アニメ「アイ★チュウ」のネタバレ感想|アイドルを目指す少年たちの苦悩と希望の日々

アニメ

「アマプラ同時上映会」第108弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのは、恋愛リズムアドベンチャーゲームが原作のアニメ「アイ★チュウ」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ

アイドルを目指す青年たち のお話。

<あらすじ>
一人前のアイドルを目指す学園エトワール・ヴィオスクールに入学したアイチュウたち。
しかし、入学早々クマ校長の一言で前途多難なスタートを切ることに…!?
それぞれの目標に向かって努力するアイチュウたちは、アイドル活動を通して次第に「アイドルってなんだろう…?」と考えるようになる。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • 青年たちが夢にひたむきに向かう姿にときめきたい🌈
  • 美青年&美声の海で溺れたい🏊‍♀️
  • HAPPY&LOVE&PEACEな気持ちになりたい❤️

 

 ネタバレ感想

第1話 couleur~歌の彩~

<あらすじ>
入学して一週間、それぞれユニット活動を始める三期生のアイチュウたち。
そんな中、クマ校長から「3ヶ月後までにCD3000枚を売らないと退学だよ♪」という、とんでもないノルマが課せられる。
各ユニットが達成に向けて少しずつ前進し始めるが、F∞Fはなかなか足並みが揃わずー。

有名芸能事務所「エルドール」が経営するアイドル養成学校「エトワール・ヴィオスクール」、この学校のアイドルの卵たちはアイチュウと呼ばれています。

入学して一週間、王道路線のF∞F(ファイアーフェニックス)、双子のTwinkle Bell 、国際色豊かなI♥B(アイビー)、芸術家揃いのArS(アルス)…とそれぞれユニット活動を始める三期生のアイチュウたち。

そんな中、クマ校長から「3ヶ月後までにCD3,000枚を売らないと退学!」という、とんでもないノルマが課せられます。

各ユニットが達成に向けて少しずつ前進し始めますが、F∞Fは愛童 星夜(あいどう せいや)のやる気が空回りし、人見知りな湊 奏多(みなと かなた)は大人びた御剣 晃(みつるぎ あきら)に怯えるばかりでなかなか足並みが揃いません。

湊は元子役、御剣は元モデルとして将来を渇望されていましたが、突然アイドルを転向したことに周囲は驚いていました。2人は失敗する怖さを知っているからこそ、アイドルとして一歩踏み出すのを怯えているようです。

愛童は2人を集め、自分がアイドルを目指した経緯を話します。1年前に素敵なアイドルを見て、彼を目指したんだと言います。
湊たちを元気づけようと歌い始めた愛童。いつの間にか湊たちも彼の歌に巻き込まれ、周囲の人々を魅了していました。

愛童は自分たちの歌に自信を持ち、CD3,000枚完売を目指すのでした。

 

第2話 disque~刻まれるもの~

<あらすじ>
一人前のアイドルを目指す学園エトワール・ヴィオスクールに入学したアイチュウたち。
しかし、入学早々クマ校長の一言で前途多難なスタートを切ることに…!?
それぞれの目標に向かって努力するアイチュウたちは、アイドル活動を通して次第に考えるようになる。

星夜は学園エトワール・ヴィオスクールで、I♥Bのリーダーで幼馴染のノアに再会します。ノアの一家は医師ばかりなのになぜと不思議がある星夜。

ノアはリーダーとしてグループをまとめようと、まずは一緒に食事を作ることを提案しますが、リュカの入れた謎の隠し味のせいで凄まじい味になってしまいます。しかし不味いながらも「みんなで何かをする」という目標を達成したことで、お互いに少し距離が近づいたようです。
どこにいても音楽は作れるけれど、近くにいればより響き合えるとノアは手応えを感じます。

ArSはそれぞれどんなふうにスカウトされたのかを話しますが、レコーディングする様子は全くなくマイペースです。
アキヲは退学させられるかもしれないのにと皆の様子に危機感を覚えると同時に、自分は女性恐怖症な上、姉たちに勝手に応募されただけだからと退学届を出そうと決意します。
しかし、子規から一度くらいアイドル活動をやってみてはと言われ、虎彦が作った曲を皆で歌ううちにやる気が出てきます。

F∞Fはレコーディングを終え、ジャケット撮影をします。星夜は完成したCDを真っ先にノアに渡しに来ます。
「誰かと一緒に歌うのが楽しい」と思えたのはノアとライ麦畑で歌った経験からだと話す星夜に、ノアは自分も同じだと返し、2人は微笑みあうのでした。

 

第3話 performance ~男の娘の場合~

<あらすじ>
CD販売に苦戦する三期生たちの前に世界一きゃわゆい男の娘アイドル、POP’N STAR 華房心が登場。
自分たちの力不足を指摘された三期生たちは、「ステージでなら負けない!」と心のソロライブの前座に出演することに。

CDの全く売れていない三期生を激励するために、アイチュウ二期生である、男の娘のPOP’N STARの華房 心(はなぶさ こころ)が学園に来ます。

3日後の心のライブで前座に登場することになった三期生たち。自信満々の三期生たちを尻目に、心はストイックに練習します。

いざライブ当日、三期生たちの前座は大失敗。一方、心のライブは大成功。
心のパフォーマンスに星夜は魅了されます。

落ち込む三期生たちですが、ここから這い上がれるかどうかがアイドルの真価を分けると心とクマ校長は話します。

一方、晃はかつて「人形みたい」と言われたことを反芻していました。

 

第4話 costume ~素顔のままで~

<あらすじ>
心の圧倒的なステージを目の当たりにして以来、自分を曝け出して表現することが苦手な晃は過去のあるトラウマを思い出してしまい、練習に身が入らない。
そんな晃の様子を一羽のフクロウが窓から見ていて…。

心のライブの前座をして以来、晃と奏多は自信喪失気味。そんな晃の様子を一羽のフクロウが窓から見ていました。

追い討ちをかけるように、プロデューサーからF∞Fが他三期生グループと比べて売上ペースがかなり悪いと指摘されます。
星夜はライブをしてファンを増やしたいと意気込み、3人は練習に励みます、
しかし晃は本気で踊っているのかとプロデューサーに聞かれ、「人形みたいだ」と言われたことをまた思い出し、「お前鬱陶しいよ」と怒り、その場を立ち去ってしまいます。

星夜と奏多が食堂で晃の様子を気遣っていると、メンバー全員が中二病の、RE:BERSERKのエヴァが奏多をスカウト。星夜がそれを阻止すると、また会おうと言い残し、相棒のフクロウ「サミー」を肩に乗せて澪と蛮を引き連れて出て行きます。

エヴァは晃に彼の闇が彼自身の刃を鈍らせているとアドバイス。
晃は一人酒をしていましたが、ArSの子規と輝、楽と居酒屋で心のライブの反省会に強制的に混ぜさせられます。

その頃、星夜と奏多はモデル時代の晃のこともよく知らないのに今の晃のことが分かるはずもない!と、晃の過去について調べていました。星夜たちは晃の大人っぽさについていけない自分たちに問題があると思い、「大人っぽいファッション」をしてみることにします。
しかし晃はF∞Fがうまくいかないのは自分のせいだと思い悩んでいました。

翌日、子供っぽい格好をした晃と大人っぽい格好をした星夜たちがばったり会い、皆で大笑いしてしまいます。
晃の笑顔から気持ちが伝わってくると星夜が言うと、晃はホッとしたような表情になります。

ミニライブは成功。CDもたくさん売れました。エヴァは笑顔で踊る晃を見て嬉しそうです。

たこわさ
たこわさ

プロデューサー、晃を気遣っているような素振りを見せつつも「本気でやってる?」っていらんことを言うのは何なんでしょうね😠💨

腹立つなー!!アイドルをちゃんと育成するつもりあるんかーっ!!💢

 

第5話 session ~伝えたいこと~

<あらすじ>
前回のステージでの失敗を経て練習に励むI♥Bたちの前に、先輩アイチュウのLancelotが現れる。
彼らの前で完璧な演奏を披露してみせたI♥Bだったが、一誠の口から出たのは思わぬ一言だった。

二期生のPOP’N STAR、Lancelot、RE:BERSERKは、心を中心に合同ライブのステージリハーサルの順番について打ち合わせをする…予定でしたが、Lancelotは話もそこそこに練習に行ってしまいます。

防音室に向かうLancelotはI♥Bたちとバッティング。
場所は使わせてやるから演奏を聴かせろとLancelotの一誠が言い出します。
完璧な演奏を披露したI♥Bでしたが、一誠は機械のようでつまらないと言います。リュカはその暴言に怒るものの、何か悩み始めます。

その日、学園ではRE:BERSERKのステージリハが行われ、三期生たちは彼らしか出せない世界観に刺激を受けます。

リュカはI♥Bの良さは国際色豊かなところではなく演奏の素晴らしさだと言いますが、クマ校長がCDの売上が伸び悩んでいるのは演奏のせいでは?もしくはリュカが製作した楽曲のせいでは?と匂わせたため、腹を立ててどこかへ消えてしまいます。

リュカが一人で練習しようとレンタル防音室へ向かうと、そこには一誠の姿が。思い悩むリュカの背中を押そうと、一誠は自分たちの演奏を見せます。Lancelotは完璧に譜面が作られているI♥Bとは対照的に、たった1枚の楽譜からそれぞれがアドリブで演奏をします。

I♥Bメンバーは、自分たちは楽曲から何からリュカに頼りきっていたと謝ります。リュカはメンバーの顔を見て、自分たちならLancelotから受けた刺激を昇華できると確信します。

後日、Lancelotに感化を受け、I♥Bもアドリブ演奏に挑戦します。学内でのライブは大盛況のうちに幕を下ろします。

小錦あや
小錦あや

「Lancelotと同じ演奏スタイルをI♥Bが行う」というのは、正直バッドエンドも予想していました。

一誠に「俺たちの真似をしただけじゃねえか!お前たちのオリジナリティはどこへ行った!」と怒られるかもと思ったんです。

でも一誠は手放しで褒めていたので、I♥Bは私たちが見ている姿以上にガチガチに型にはまったグループだったのかも?と思いました。

国際色豊かだからフリーダムな人々ばかりなのかと思いきや、みんな生真面目で意外ですよね。ArSの方がよっぽど無法地帯です😂w

 

第6話 equipe ~私の居場所~

<あらすじ>
地方での合同ライブを行うアイチュウ二期生たち。
翌日に東京でファンイベントを控えた心は一足先に飛行機に乗り込むも、悪天候の影響をうけて途中で緊急着陸してしまう。
一方、心のイベント会場でCD販売をしていた三期生たちは、いきなりクマ校長から到着するまでの繋ぎを任されて…!?

地方での合同ライブを行うアイチュウ二期生たち。どのグループの演奏も大盛況です。

翌日に東京でファンイベントを控えた心は一足先に飛行機に乗り込みますが、悪天候の影響をうけて途中で緊急着陸してしまいます。

一方、心のイベント会場でCD販売をしていた三期生たちは、いきなりクマ校長から到着するまでの繋ぎを任されます。

不安になる奏多ですが、I♥Bを筆頭に次々と練習を重ね成長した姿を観客に見せます。
その間に心が会場に到着し準備を整え、星夜たちの成長を誉めます。

F∞Fたち二期生のCDの売れ行きも上々。しかしその裏でクマ校長は「そろそろタイムリミットだよ」と怪しげな独り言をつぶやきます。

 

第7話 jugement ~笑顔のために~

<あらすじ>
CD3000枚完売ノルマの期限となる最終日。
それぞれユニットが達成まであとひと押しというところだが、F∞Fはまだまだ数字が伸びない。
退学になるかの命運がかかったステージ直前、星夜たちの前に母親とはぐれた迷子の女の子が現れて…。

CD3,000枚完売ノルマの期限となる最終日。

I♥Bが真っ先に完売しますが、Twinkle BellはSNSで確実に知名度を上げ、ArSもそれぞれの個性を活かして目標達成まであと少しとなります。

しかし地道に路上ライブなどを重ねてきたF∞Fは数字が伸びません。I♥BのノアはF∞FのCDを買って応援しようとしますが、クマ校長に違反だと咎められます。

そんな時、ソロアイドルだった心がメンバーの増員を決定。ルナと桃助という旧知の仲間を誘い、POP’N STARは3人組になります。

退学になるかの命運がかかったステージ直前、星夜たちの前に母親とはぐれた迷子の女の子が現れます。彼女はF∞Fの最初のファンということもあり、星夜は彼女の母親を一緒に探します。

F∞Fのライブは大成功。CDは無事完売し、皆無事アイチュウとして認められます。

三期生はクマ校長からアイチュウ専用特製マイクと年に1回夏に放送される音楽番組、夏の紅白歌合戦「サウンドカーニバル」に出演する権利をプレゼントされます。
しかし、出演できるのは全アイチュウの中から1組だけ。

星夜はこれからアイチュウたちは仲間ではなくライバルなんだと改めて芸能界の厳しさを痛感します。

 

第8話 vacance ~キズナ~

<あらすじ>
クマ校長からアイチュウたちに夏休みのプレゼント。
貸切のプライベートビーチで各々がバカンスを満喫していたが、睦月は何やら浮かない顔をしていた。
そんな中、次第に一人、また一人と行方不明に…。

クマ校長から三期生たちに、貸切のプライベートビーチで過ごす夏休みがプレゼントされます。
皆バカンスを満喫していましたが、Twinkle Bellの睦月はなぜか浮かない顔をしていました。

そんな中、なぜか次第に一人、また一人と行方不明になっていきます。誘拐した張本人はなんとクマ校長。

クマ校長は配信用のドッキリ番組を作るために捕まったアイチュウたちに参加を呼びかけます。ノリノリの皐月はドッキリの首謀者に指定されます。

古びた洋館で行われるドッキリ作戦。皐月を必死で探す睦月に皐月は罪悪感を覚えはじめ、とうとう睦月が怪我をしそうになると思わず泣いてしまいます。
クマ校長からのドッキリ宣言にホッとする一同でした。

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

睦月と皐月の愛の強さに泣きました…🤦‍♀️💦

睦月がほんっとうに皐月の安否を心から心配して奔走するんですよ…。それを見つめる皐月の罪悪感いっぱいの表情に心を抉られます。

2人は「俺たちは1つの命から生まれてきたんだ」とよく言いますが、本当に「命(魂)の半身」なんだなあと胸が熱くなります。

 

第9話 monochrome ~失われた色~

<あらすじ>
カリスマアイチュウ天上天下が突然の帰国!
星夜たちの前に現れ、サウンドカーニバルの参加枠争いに加わるという。
リーダーの椿に憧れてアイチュウになった星夜は大興奮。

ワールドツアーを行っていたカリスマアイチュウ一期生・天上天下が帰国。リーダーの竜胆 椿(りんどう つばき)に憧れてアイチュウになった星夜は大興奮です。

クマ校長は去年のサウンドカーニバルの出演権を勝ち取った天上天下に今年も参加枠争いに加わってほしいと頼みます。

3日後に迫ったサウンドカーニバルの選考会に天上天下も参加すると知り、星夜は祝賀会を抜け出して椿みたいになりたくて追いかけてきたと思いを伝えに行きますが、椿からはいつまでファンの気分でいるんだ、お前はアイドルに向いていないと怒られてしまいます。

そんな時、F∞F単独の初仕事が決まりますが、星夜は元気がありません。ライブ中に椿の言葉を反芻してしまい棒立ちになってしまいます。

 

第10話 phoenix ~再生~

<あらすじ>
どんなアイドルになるのか、目指すべき姿を見失い彷徨う星夜。
椿にかけられた言葉の意味を一人で考えるも、答えは出ない。
一方、サウンドカーニバル選考会に向けて練習に励むアイチュウたちも、星夜の様子がおかしいことに気付き始める。

椿という目指すアイドル像を見失い、学校を休んでしまう星夜。

星夜は椿みたいになりたいという思いは間違っているのかと星夜が虎彦にぶつけると、椿の色じゃなくお前自身の色は何色だと返されます。

ノアはかつてライ麦畑を前に一緒に歌った君は世界の何より輝いていた、君は俺のライバルでありヒーローだと励まします。

どんなアイドルを目指せばいいのか分からないと悩む星夜に、奏多と晃はありのままの星夜が好きだと話し、星夜は勇気づけられます。

 

第11話 infini ~決戦~

<あらすじ>
いよいよサウンドカーニバル選考会当日。
決戦の朝を迎えたアイチュウたちは、それぞれが思いを胸に、万全の状態で選考会へ。
全力のパフォーマンスをすべく、ステージへ臨む。

いよいよサウンドカーニバル選考会当日。
二期生も三期生も、それぞれが夢のアイドルの姿を思い描き選考会へ向かいます。
星夜は居ても立っても居られず、初めて椿と出会った場所へ向かい決意を新たにします。

各グループ、クマ校長の前で全力のパフォーマンスを行います。
星夜はライブ前に椿に「皆を照らす光になる」という新しい目標をくれてありがとうと語り、笑顔でパフォーマンスを終えます。

そしていよいよサウンドカーニバル出場者がクマ校長の口から告げられます。

それはー天上天下!!

 

第12話 harmonie ~アイチュウ~

<あらすじ>
天上天下に敗れた星夜達は、どこか身が入らない様子。
そんな彼らの前に現れたクマ校長は、突然スタッフとしてサウンドカーニバルで働くようにと伝える。
動揺するアイチュウたちだったが、ライブの準備を行う事に。

天上天下に敗れた二期生・三期生たちは、負けた悔しさから練習に身が入りません。

そんな彼らの前に現れたクマ校長は、突然スタッフとしてサウンドカーニバルで働くようにと伝えます。
アイドルを辞めろということかと動揺するアイチュウたちでしたが、サウンドカーニバル運営側から人手を乞われてライブの準備を行うことになります。

天上天下のライブ後のアンコール、クマ校長と天上天下の計らいで二期生・三期生たち全員でライブをすることになります。
実は天上天下が帰国したのはクマ校長に後輩や同期たちを奮起させて欲しいと言われたからだったのです。
改めて全員がステージ、パフォーマンスへの執着を自覚するのでした。

かつての心のライブの前座の時のようなブーイングはなく、アイチュウたちは温かな歓声に包まれるのでした。

笑顔でいっぱいのステージを見ながら、Alchemistと名乗る青年たちは「俺たちの目的はただ一つ、復讐だ!」と不穏な言葉を放ちます。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

私はPOP’N STARの華房心ちゃんが一推しです。なんといっても、cv.村瀬歩さんの声が完全に可憐な少女!!!

同グループメンバーの神楽坂ルナ(cv.天﨑滉平さん)、及川桃助(cv.山本和臣さん)ちゃんたちも華奢な歌声がほんっとうにかわいくって…!!

メロメロになりました…ウッウッ😭かわいい😭

心ちゃんのライブに行きたい人生だった…😭

小錦あや
小錦あや

さ、最後〜!!!!めっちゃ不穏〜!!!!

調べてみると、Alchemistはゲームの第二部から登場した新グループで、「プロデューサーに復讐する」という利害関係のみで団結しているのだそう。

ヒェーッ何だその闇の深いグループは…!!!

正直、Alchemistにもめちゃくちゃ興味が湧いたのでぜひアニメ2期で掘り下げて欲しいです!!😆❤️

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

どのグループもキャラクターも愛情深くて、キラキラ輝いてて、見ているだけで浄化されました…🥺✨

F∞Fが最初に出した楽曲「ジュエリーダスト」は歌詞も曲も最高で、アニメを観終えた後もつい口ずさんでしまいますw

♪光って光ってダイヤモンドより 歌って歌って煌めいていたいの 君の1番近くで〜

今回3人が見た「アイ★チュウ」は、Amazonプライムビデオで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 今なら30日間無料体験できる! /
 Amazonプライムビデオ

注意事項:Amazonプライムビデオの視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。