「SHERLOCK」シーズン4のネタバレ感想

映画

SHERLOCKにはまりました。シーズン1からシーズン4まで、徹夜で見終えてしまった…😇✨

シーズン1と2は素晴らしく面白かったのですが…賛否両論のシーズン4を見た感想を書きます。

SHERLOCK初心者ファンのひとりごとです🕵️‍♂️💭

第1話「6つのサッチャー」

ホームズは「この感じはモリアーティだ!!」と言っていたけれど、いまだに、「これはモリアーティの仕業なのか…?」と疑問に感じてます。でもホームズが言うならそうなのかしら。

なぜモリアーティの仕業であることに疑問を持ったかというと、モリアーティが仕掛ける事件にしてはせせこましい感じがしたから。

シーズン1〜3では、モリアーティはホームズ自身の生死をかけるような事件を起こしてきました。だからこそ、ワトソンの妻を社会的に殺すことに必死になる感じが不思議なんですよね…。

モリアーティはそんな婉曲的な挑み方をしてくるかな?もっと直球で挑んでこないかな?と。

シャーロックが世界を代表する名探偵ではなく、身内の不始末を消そうと奔走するおじさんに見えてきて…なんだか物悲しい気持ちになりました。

 

第2話「臥せる探偵」

これほどまでにホームズが憔悴するとは…と衝撃でした。

私は、ワトソンが妻の死に悲しんでいる時、ホームズなら「それは残念だったね」とわずかに共感しつつ、でもやっぱり彼の心のほとんどは難事件で占められていて、落ち込むワトソンを放って、来る日も来る日も難事件に立ち向かうものだ…と勝手に思っていました。

それは、ホームズが「社会の常識などにはとらわれない、ただ謎を解くことだけに快感を覚える変人」(そんな変人だからこそ愛おしい)だと思っていたからです。

それが、あんな…。

ジョンと一緒に謎解きできないこと、ジョンから嫌われたこと、メアリーを守らなかったこと、罪悪感や愛する人からの非難がそれほどシャーロックの心を蝕んだのかと思うと、シャーロックの心はこんなにも柔らかかったのだろうかと不安になります。

あれがメアリーの遺言を実行するための迫真の演技だったとしても、ホームズが生身の人間のために命をかけること自体が、あまりしっくりきませんでした。

命をかける相手がワトソンだったとしても、それが自発的な意思ではなくメアリーの指示によるものというのも引っかかります。

これでは「SHERLOCK」ではなく「MARY」です。

 

そして、ワトソンがここまでシャーロックを非難することが理解できませんでした。

シャーロックは万能のヒーローじゃありません。人間だもの。

シャーロックのそばにいることを自分の意思で選択したのに、シャーロックを神格化して「守るって言ったじゃないか」となじるワトソンに、他の視聴者たちは共感できたのでしょうか?

私は、シャーロックをなじるワトソンを見て、「身勝手だ」と思いました。

シャーロックのそばにいれば事件に巻き込まれることはシーズン1 第一話の時点で容易に想像できたはずです。それでもワトソンはシャーロックのそばにいた。つまり、事件に巻き込まれても構わないという意思の表明に他なりません。

メアリーも同様です。彼女は、数えきれない殺人を犯してきた凄腕の捜査員。人を殺しておいて、自分だけ穏やかな平和を欲するなんて都合が良すぎます。

凄腕の捜査員なら自分で自分を守る術を知っているはずですし、多くの人の恨みを背負って生きている以上、いつ殺されても仕方ないという覚悟を持って生きるべきではないでしょうか…。

ワトソンとメアリーの言動を見て、私はワトソンもメアリーも都合のいい時だけシャーロックを頼ったり、責任を押しつけていると感じました。

ワトソンがシャーロックを拒絶したのは自己嫌悪が理由ならわかります。でも、もし言動どおりに解釈をするなら彼らは自分の言動に責任を持たない、身勝手な人々だと思います。

これは誰のための物語なんだろう?と、シーズン4 第二話を見ながら混乱しました。

私には第二話が、ワトソンのメアリーのためにシャーロックを消費する物語のように思えました。

 

第3話「最後の問題」

なぜモリアーティが登場したのか?

モリアーティは死してもなお、犯罪界で影響を及ぼし続けているということを描きたかったのでしょうか。それにしても、モリアーティが「チクタク」と言う演出は、ちょっと…「犯罪界のナポレオン」っぽくないなと思いました。ただのシリアルキラーみたいです。

そしてラスト。この家族愛っぽいラストについて、解説がほしいです…。

ホームズの両親が、ユーラスが弟を殺したことには触れず、ユーラスをただただ庇う理由がわかりません。まさか両親はすでに彼女に洗脳されてるんでしょうか?

マイクロフトも言っていたけど、「また何かのきっかけがあればユーラスは人を殺す」からまたシェリンフォードに強制収容されたんですよね。なのになぜホームズ一家はアットホームな雰囲気で面会しているのでしょうか?

ホームズやマイクロフトを育てた両親だから、家族が家族を1人殺したくらいでは動じないのか?と思ったけれど、ユーラスをなぜ死んだことにしていたのと母親がマイクロフトをなじっていたので、普通以上に家族愛は強いように感じます。

弟は殺してもいいけど、ユーラスは社会的に殺しちゃダメ、という両親の思考回路がわかりません。なぜなんだ…?

 

感想まとめ

シーズン4を見終えた時、なんとも言えない違和感が心に残りました。砂を噛まされているような不快感、霧の中に放置されたような途方のなさを感じました。

いろんな解説サイトや感想を読みましたが、好意的な意見では

「シーズン4はシャーロックとジョンの真の友情を描いている」

「ユーラスとシャーロックの対決は、if世界のシャーロックとの対決」

という意見がありました。

たしかにそういう演出でしたが、自分がシーズン4の全3話をそんな風に受け止められたかというと答えはNoです…。

シーズン1、2の素晴らしさを考えると、もっと面白い脚本ができたのではないのかなあと感じてしまいます。脚本家の方のお仕事が忙しかったのなら、何年だって待ったのにと残念に思いました。

シーズン1のあの息やまばたきさえ惜しくなるほどの緊迫した凄まじい推理戦、心理戦が懐かしいです。

もしシーズン5が作られるなら、シャーロックの傍若無人な言動をワトソンが宥めたり怒ったり…二人で夫婦漫才しながら毎日元気に謎を追ってほしいです。

 

SHERLOCKをなるべく無料で視聴する方法

違法アップロードされてるのは言語道断なので、無料で見られたとしても見ないしおすすめもしません。が、合法的に無料で見られるのなら見たいですよねw

有名な動画配信サービスの配信状況を調べてみたら、こんな感じ。

動画配信サービス名 無料期間 特徴
Amazonプライムビデオ 30日間 月あたり500円(学生なら200円)と激安。Amazonプライムの音楽配信、無料配送など他の特典も充実。
Netflix なし 月あたり3種類の会員費用あり。

  • ベーシックプラン – (月額880円 (税込))
  • スタンダードプラン – (月額1320円 (税込))
  • プレミアムプラン – (月額1980円 (税込))

参照:Netflixヘルプページ

オリジナル作品のクオリティが高い。※無料体験は2019年に終了

U-NEXTとHuluは、SHERLOCKを配信してなかったです!!ガーン。

Netflixとかの初回登録1ヶ月無料体験とかで全シーズン見られないかな〜と思ってたんですが、Netflixって無料体験もうやめちゃったんですね。残念。

 

ということで、AmazonプライムビデオとNetflixの料金を比較してみます。

  • Amazonプライムビデオは、初回登録だと会員費が無料。SHERLOCK全シリーズのレンタル費が800円。計800円。
  • Netflixは会員費が880円(最安のコース)。ただし、SHERLOCK全シリーズは無料。計880円。
SHERLOCKを見るためだけに登録するなら、Amazonプライムビデオの方が安いのでおすすめです。

もしうっかり会員登録をキャンセルし忘れても、Amazonプライムビデオの方が傷が浅いですしねw 880円をうっかり捨てるのはきつい…。

 

ちなみに、Amazonの詳しい価格体系はこんな感じです。

Amazonプライム会員以外は、初回登録なら30日間会員費無料、2回目以降は月500円(学生は200円)。で、SHERLOCKの各話が

  • 1話レンタル…100円
  • シーズン(全3話)レンタル…200円
  • 1話購入 …300円
  • シーズン(全3話)購入… 500円

レンタルだと、全4シリーズで計800円。購入すると計2000円。

SHERLOCKは全シリーズあわせて18時間もあるのでw たった2000円で何十回、何千回と見直せると思うとかなりお安いですね。

SHERLOCKを見ようか悩んでいる方は、各動画配信サービス中最も安い、Amazonプライムビデオでレンタルされることをおすすめします!


「SHERLOCK」シリーズ4は、こちら👉

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。