TOTIKO先生「ちぎれる首輪」のネタバレ感想

コミック

TOTIKO先生「ちぎれる首輪」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します。

登場人物とあらすじ


犬の性器を持つ男×雌犬フェロモンを撒き散らすドッグトレーナー の話。

特殊犬訓練所の跡継ぎである充(みつる)の元に、突然、口輪を嵌めた男が「軍用犬」として連れてこられた。

幼い頃から体質のために犬に襲われ続けてきた充だが、犬のように主人に従順でありながら「人」であるハチには少しずつ心を許していく。

しかし、ハチの秘密を知った途端、充の態度は急変してー。

電子版には、限定描き下ろしマンガが1Pついています。

 

こんな人におすすめ

  • 暴力描写が好き
  • 受けが攻めを完全にコントロールしている主従関係が好き
  • 精神をボコボコに痛めつけられたい

 

ネタバレ感想

「殺処分してやる」と脅したり、気に入らないと極寒の雨の中一晩中外に立たせたり、受から攻への暴力描写が多い作品でした。

①受の体質を改善させるために、7頭以上の子犬があてがわれては殺される
②超大型犬が嫌がる受を押さえつけて交尾し、受の体に酷い傷跡が残った

という描写があるので要注意です。

シンプルに、大型犬系攻めと妖艶受のラブストーリーが読みたい!犬が好き!という方が読むと辛いかも。

 

まとめ

心をえぐられる作品なので、心臓の弱い方は注意して読んでください。私から言えることはそれくらいです…。

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。