八十庭たづ「はなれがたいけもの」のネタバレ感想

小説

八十庭たづ先生「はなれがたいけもの」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


亡き国王の弟×国王の忘れ形見を育てる人間 のお話。

<あらすじ>
彼は獣人の王で、ディリヤは敵国の兵士…でも、たった一夜の契りで、愛を体に教えこまれた。

戦争中の、一度きりの出会いと別れで終わらせたはずの関係だったが、ディリヤのお腹には子供が宿っていた。

王の子であることは秘密にして息子のアシュを一人で産み、育てていたディリヤの前に、ディリヤを探し求めていた雄が現れる!

 

こんな人におすすめ

  • あったか家族BLが読みたい!可愛いショタに癒されたい!
  • 半獣モノ、モフモフした攻めが好き🐺❤️
  • ファンタジーBLが好き🧙‍♀️✨

 

ネタバレ感想

飄々としているディリヤ(受け)の性格を掴みきれないまま終盤を迎えるんですが、そこから一気にユドハ(攻め)とディリヤの思惑が明らかになっていって、面白いです。

2人の子供、アシュが超天真爛漫で可愛くって…小さいお尻をぽんぽんナデナデさせて欲しいです…🐺🌸

最初は違和感があった語り口も読むほど馴染むので、文体で敬遠してる人はぜひチャレンジしてほしい…!!!👍✨

 

「つがいのかたち、かぞくのかたち」

ユドハにお出掛けの準備をしてもらえて喜ぶアシュ、「けづくろいするの?アシュのもする?」…アシュの一挙手一投足が全部可愛いです😭😭😭❤️❤️❤️❤️❤️

アシュの言葉でハッと気付かされるディリヤに、胸熱…🥺✨

ララとジジのお産のハードさ、その後の温かい5人家族の風景、最高すぎました😭

 

「のぼせるおふろ」

WEBに掲載された内容と同じです!

アシュと入浴したことのないユドハに、アシュがディリヤの口調を真似っこしながら入浴方法を教えてくれるお話。

アシュのために香油などを一つ一つ手作りしているディリヤの愛と根気に感激…😭✨

アシュが愛されていることをしみじみ感じる大好きなお話です🛁🌸

 

まとめ

王道獣人家族モノかと思いきや、終盤で衝撃の事実が明らかに🤭⚡️

国王の子、アシュが天使のように愛らしく、終始癒されました🌸

時折、読み聞かせのような短文の羅列が続く、面白い文体です。

素敵なデビュー作😆✨

はなれがたいけもの【イラスト入り】
作者:八十庭たづ
彼は獣人の王で、ディリヤは敵国の兵士…でも、たった一夜の契りで、愛を体に教えこまれた。戦争中の、一度きりの出会いと別れで終わらせたはずの関係だったが、ディリヤのお腹には子供が宿っていた。王の子であることは秘密にして息子のアシュを一人で産み、育てていたディリヤの前に、ディリヤを探し求めていた雄が現れる!
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。