偽り者

<あらすじ>
行く当ても、手がかりも、帰れる保証もない。

そんな彼らに手を差し伸べたのは、憎むべき悪魔だった。

ガビとファルコはほんとどうするんでしょうね。結構楽しそうに生活してますねw

サシャの助けた孤児が、サシャみたいになりたいって言って生きてる…。サシャの意思が受け継がれている…。号泣です…。

虐げられるのはなぜなのか、誰の罪なのか、なぜ自分が裁かれなくてはいけないのか…苦悩に満ちた回でした。

 

第71話 導く者

<あらすじ>
憎むべきは誰なのか。

恨むべきは何なのか。

信じたものが揺らぎ始める。

なんかもうみんながお互いを疑い合っててもう…もう…。
総統が死んだ!?!?
義勇軍とエレンが手を組んだ…。ピクシス司令官しか冷静な人がいない…。
ジークの思惑を早く暴きたい…みんなが苦しむ姿を見たくないよ😭

 

第72話 森の子ら

<あらすじ>
助けを求めるガビとファルコ。

信じた先に報われる未来があるのか。

それとも、報いを受けるのか。

えええええええジークの脊髄液をファルコが飲んだ!?!?
ファルコは王家の血を引く巨人になったってこと…?😨
義勇軍たちの顔めっちゃムカつくー!!!!!

エレンは憲兵たちを巨人化させて何がしたいの…!?

 

第73話 暴悪

<あらすじ>
アルミンとミカサを見据え、エレンは語り掛ける。

「おまえらと話がしたくてな」と。

エレンはジークやエレナに買収されたの?ユミルの民に自由なんてない、みんなそう「設計」されていた…?😨

アルミンの言うように、エレンこそジークの奴隷になってるんじゃないのか…?

シガンシナ区でエレンは何をするつもりなの…?😨

リヴァイ兵長のエレン派に対抗するため、ジークの「獣の巨人」を別の人間に移してジークを食わせるのはいい考えだったのに、それを実行に移す前にジークが動き出してしまった…。

ジークの脊髄液入りのワインを飲んだ戦闘員が全員巨人化…!😨

「まだ”そこ”にいるのか、お前ら」に泣きました…。

エルヴィンとの約束を果たすため、兵長は心を鬼にして部下たちを一瞬で全滅させた…兵長…!!!!!😭😭😭😭😭

全力でジークを追ってくる速さ、そして的確に急所を狙う素早さよ…!!

でもまだジークを殺さないの…?もう殺さないといよいよ逆に殺されてしまうのでは…?兵長の安否が不安です。

 

第74話 唯一の救い

<あらすじ>
朦朧とした意識の中、確かめるのは、懐かしい面影と、朧気な記憶。
それは、ある人物との出会いだった。
その先に待つ自らの使命を果たすため。

ジークは先代の獣の巨人クサヴァーが戦争に興味がないことにシンパシーを覚えると同時に、両親が息子がフェイのようになってもいい、勝利を勝ち取るんだと言っていることに反感を覚えていた…自ら両親を告発することでマーレ当局に忠誠を誓い、両親の代わりに愛してくれたクサヴァーと歩むことにしたんですね。

600年前、全世界が疫病に見舞われた時、エルディア帝国だけはその病が消滅した。なぜなら始祖の巨人(当時の王)がユミルの民の体の設計図を書き換えたから。

クサヴァーからこれを聞いたジークは、「ユミルの民はどこにいても始祖の巨人の一部。ならば、子供を産まないように書き換えれば100年後にはユミルの民は消滅し、誰も巨人のせいで苦しまずにすむ」と考えたんですね。

不戦の契りを打ち破る方法は、ジークだからこそ可能になる。王家の血を引く巨人であるジークなら、始祖の巨人の継承者と接触することでその能力を引き出せる。

ただし、力を使えるのは始祖の巨人(エレン)。

そして、死ぬはずだった父親は生き残り、またエレンを生み、洗脳した。ジークもエレンも腹違いの兄弟。

エレンはジークの「この世に生まれないことがエルディア人への最善の救済(全エルディア人安楽死)」計画に乗った風でしたが、どうなるんでしょう…。

 

第75話 天地

<あらすじ>

求める未来は、交わらない。

互いに想いを抱え、ぶつけ合うしかない。

そして、今また始まりの地でぶつかる。

ジークは兵長にブン殴られて瀕死でしたが、巨人の体内に入れられることで体は修復されるのかな?🤔

イェレナはマーレに祖国を奪われたのに、全く同じ手口でパラディ島を支配するのか…。

イェーガー派に真っ先に寝返ったものは白、ワインに口をつけたものは赤、強制的に寝返らせられたものは黒の腕章か…ピクシス司令は殺されるんでしょうか。それならなぜわざわざ同じ食卓につく意味があるのか?今後も自分たちの傀儡として働かせるつもりなのか?🤔

イェレナがアルミンたちに言うには、ジークは世界を救う神だと。イェーガー派は誰にどこまでジークの安楽死計画を話してるんでしょう。

イェーガーとイェレナが手を組んだのは、エルディア人安楽死計画を遂行するためと思っていたんですが、他国から100年は遅れていたパラディ島の文化を早まらせたのは①自分たちが快適に過ごすため、②脊髄液を飲ませて「お前たちはいつでも巨人化させられるんだぞ」と脅して実権を握り安楽死計画をスムーズに進めるため と考えると納得がいきます。

ピークはエレンにマーレ国内のエルディア人の扱いを知られているがゆえに、「始祖の巨人の食ってこい」という命令に背いてマーレ人を虐殺するつもりか…と思っていましたが、まさか仲間たちを呼び寄せる囮だったとは!!!

イェレナの言葉をまるのまま信じるなら、安楽死計画はエルディア人が繁殖できないように体を作り替え、ヒストリアの息子がユミルの民最後の1人として死ぬまで始祖の巨人が守り、巨人自身はその後自殺する…って感じなんでしょうか。

嘘でしょ…アルミンは安楽死計画を本気で尊いと思っているの…。

始祖の巨人の能力を引き出す力があるの?ジークの脊髄垢に?🤔

普通のエルヴィア人を巨人にするだけの力じゃないんですかね。

この…足枷手枷をつけられて建物の淵に立たされてるピークさん、ジークの父親たちの仲間のエルディア人が無理やり巨人にさせられた時のことを思い出しますね…。

おおおおお!!!ピークに呼ばれてガリアード登場!!!

ピークの「私はマーレ人ではなく仲間を信じている」に泣きました…😭

というか、マーレのヘリを見て即「来いよ、ライナー…!!!」って叫ぶイェーガーにちょっと笑っちゃいました。

ピークやガリアードではなくライナーの名前を呼ぶところが、イェーガーの中で愛憎入り乱れてる感じしますよね。

ライナーはこれからのユミルの民の未来をどんなふうに考えているのかな。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

まさかライナーとエレンの再会から話が始まるとは…地獄ですね…。

ライナーは早くエレンに殺してくれとPTSDみたいになってて、エレンは何か大切なものを失ったようにずっと虚ろな雰囲気で…怖いです。怖すぎます。

エルディア人は皆殺しにされてしまうのかな…😨

小錦あや
小錦あや

全世界vsエレンの戦いが始まりましたね。まさか世界が敵になるとは。

パラディ島の民はどうなってしまうのか?エレンは義勇軍と手を組み暴君になってしまうのか?😨

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

人類は壁の中だけではなかった上、壁の外の世界の方が遥かに広く、科学水準等も高度で…エレンたちがもし全世界から恨まれて攻め込まれたら、さすがのエレンでも太刀打ちできないのでは…と思いました。

あとジークが何考えてるか分からなくて怖すぎます。

今回3人が見た「進撃の巨人 The Final Season」は、Amazonプライムビデオで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 今なら30日間無料体験できる! /
 Amazonプライムビデオ

注意事項:Amazonプライムビデオの視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。

 

この記事を書いた人

小錦あや
小錦あや
闇の腐女子。「カーストヘブン」と「蟷螂の檻」シリーズが愛読書。屈折した愛情表現とボロボロの攻め・受けが大好物。地雷なし雑食。