中庭みかな「キャンディーカラーの恋だから」(同人誌)のネタバレ感想

同人誌

中庭みかな先生「キャンディーカラーの恋だから」を読みました!

本作は「キャンディーカラーの世界できみと」の同人誌です。

あらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにご紹介します☺️✨

登場人物とあらすじ

小さなカフェの料理人×中堅ラノベ小説家 高校同級生同士 のお話。

新刊の原稿を提出し終え、急に休みができた智紘(受け)は「勉強」することにした。つまり、エゴサーチだ。

これまでの作品は書評サイトで星5つのうち2〜3つしかつかなかったが、新刊はどうか…と恐る恐る調べてみるが…?

 

こんな人におすすめ

  • 「キャンディーカラーの世界できみと」が好き
  • 中庭みかな先生の文章が好き
  • カップルがのんびりイチャイチャしてる姿を見たい

 

ネタバレ感想

‪すっごく幸せな気持ちになりました…🥺💕‬

智紘がエゴサーチをして、(いい意味で)思いが溢れるお話です。

智紘の努力の決勝(著作)がやっと少し日の目を見た…と、本編を読んだ人ならきっと涙してしまうはず。智紘の休日の過ごし方が垣間見れて楽しいです。

あと、周の職場でのプチ事件も面白かったです。静さんと成島さん、2人の仲はだいぶ進展しているみたいですね。むふふ。

あと、智紘が休むのに合わせて周も急遽お休みを取り、2人で旅館に行くんですが…これがすごくいいんです…!!!

智紘がひとりで海を眺めるシーン、からの、2人で温泉を楽しんだり、ひたすらイチャイチャしたりするのがも〜〜〜〜!!!!(悶)

熟年カップルの何気ないやさしい一日を見せてもらっている、って感じがします。

そして、中庭みかな先生の文章がこれまたすごく素敵なんですよ。

シーグラスの煌めき、沈む夕陽や温泉の熱さ・湿度がじんわりと伝わってくるような…すごくあったかい文章なんです。心に沁みいります。🍬‬

何回も何回も、読み返したくなる同人誌です。

 

まとめ

読後、愛し合う2人が寄り添ってるだけで、こんなに幸せになれるんだ…と胸がいっぱいになりました😭はああ大好きすぎる😭‬

‪智紘が「勉強」で温かい声を知られてほっとしたし、静さんと成島さんの仲の進展が微笑ましかったし、静さんにうっとりしてるマチルダと周の焼きもちが可愛いし、みんなが幸せでうれしすぎました…!!😭💕‬

今は品切れになってしまっていますが、boothもしくはJ庭などのイベントで先生が時々販売されているので、随時チェックしてみてくださいね。

  • 中庭みかな先生のbooth >> https://tartinetati.booth.pm
  • 中庭みかな先生の公式ブログ >> http://mikana.jugem.jp

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。