ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のネタバレ感想

ドラマ

豊田悠先生原作のBLコミックの実写化ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」、通称「チェリまほ」を見始めました〜!!

 

毎週放送中はTwitterにて「#チェリまほ」がトレンド1位を獲得したり、攻め・黒沢優一役 町田啓太さんの写真集がAmazonで売上ランキング1位に急浮上したりと、人気の上がりっぷりは天井知らず!!😆❤️

 

各話のあらすじや見どころなどネタバレ感想を書いていきます☺️✨

登場人物・あらすじ

出典:テレビ東京「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」

<あらすじ>
30歳まで童貞だったので、魔法を使えるようになってしまった安達は、「触れた人の心が読める」という地味な魔法の力を持て余していた。

 

そんなある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢の心を読んでしまう。

 

黒沢の心の中は、安達への恋心でいっぱいで―!?

 

こんな人におすすめ

  • 漫画「チェリまほ」シリーズのファンだ!
  • ブロマンス・BLドラマに興味がある💕
  • 赤楚衛二さん、町田啓太さんのファンだ!

 

ネタバレ感想

第1話

<あらすじ>
童貞のまま30歳を迎えた安達清は、“触れた人の心が読める魔法”を手に入れてしまった。

 

魔法を持て余していた安達は、ひょんなことから社内随一のイケメンで営業部エースの同期・黒沢優一の心を読んでしまう。

 

すると聞こえてきたのは、なんと自分への恋心だった…!?

 

顔面国宝黒沢くん…と思いながら見てたんですが、安達にマフラー巻きながら好きな理由を独白するシーンの表情と声が優しくて…安達と一緒に半泣きに😭✨

 

第2話

<あらすじ>
残業で終電を逃した安達は、黒沢の勢いに押し切られ黒沢の家に泊まることに。

 

次々と伝わってくる黒沢の妄想は恋愛経験ゼロの安達には刺激的なもので…。

 

黒沢との関係に悩んだ安達は、親友で恋愛小説家の柘植将人に相談するのだが、悩み相談のはずが親友の意外な事実を知ってしまう…!

 

一番グッときたのは、安達のモノローグです。

 

「藤崎さん(♀)相手ならこんなに悩まなかった”だろうな”」ではなく、「悩まなかった”かなあ。いや、違うな。だって俺は恋愛偏差値Fランだもん”」

 

異性愛を「普通」と考えない、恋愛がある人生を「普通」と考えない安達に感動しました。

 

安達尊い…そしてこのドラマのプロデューサーさんらスタッフのこの言葉のチョイスも尊い…😭✨

 

それに、黒沢がめちゃくちゃ健気です……😭😭😭😭😭😭

 

どんな形でも安達の役に立ちたいって、安達が不快にならないように必死で自分を抑えてるのが健気すぎます…そして圧倒的に顔がいい…王子様フェイスすぎる…😭

 

終盤の、黒沢の本気の愛に触れて声を震わせる、安達のピュアさ溢れる様子もすごくいいです😭

 

そして3話へ〜!!!

 

第3話

<あらすじ>
黒沢の心の声を聞き、自分への好意が本気だと気付いた安達

 

そんな中、後輩である六角の誘いで会社の皆で飲みに行くことになり、安達と黒沢の距離が急接近!?

 

その頃、柘植は無愛想な宅配業者の湊のツンデレな内面を知り、思わずときめいていた…。

 

柘植が湊と猫・うどんを介して急接近したのは驚きの展開でした!!

 

王様ゲームとかたしかにもう古いよね〜と六角のぽろりとこぼした一言に思わず大きくうなずいちゃいますw

 

本当は無理して場を盛り上げていた六角を店の外に逃してあげる安達こそ優しいよ〜と思ったり。

 

そして、伝説(?)の黒沢のおでこキッスシーン!!!!!!!!

 

美しすぎてスクショしまくりました…😂(白状)

 

キスする時に怯えていた安達を思い出し、「好きになってごめん」と独白する黒沢に号泣です…😭

 

安達の「人と付き合ったことないからキスするの怖かっただけで、黒沢とのキスは嫌じゃなかった」にも涙。

 

一昔前のドラマでは絶対こんなセリフなかったですよね。男とのキスは罰ゲーム、嫌なものだ、それが「普通」だって言われてた…。でもこのドラマでは感覚がアップデートされてる。それが嬉しいです。

 

黒沢と安達、キス寸前だったけど次回どうなるんでしょう…!?

 

第4話

<あらすじ>
黒沢とキス寸前になった日から二週間が経ち、二人きりにならないよう必死に過ごす安達。

 

そんな中、安達と藤崎が買い出し中に柄の悪い人に絡まれてしまう。

 

藤崎を守ろうとする安達が殴られそうになった時、黒沢がやってきて…安達は黒沢の意外な本心を知るのだった…!

 

さいっっっっこうすぎました😭

 

藤崎さんの「普通を演じるのにももう慣れたけど」という諦めたような言葉に胸を掴まれました。

 

恋愛がなくても人生幸せに生きていけるし、ってサラッと安達が言えるのも本当に素敵だし、藤崎さんが周りから押しつけられる「普通」に密かに苦しんでいるのも、リアルながら理想的でとてもよかった…。

 

そして、黒沢セコムーーー!!!!!(大歓喜)

 

安達をなでなでする黒沢、悪漢のパンチを手で掴みつつ安達を抱きしめて守る黒沢…黒沢最高すぎます。ありがとう(拝)

 

あと、安達が条件反射的に黒沢との関係に踏み切れない理由が同性だからではなく、「これ以上ダメな自分を知られるのが怖い」という劣等感からというのがすごく共感できました。分かる…。

 

自分が黒沢なら、自分に失望することなんてないんだろうな…と思う安達に対して黒沢のモノローグが予想外で…いやもう泣きまくりでした。

 

「こんなふうに怪我の手当するとか、うざったいよな。でも、何もやらないよりは、やりきりたい…」

 

黒沢の安達への一途さ、健気さがたまらなく胸に刺さります。

 

本当に感謝してる、と安達に言われた後の黒沢の笑顔〜〜〜!!!!!!😭✨✨✨

 

まぶしすぎました…太陽かよぉ…。

そして、完璧超人な黒沢も悩んだり苦しんでるんだ、俺と同じだ…と分かった安達が一歩踏み出す展開もいいですよね。「それなら俺にも何かできるかも」って。

 

そして最初の一歩が藤崎さんのお母さんに、彼氏のふりとしてではなく、仕事しっかりやって毎日楽しそうにしてるから大丈夫ですよって俺から言いますよ!って言うのも良い…😭

 

普通」の枠に藤崎さんを押し込める方に手伝う一歩を踏み出すんじゃなく、みんながありのままに幸せになれる手助けをしようとするところが安達の素敵なところですよね。

 

大好きだーー安達ーーー😭❤️

 

そして、黒沢を助けようと安達が踏み出したーーー!!!??

 

第5話

<あらすじ>
魔法の力でいろんな人の本心を知ってから、自分が変わるチャンスかもしれない、と思い始めた安達。

 

そんな時、黒沢は取引先と何やら険悪なムードになっていて…安達は黒沢を助けたい一心で、初めて誰かのために魔法を使う!

 

黒沢の役に立てて喜びに浸る安達だったが、帰り道に黒沢が元カノらしき女性といるのを発見し動揺してしまい、安達は自分の中に生まれたある感情に気づくのだった。

 

「俺でも黒沢の役に立てたんだ!!!」ってコピー機の間に挟まって喜ぶ安達がかわいいやら切ないやらで泣きました😭

 

安達って、私たちが想像する以上に自己肯定感が低いんだなあって…。そして、あんなに無邪気に喜ぶ安達をもっと見たいって胸が震えました😭

 

あと、湊のかわいさに萌えすぎてドラミングする柘植に爆笑しましたww

しかも「胸筋を鍛えてるんだ」ww

 

湊も、口では「はあ」とかそっけないのに実は「心配させんなよ」とかツンデレなのがまた…!萌!!

 

黒沢と元カノ?との密会現場を目撃した後の安達の妄想夢にはめちゃくちゃわらいました😂www

 

黒沢がめちゃめちゃムーディーなバスローブ着てるwww

 

そして体調不良で倒れる安達を支えるくろs…

おい………お姫様抱っこだと…!?

 

ええーーー!?あの謎の女性は一体…!?次回はまさか修羅場なのか…?

 

安達がプンプンしてたのは、黒沢の心変わりが怖かったからか〜。ちゃんと自分でわかって偉い!!!

 

第6話

<あらすじ>
体調が優れない安達を気遣い、黒沢は泊まり込みで看病する。

 

さらに、成り行きで黒沢が安達の家に居候することに!?

 

一方その頃、柘植は湊に会いたいがために宅配を頼むも、急に湊が来なくなり、悶え苦しんでいた…。

 

謎の女はお姉さんでしたね。よかったあ…。カレピと喧嘩中なのかな?

 

「優一が泊まり込みで看病してあげればいいじゃん」って、ナイスアシスト!!

 

朝チュンシーン素敵でしたねえ…天国みたいに優しい風景だった…。イケメンな上に気遣いもできて料理もできるスーパーマン黒沢🥺✨

 

安達「別に好きなだけ泊まっていいよ(モジモジ)」

 

あだちいいいいいい!?!?!?何なんだお前は!!!!!そんなの勘違いしちゃうでしょうが!!!!!

 

黒沢の独白「10/2、安達との同棲記念日」には笑いましたww 妄想ライフがまた楽しそうでw

 

根っからのパリピで心配なんて無さそうに見える六角が、「ダンスの夢を諦めた」って内心自嘲してたのが切なくて泣きました…。安達はナイスフォロー…だけど、ちょっと卑下し過ぎな気も。

 

六角の「あーん❤️」に嫉妬する黒沢も最高でした❤️ごちそうさま❤️

 

そして、「六角が羨ましいなんて言うなよ。自信持てよ。お前は俺にとって特別なんだよ…」と独白し、布団をかけなおしてあげる黒沢。

 

もう〜涙が😭 ここの黒沢の表情が本っっっ当に素敵なんですよ…!!

 

切なくて、触れたいけど触れたら全てが崩れそうで怖くて…みたいな。手の震えや眉のひそめ方が秀逸でした。

 

カーテン越しに(もうこれ以上気持ちを抑えられない…)って可能する黒沢を映す表現もカッコ良かったです。ちょっとおどろおどろしさもあったけどw

 

黒沢と安達のエレベーターホールでの雑談、安達が「昨日のアヒージョほんとうまかったよな!でもお前のお粥には負けるけど」とかサラッと言ってて、キィ〜〜!!!この天然タラシィィ〜〜!!!!ってなりましたw

 

でも、そういう自分を「重い」と勘違いして引っ込み思案になっちゃってるのがもったいない…😭

 

そしてそれに対する黒沢の回答〜!!!!!!😭😭😭😭😭

10000億点満点!!!!!!!💯

 

「安達と付き合う奴は幸せだな。飯食うのもどっか行くのも全部初めてってことだろ?それって、すっっっげえ嬉しいと思うよ」

 

泣!!!!!!!!!!😭😭😭😭😭😭

 

そこからの…「これ以上一緒にいるのしんどいんだよ。俺お前のこと好きなんだ」

 

ああああああああ黒沢ああああああ言ったああああああ!!!!!!😭😭😭😭😭😭😭

 

黒沢の表情の切なさ、本当に最高すぎます。玉砕覚悟どころか、いろんなものを失う覚悟をした男の目だった…。

 

背水の陣、でも、心を抑えきれない、そんな意思が伝わってきてもう涙が止まらないです😭

 

しかもEDでは安達と黒沢がイチャイチャしてるから余計その対比が切なくて…。

 

うわーーー来週どうなってしまうんだ😭😭😭

 

第7話

<あらすじ>
「気持ちを伝えたかっただけ」と去っていく黒沢に、気持ちの整理がつかない安達は、何も答えることも引き止めることも出来なかった…。

 

初めて明かされる、黒沢が安達に惹かれていった理由とは?

 

一方で安達も、いままでの黒沢との出来事が頭から離れずに、ある決心をする…!

 

静かに声を殺して泣きながら帰る黒沢に号泣…😭😭😭😭😭

 

あああああああ黒沢…想い溢れたんだよね、でも安達の怯えた反応を見たらそれ以上なんて望めなかったんだよね。

 

黒沢の気持ちがわかりすぎてつらいです…😭

 

そして、黒沢が安達に恋したきっかけの回想。

 

松浦社長を怒らせて、上司達にも「顔しか取り柄がないくせに」と陰口言われてるのを聞いてベコベコに凹む黒沢。

 

「いつも黒沢は完璧だから、弱ってる姿を見るのっていいな」って無邪気に笑う安達に泣きました…。

 

本気でしんどいからこそ、こうやって茶化しつつもいつもの黒沢を見ててくれてたのが分かる発言に救われる…。

 

暗がりでも分かる、黒沢の「ありがとう」って表情にグッときます。

 

黒沢の頑張りを、見ててくれた人がいるんだって…黒沢が泣きそうになってるのが伝わってくるんですよね…。いい演技すぎる…。

 

一方安達も。次会う時は全部元通りって言われて、これまで黒沢が言ってくれたこと、してくれたことが頭から離れなくて思わず会社を飛び出します。

 

もう冒頭からずっと泣きっぱなしだよ…😭😭😭😭😭

 

告白返しの後の黒沢の、「本当に、いいの?」がめちゃくちゃ好きです…😭

 

黒沢「逃げ出したくなっても、もう離さないけど」

安達「お、おう!!」

黒沢「おうってw」

の同期感もいい…😭

 

そして初めて安達から黒沢を抱きしめた後の、安達の独白

 

「俺は、こいつの心に触れるために魔法使いになったのかもしれない…」

 

こんなん泣くやん!!!!!!!!😭😭😭😭😭👏👏👏✨✨✨

 

「これからどうする!?」って安達がテンパってるのを微妙〜にニヤニヤしながら見る黒沢、ブラック黒沢で大好きですw

 

安達「飯行く!?それとも」

黒沢「それとも?☺️」「それって、安達の家に行っていいってこと?」

 

ピギャーーーーーー!!!!!!!顔面国宝の威力!!!!!!!

一体どうなる安達ーー!!!!???

 

第8話

<あらすじ>
ついに交際がスタートした安達&黒沢。

 

黒沢は安達をデートに誘い、いざ初デート…のはずが、当日突然柘植から湊のことで悩みを打ち明けられ、みんなで湊のダンス練習を見に行くことに。

 

そこには、なんと六角もいて…!?

 

まって?開始数分で回想シーンの2人に死んでるんですが???

 

黒沢「ごめん、意地悪しすぎた。今日”は”家には行かないよ。

安達「そっ、そっか…(ショボン…)

 

ウオオオオオオオアイ!!!!!安達イイイイイイ!!!!

 

めっちゃガッカリしてるやん!何!?何そのお顔!?子犬!?買い手が決まってもらわれていくのが不安な子犬!?可愛い…😭(情緒不安定なオタク)

 

しかもトドメの

黒沢「これ以上一緒にいたら歯止めが効かなそうだから」

 

ッカーッ!!!!!

ありがとうございます…🙏もうこれは…ハァ〜顔面がいい…(5732109億回目の再確認)

 

黒沢セコムの「もしかして今俺のこと考えてた?」はセクスィ〜な響きでしたね…声だけでエッチ…。

 

「さいっこうの1日にするから」の表情!!!!!黒沢ーーー!!!!!いい笑顔だーーー!!!!😭よかったねーー!!!!!😭😭😭❤️❤️❤️❤️❤️

 

そして初デートに誘われた時の安達の反応がガチの恋愛初心者っぽくて最高なんですよねw

 

明日空いてる?って聞かれるだけで、ひゃい!!!って声裏返って体もビクッとしちゃうところとか…いやあ、赤楚さん演技上手だなあ。

 

るんるんの黒沢に気付いて、フフッてひとりで笑う藤崎さんが愛おしいです。藤崎さんのすべてに共感する…。大好きなキャラです🥺❤️

 

そしてまさかの、2人の初デートの日の朝に来てしまう間の悪い柘植w

 

柘植に、黒沢を恋人だと紹介できない安達…これはつらい。

 

柘植、湊と話す時に鼻息が荒いところが、いかにも恋愛の妄想拗らせた人って感じのリアルさがあって好きですww

 

黒沢、完璧なデートプランをぶち壊されたのに怒りもせず「楽しみは後に取っておこうよ 俺たちこれからずっと一緒なんだから」に胸キュンしまくりです…黒沢様…😭✨✨✨

 

と思いきや、心の中で刻んでるライムが「刻めよビート 燃えるぜハート」とかめちゃハイテンションで笑いますwww

 

本当に安達といられるだけでいいんだなあ、黒沢の献身愛にときめきまくりです。

 

湊かわいい〜!!顔面がかわいい〜!!☺️✨✨✨

 

湊に絡む、彼の知り合い(圭太)を止めようとしたら「うるせえオッサン!」って言われてフリーズする黒沢wwww 可愛すぎましたwww 黒沢はオッサンでもそうじゃなくても素敵だよ!

 

バス停のシーン、最高でしたねえ。安達がよもやちゃんと、黒沢を恋人だって柘植に紹介してくれるとは…。感動…😭✨

 

ほんと、黒沢の言うとおり心臓もたないよ〜!!!!くう!!!安達好き!!!!

 

柘植の言葉、めっちゃよかったですねえ。泣いちゃった。

 

「本気の奴を馬鹿にする奴はどこにでもいる!夢を持たぬ者、夢に敗れた者はそうなりがちだ!馬鹿にしていた方が楽だし、傷つかないから!でも、俺は、お前を、ぜっっっったい馬鹿にしない!!!!笑わない!!!!だから、自分を信じろ…」

 

もうね、号泣ですよ。ここだけ何回も見ちゃう…。

 

湊の「なんだよ、急にめっちゃかっこいいじゃん」の泣きそうな笑顔もいいですよね。湊見てまた泣いちゃうもんな。

 

そして帰り方が柘植らしいwww いやめっちゃこれ分かります…こんな怖い人たちの中にいたくない…いたたまれない…おうちかえる…ってなりますもんね。

 

ヒェ〜〜〜黒沢の「新しい初めてを一個一個楽しんでいくのも、よくない?」も、安達の「うんっ」も眩しい…!!!!!

 

手を繋いで歩きながら「好き、好き、大好き…!」って心の中で安達への愛を叫んでる黒沢、愛おしすぎますね…😭😭😭はぁぁ…幸せそうな安達も最高だ…😭😭😭

 

走馬灯のように愛おしいシーンですね…。

 

柘植、胸の高鳴りが抑えられなくて野外で1人もがいてるのが不審者すぎて笑いますwww お家帰りなさいwwww

 

と思ってたら、えええええええ!!!!!?????キス!!!!??湊!!!????

 

圭太は湊の元彼とか…!?えっほんとどういうことだ!?!?次回はよ…!!!!

 

第9話

<あらすじ>
黒沢と付き合い始めて9日、安達は2人でご飯を食べたり、リベンジデートの約束もしたりと幸せな日々を送っていた。

 

その頃、湊と圭太のキスを目撃して以来困惑する柘殖は、湊を避けてしまっていた。

 

そんな時、安達から呼び出しを受け、待ち合わせ場所に行くと、六角からいきなり胸倉を掴まれて…!?

 

安達と黒沢はもうラッッッブラブですね///

 

黒沢が安達の寝起き顔を撮ってたら、おい待てよ〜消せよ〜って安達が追いかけるところなんて、背景に波打ち際が見えましたからね…🌊(強めの幻覚)

 

しかも、もう仕事中も安達はニヤニヤMAX。周りにいいことあったの?って聞かれちゃうくらいw

 

あと、「お昼ご飯一緒に食べよ」「チラッ(チラッとこっちを見る動く絵文字)」の、チラッがcv黒沢でホギャァァァ!!!!!!ってなりましたww

 

チラッて!!!!!かわよ!!!!!!

 

安達も同じこと思ったみたいでニヤニヤしてましたw

 

2人で同じ具のおにぎり食べるも、おべんとつけちゃう安達の口元から米粒とってウインクする黒沢…フェェン😭黒沢顔面国宝😭威力つよつよすぎ😭😭😭

 

一方、柘植は湊のキスシーンを見てしまい、気まずくて会えずにいます。

 

黒沢のリベンジデート妄想が素敵すぎて鼻血が…ッ!!!バスローブでお姫様抱っこからのベッドに押し倒して!!!!!!やば!!!!!!

 

ありがとうございます…🙏🙏🙏

 

企画コンペに応募したいけど自信がない安達。そしてそれに薄々感づいている黒沢。

 

そして、六角がめちゃくちゃいいやつで…!!!泣きました…😭

 

ゲイだからって理由で避けられて傷ついてる湊のために本気で怒ってくれる。湊の気持ち考えろよって柘植に詰め寄ってくれる。

 

なんていい奴なんだ六角…🤦‍♀️

 

安達は「柘植は俺と同じで鈍臭いけど、人をそんなふうに差別したりなんかしない。だろ?」って柘植を庇ってくれるし、柘植は「自分が小さい男なせいで湊を傷つけた」って後悔しながら湊のもとへ走って…めっちゃみんなかっこいいです😭😭😭😭😭

 

それぞれの好きを絶対否定しない、ちぇりまほのみんなが大好きだ😭😭😭😭😭

 

湊が思ってた以上に柘植さんのこと好きだったんだなあと、六角の話聞いてキュンとしちゃいました。

 

でも、柘植さんのこと好きだからこそ、避けられたらしんどいですよね。

その後の柘植の告白シーン…まっっじで涙止まらなかったです。

 

土下座して避けてたのを謝罪したあと、血を吐くように

 

「俺は!湊のことが!苦しいくらい…好きで好きでたまらないんだ!!!」

 

って泣きながら?叫ぶ柘植に、柘植、そんなに湊のことで苦しんでたんだねって…そんなに愛してしまっていたんだねって、不器用な柘植が愛おしくて、でもこうやって素直に愛を叫べる柘植がもっと愛おしくて、泣きました…😭

 

そして、安達の背中を押した黒沢が「ありがとう、やってみようかな」と言われて優しい笑顔になるところ、そして「これ以上好きにさせてどうしようって言うんだよ」って笑顔で安達を抱きしめるところ、…ほんっと素敵な笑顔でした。

 

ホッとしたような、心からの柔らかな笑顔で…。黒沢の愛、素の感情って感じて最高だったなあ。

 

かーらーのーーーー安達爆弾!!!!!

 

「俺、こいつのことめっちゃ好きかも」(自分からハグ❤️)

 

ハァァァィン!!!!!!!安達いいいいい!!!!!笑顔がかわいい!!!!!!!!

 

そして柘植のターン。ひとりで震度5くらいの揺れ状態の柘植に、「ちょっと黙って」「優しくするから」って、湊が攻めーーー!?🥺❤️❤️❤️❤️

それに「ハイ…」ってメロメロになりながら返事する柘植に笑いますw

 

で、その日に卒業する柘植!!!!!!早!!!!!!wwww

 

安達は黒沢の応援のおかげですごく前向きになれてて…ああ〜超いい感じの展開!!

 

安達と黒沢のデートが、どんなふうにリベンジされるのかも、柘植と湊のお付き合いの様子も、これからがめっちゃ楽しみです!!!🥰❤️

 

第10話

<あらすじ>
黒沢の後押しを受け企画コンペへの参加を決心した安達だが、良い案が浮かばずコンペに集中するため、黒沢とのデートもお預け状態になっていた。

 

会社の皆からも応援される中、コンペの締め切りが近づくにつれ不安が募る安達。

 

そんな安達をみた黒沢は、安達を元気づけるため「デートの練習」として遊園地に連れ出すのだが、安達はふとある不安に襲われる…。

 

冒頭から惚気まくりの柘植に笑いますww
よく柘植の家にお泊まりしてるんだな〜湊❤️

 

黒沢「お預けされた分、ご褒美期待しちゃおっかな〜」

 

に、ヒィィィ!!!ってリアルに叫び声出ましたwww

ななななな!!!!なんちゅう破壊力!!!!!

 

デートはお預けと言いつつ、ペアルックで休日を過ごす2人ーー!!!!😭🙏❤️

ごちそうさまです(萌)

 

六角の舌足らずな喋り方、かわいいですよねえ。意外とズバズバものを言うところとか正義感強いところとか、少年のまま大人になったみたいですw

 

浦部さんもガサツなだけの人かと思いきや、意外と気遣いできる優しい人なんですね…キュン🥺❤️

 

コーヒーカップに乗る2人がかわいすぎるんですが、さらに黒沢が連写で安達を撮ってるのもかわいくてwww

 

もーーこんな可愛いカップルを毎週見られて幸せすぎる!!

 

「待ち受けにしていい?」「絶対ダメ!」のやりとりが素っぽいのも萌えます❤️

 

クレープを黒沢の手から食べてる安達もかわいすぎました〜❤️❤️❤️雛鳥かよって!!

 

メリーゴーランドで白馬に乗ってる黒沢に安達が「似合うな」って言うのは分かるんですが、カバに乗ってる安達に黒沢が「似合う」って言うのが盲目すぎて笑いましたww

 

黒沢は安達が絡むとなんでもかわいく見えてしまうんだなwww

 

黒沢が安達にとっての初デートを特別に考えてくれてるのは嬉しいけれど…安達どんどん緊張してません?大丈夫かなあ。

 

バイキング乗りたい!!ってワクワクする安達がかわいいです…天使…😇❤️

 

ああーーっ黒沢自己嫌悪…。そして惚れなおす安達!胸キュンする視聴者!

 

安達からデートの練習のお誘いだと!?

 

企画案もより良くなってたし、「大切な人にこそ、ちゃんと言葉で伝えなきゃって分かった」「俺ばっか楽しませてもらうんじゃなくて、黒沢もリラックスして楽しんでほしい」に泣きました…。

 

最初は黒沢から好意を寄せられてるだけで挙動不審だった安達がいつのまにかこんなに成長して…😭

 

黒沢の「楽しいよ、安達と一緒ならどこでも」の優しい声色にも泣いちゃいます。

 

黒沢はいつだってこうやって安達を受け止めてくれるんだよなあ〜😭

 

黒沢の告白、「求められる自分を完璧にこなせば本当の自分を見てもらえると思ってた。だから安達に対してもつい…ごめん、気を遣わせて」は切ないですよね。

 

外見がかっこいいからこそ、なんでも人より器用にできるからこそ、黒沢はずっと本当の自分と求められる自分との乖離に苦しんでいる…そして大好きな安達に対してもつい完璧な自分を演じてしまう…。

 

そしてそんな黒沢に「たまには俺にも甘えてよ」

 

ああああああああ安達いいいい!!!!!よくぞ言ってくれた!!!!!😭😭😭😭😭

 

朝起きて鼻毛出てるのはNGな安達に笑いますw そこはダメなのかw

 

イブは花火デートでサプライズ!!良いですね…❤️ロマンチスト沢❤️

 

しかし、たしかにいつか魔法のことは黒沢に伝えなきゃだし…。安達はどうするんでしょう?

 

第11話

<あらすじ>
順調に黒沢と恋人としての絆を深めるものの、魔法のことを秘密にしたままでいいのか悩む安達。

 

柘植からの助言もあり、魔法は使わず心を読まないようにしようと、密かに決意する安達だったが、ある出来事をキッカケに安達の気持ちは大きく乱れ始める…。

 

柘植の「魔法の力に頼りすぎるな!」はナイスアドバイスですよね。たしかに、知らず知らずのうちに安達も頼ってた気が。

 

そして大喜びの黒沢かわいいい〜!!!!

 

安達の案がコンペの一次審査通ったのが、飛びついちゃうくらい嬉しかったのか〜!!!!!///

 

黒沢「安達との初デート、初めてのクリスマス…楽しいことしかないよ!」

安達「俺も楽しみだよ(ボソボソ)」

黒崎「えっ?もっかい言って(ニヤニヤ)」

安達「絶対聞こえてただろっ!///」

 

ここのイチャイチャたまらんですwww よだれ出ちゃったww

 

安達の好物ばっかのお弁当をくれる黒沢…優しさの塊すぎます…「自分を信じて」のり弁、私も泣きながら食べたい😭😭😭

 

課長の心の声を聞いていい評価を得てしまった(審査は通らなかったけど)ことに、安達は苦しさを覚えてるんですね…。

 

魔法のこと、言ったーーーー!!!!!!!!

 

魔法を失うのが怖い、魔法を失ったら黒沢とうまくやっていけない気がする…どちらも気持ちがわかって苦しいです。

 

黒沢が「安達が苦しくない選択をしてほしい」と最後まで安達を気遣うのもつらいです。

 

安達…安達…勇気を出してよ…黒沢はこんなに安達のことが大好きなのに…お願いだよ…。

 

第12話(最終回)

<あらすじ>
魔法の力を黒沢に告げた、あの一夜を境に距離が離れてしまった安達と黒沢。

 

そんな中、どこか浮かない安達の元に突然、柘植が押しかけてくる。

 

親友からの言葉にある大切なことを気づかされた安達は――黒沢と安達が選ぶ未来とは…!?

 

藤崎さああああん!!!!!!(号泣)

 

「恋をするにせよ、しないにせよ、その選択をした自分を好きじゃなきゃ相手も納得できないんじゃないかな」間違いないです。

 

湊と柘植ラブラブすぎません!?最高かよ😭

 

湊の「俺のために一生懸命プレゼント選んでくれた柘植さんかわいいな、好きだなーって思って(照)」が可愛すぎて死にました。

 

柘植「気持ちに魔法は関係ない。結局は自分がどうしたいかだ」
めちゃくちゃいいこと言うやん柘植ェェ…😭

 

安達「何回間違えても、魔法を使えなくても、そのたびに黒沢のことを知っていきたい
黒沢「安達が魔法を使えたおかげで俺たち付き合えたんだって感謝してる。でも、安達を好きな気持ちに魔法は関係ない
ああああああああもう名言連発…!!

 

黒沢「俺も安達じゃなきゃ嫌だ」

 

この後の安達の泣き顔にもらい泣きしました…なんで優しい声で言うんだ黒沢…!!

黒沢ありがとう、安達ありがとう、2人よ出会ってくれて本当にありがとう…。

 

跪いてネクタイピン…?をあげる黒沢。

 

「付き合ってください」じゃなく「これからもずっと一緒にいてください」に泣きながらはいって答える安達にまた号泣…!!!

 

藤崎さんも六角もいい奴すぎますね…2人のために花火用意してくれたんですね…。

 

黒沢「いいの?魔法がなくなっちゃっても」
安達「いい、黒沢がいれば魔法なんていらない」

この安達の力強い返答…泣かざるをえない…。

 

あああああああああああ黒アダ朝チュンきたあああああああああ!!!!!!!

 

眠そうな黒沢の顔面が美しすぎて死ぬ…。

 

ハァ〜みんなのイチャイチャと充実っぷりが最高すぎるラストでした…ありがとうチェリまほ…。
 

原作情報

本ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」は、豊田悠先生のBL漫画シリーズが原作です。

 

2020年11月現在、5巻まで発売されているのでぜひこちらもあわせて読んでみてくださいね。

 

ドラマと原作では、黒沢・安達のセリフなど細かい部分だけでなくエピソードにも大きな違いもあるので、間違い探しをするのも楽しいです///

 

あと、5巻では安達が魔法のことを黒沢にカミングアウトしたり、ドラマ顔負けの甘々ラブラブキッスをしてたりと最高なので必見です!!!!(まばゆい笑顔)

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 1巻【デジタル版限定特典付き】
作者:豊田悠
30歳まで童貞だったので、魔法を使えるようになってしまった安達は、「触れた人の心が読める」という地味な魔法の力(スキル)を持て余していた。そんなある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢の心を読んでしまう。黒沢の心の中は、安達への恋心でいっぱいでー!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 2巻【デジタル版限定特典付き】
作者:豊田悠
30歳まで童貞だったので、「触れた人の心が読める」魔法使いになってしまった安達は、同期のイケメン・黒沢が自分に恋していることを知ってしまう。恋愛経験ゼロの安達は黒沢の好意に戸惑うばかりだったが、その純粋な好意に触れるうちに、だんだん彼のことが気になり始め…?そんな折、1泊2日の社員旅行が始まる…!
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 3巻【デジタル版限定特典付き】
作者:豊田悠
30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達は、自分に恋する同期のイケメン・黒沢へ、ついに恋愛経験がないというコンプレックスを打ち明けた。「好きな人の初めてを全部貰えるなんて、俺だったら嬉しい」そう答えた黒沢の誠実さに、安達は彼への気持ちを自覚して…?そんな中、黒沢とルームシェアすることが決まり…!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 4巻【デジタル版限定特典付き】
作者:豊田悠
30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達は、同期のイケメン・黒沢からの想いに応え、晴れて二人は恋人同士に!人生初の恋人に胸がいっぱいになる安達のもとへ黒沢からデートのお誘いがかかる。初恋人だから、デートも初めて。30歳童貞、人生初デートに挑みます!
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブッ

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 5巻
作者:豊田悠
30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達と同期のイケメン・黒沢は恋人同士。順調に交際が進む中、安達は「魔法使いであること」を黒沢に隠したままでいいのか悩んでいた。「心が読めるなんて言ったら、気持ち悪がられるんじゃないか…」と迷う安達のもとに、大切な一日―黒沢の誕生日がやってくる!
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。