アニメ「pet」のネタバレ感想

アニメ

「アマプラ同時上映会」第73弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのは、『ぶっせん』『イムリ』など唯一無二の個性を発揮し続ける鬼才・三宅乱丈の代表作「pet」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ


他者の記憶を操作することができる“ペット”と呼ばれる少年たち のお話。

<あらすじ>
人の脳内に潜り込み、記憶を操る能力を持つ者達がいた。
彼らのその力は、事件の揉み消しや暗殺など、裏の世界で利用されてきた。
人の精神を壊すほどのその力は、同時に彼ら自身の心を蝕んだ。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • SFサスペンスが好き!!
  • ペットを使った大人達の汚い権力闘争を見てみたい😎
  • ペット同士の壮絶な戦いを見たい🔥

 

 ネタバレ感想

第1話 pet「潰し屋」

<あらすじ>
ヒロキと司は、健治の営むダイビングショップに住み込みで働いていた。

いつか健治のように店を持ちたいと語り合う2人。

しかし、健治はショップ経営のかたわらで怪しげな依頼を受けていた。

少年がボーッとしてるのは、お母さんの気持ちの中で溺れてるから。心のドアが開きっぱなしだから、お母さんのドロドロした気持ちが入ってきてしまうんですね。
「自分のヤマとタニには他人を近づけてはいけない」、ふむふむ。

桂木は健治の親友の横田の記憶をいじって自殺させた…。
健治は「潰し屋」に現在進行形で記憶を改変されてる…「潰し屋」はヒロキと司のことかな?🤔

 

第2話 「ヤマ」の景色

<あらすじ>
ヒロキと司の幻覚を見て混乱し意識を失う健治。

そこへやってきた桂木は秘密を知ってしまった健治を潰せと2人に告げる。

反発するヒロキの気持ちを汲んで、司は自分達なら健治を潰さずに済む、とある方法があると持ち掛けて…。

やっぱりヒロキたちは「潰し屋」なんですね。司は人の記憶を消去できるのかな。
桂木みたいな年寄りは記憶を引っ掻き回すことしかできないけど、ヒロキたち若者はイメージを使えると。イメージを使えると正確だしタニにもハマりにくい…他人の「タニにハマる」ってのはバッドトリップしちゃうみたいな意味ですかね?🤔
白紙の手紙を見ると混乱するように横田は健治に暗示を入れておいたけど、横田はそれを見ることなくたまたま殺された現場を見つけてしまったと。
横田の弟が殺された時の記憶(横田のタニ)に横田自身を引き合わせたことで、桂木は嘔吐、横田は完全にイかれてしまった…。
横田が殺人犯になって自殺したことに健治が疑問を持たないようにする…ほほう、やるね〜司!
ヒロキは相当強い力を持っているのかな。桂木をひと睨みしただけでゲーゲー吐かせてましたね。
1話でぼーっとしてた少年は悟だったんですね!林にヤマを教えてもらって、人並みの生活を送れるようになったんだな。よかった。
ヒロキと司が健治の記憶に潜っていくの、めっちゃ綺麗です…金魚…✨
ヒロキが司に執着するのは、自分のヤマを作ってくれた「ヤマ親」だから。
しんどいな…健治は母に連れて行かれた兄を恨みながら後妻に殴られる日々を耐え、横田は3歳で父親に殴り殺された弟のことをずっと気に病んでいた…そんな2人で一緒に店をやろうと横田に言われたのが健治の「ヤマ」…。
健治は殺されずに済んだけど、モヤモヤしますね…。
司はヒロキをどう思っているんでしょう?
ヒロキは無邪気に「俺と一緒に店でも持とうよ」って頬を染めて懸命に縋ってたけど、司は「会社に掛け合ってみるよ」って飄々としてて…なんだか、温度差がすごくある気がします。純粋なヒロキはいつか司に精神的に殺されそうで怖い…。

 

第3話 仕事

<あらすじ>
司と念願の店を持てたと喜ぶヒロキ。

喜びもつかの間、桂木が新たな仕事のため司を連れて行ってしまう。

司のミッションは中国系マフィアの乾を操り、とある要人を殺害すること。

鑑賞魚の店を用意できたのはいいけれど、結局ヒロキが願った「司と2人で」「血生臭い仕事はせずに」生きていくことは叶わなかったですね…。
司だけが仕事を続ける、ヒロキは店を守ってくれって言う司に悲しい顔をするヒロキに泣きそうになりました…。司のバカァ…どうして仕事から手を引いてくれないの…😭
司に最後のお願いのように「頼むから悟とだけは入らないで」って言い縋るヒロキに泣きました。切なすぎる…。

司の仕事は中国系マフィアの乾を操り、とある要人を殺害すること。
周参事官は裏切り者なんですね。

乾は娘が欲しかった母に女装させられ続けていた…残酷だ。
乾は里美に誰か…つまり父親を一番求めていて、その父親に泥棒呼ばわりされて、その記憶がタニになった…。そして周を父親のように見せて撲殺させた。
周は記憶をいじられて桂木側になってたのか…無残な最期だ…。
司の前ではヒロキは子供みたいですね。かんわいいなあ。
え!?!?司の方が桂木より上の立場なの!?
ヒロキはホテル暮らししかしたことないっていうのも衝撃です。司がヒロキのためになんでもしてあげたいのは、愛情ではなくpetとしての能力の高さゆえなのかな…それはあまりに哀しすぎる…。
林は2年間も雲隠れして、いったい何をしていたのか…?絶対ヒロキ抜きって司が言うのも気になります。司の笑顔が怖い…。

 

第4話 袋の林

<あらすじ>
林はずっと日本にいた。

その情報を掴んだ司と桂木は、彼を捕まえるため行動を開始するも、林の抵抗に翻弄される。

一方、ヒロキは司に置いて行かれ店で一人、情緒不安定になってしまい─。

林は桂木の強引なやり方に不満を抱いてたんですね。林、相当老けてますね。消されてしまうんだろうか…。
司が水だったからヒロキは金魚になったのか…😭

桂木は2号の子で、人形ごっこが好きだった…「マタサのおじちゃん」が何なのか気になります。
悟が脱走したのがバレてる…!!😨
最後、林の車に司が追いついたのが怖いです。林は殺されるのか?

 

第5話 鍵

<あらすじ>
林はずっと日本にいた。

その情報を掴んだ司と桂木は、彼を捕まえるため行動を開始するも、林の抵抗に翻弄される。

一方、ヒロキは司に置いて行かれ店で一人、情緒不安定になってしまい─。

司はもしかして林にヤマを分けてもらった…?だからこんなにハイテンションなのか?
絶対に反抗しないpet、会社の完璧な「ベビー」メイリン…鍵ができる前に林から引き離されたから一生人間らしい暮らしはできない…。林はメイリンを操り人形にするためにイメージを教えたんじゃないのに、現実は違う…。
会社は新しいpetを作り続けるか、悟を潰すかどちらかを選べと林に言ったが、林は選べなかった。

林が悟を見つけたせいで悟の両親は殺された。だから林は悟を守って逃げないといけないと思っている…。

ジンには悟の力が効かない…?気功術師のボスが会社の父親で、最初の「潰し屋」は気功術師が育てた。社長の妹が最初に林がシンクロした人。
林さんは情に厚いな…司は臓器売買用の子供だったのか。
司はもともと桂木のpetだった…うげえ。他人に記憶をいじらせないようにするには頑丈な「鍵」が必要…。
ヒロキは司のpet…司はやっぱり林からの命令に忠実に従うあまり人格をなるべく持たないようなpetを作っていた、それがヒロキだったってことかな…。ヒロキがあまりに純粋に司を信じているから辛いです。悟もどうなってしまうんだろう。
最後に司が浮かべた不敵な笑み…林が壊されてしまいそうな予感しかしません。

 

第6話 裏技

<あらすじ>
記憶を操作してでも司を連れ出そうとする林。

記憶をたどり、「タニ」で明かされる司の暗い過去。

「ヤマ」へ辿り着くことに成功したかに見えたが、司は捨て身の裏技で林に抵抗する!

自分のpetはポインター(主人が指した獲物を捕らえたらその場にずっと同じ体勢のまま居続ける)のように躾けろとは…社長の言動には反吐が出ます。
司、自分と林のヤマをリンクさせて鍵をぶっ壊した…!!
ジンは術師の生き残りの1人なのか。会社はヒロキか悟のどっちかにpetを作らせるつもりか…。それにしても、林が桂木に持たせたUSBが気になります。
ヒロキ、自分のヤマの水を司に入れて戻してあげたんですね…尻尾をぼろぼろにしてまで…なんて健気なpetだよ…こんなの号泣しちゃうでしょ…。司にとっては林以外全部会社に命じられるがままやったことなのに…ヒロキの献身がしんどいです。

 

第7話 リベンジ

<あらすじ>
ヒロキたちと同様にイメージを持つ能力者、メイリン。

しかし、彼女には完全な「ヤマ」が備わっていない。

これこそ「会社」の求めるpetの姿。

メイリンは蝶で幻覚を見せられるのか。林はメイリンに鍵は教えられなかったけど、タニをやり過ごす方法はどうにか教えられたんですね。
メイリンにかけられた暗示どおり、ダーハオは祖父を殺した…社長の復讐は遂げられたわけですね。

司はヒロキとヤマを分け合うことで会社に反抗できる何かを生み出そうとしている…?

結局「悟は邪魔」思考になってる司…怖い…。林を潰したことで司は社内での地位を上げて「社長の息子」になったわけですが…。

3匹のうち1匹の金魚が死んでるの、悟が死ぬっていう暗示ですかね…。

 

第8話 策謀

<あらすじ>
司に社員登用の話は来ているのではないか。

悟の何気ない一言に司への疑念が浮かんでは消えるヒロキ。

その思いを振り払い、悟とともにヒロキは要人を潰すミッションへ向かう─。

なるほど、林が悟を育て始めた後は司はロンに預けられてたんですね。司が悟を恨む気持ちが少し分かる…。

ヤマをくれた人に執着するのは、逆にどんな言葉でも潰れない頑丈さゆえ…本当の言葉をくれたからって独り言を言う悟に泣きました…。悟…せめて悟を林に会わせてあげてくれ…。

13年間もポインターのように林を待ち続けた自分を自嘲する司…。林の痕跡が残ったメイリンをダシにして悟を殺す、そしてその後は自分がpetを量産していくつもりなんでしょうか?
倒れたヒロキの行方も不安です。

 

第9話 風の道

<あらすじ>
栄養失調により倒れ、病院に搬送されるヒロキ。

退院のため荷物を整えていると体の下から風を感じるが、鏡を見ても変化はない。

ヒロキは司が潰れかけた日のことを思い出し、病院の深部へ足を運ぶとそこには…。

林は潰れてるけど一応生きてるんですね。
林を完全に殺さないのは悟や司が彼に絆を感じているから。絆で同士討ちさせたりと社長はうまく操ってるわけですね。

林ーーー!!!!!生きとったんかワレーー!!!!😭😭😭😭😭

潰れきってはいないから風のイメージが溢れ出してるんですね。ヒロキが気付いて、ここから司に情報が漏れたらどうなるんだろう?

「俺たちのヤマは他人の借り物だから、ヤマもタニもいざとなると完全に潰れるまでの時間稼ぎをしてしまう」とは?🤔

おお!ヒロキが林の中に入れた!!
ヒロキ、林を潰したのが司だと気付いてしまった…そしてヒロキに悟潰しをさせようと考えている司…うう…どうなるの…。

 

第10話 壊れた水槽

<あらすじ>
司が自分のヤマ親を潰した─。

自分の知らない彼の一面に打ちのめされるヒロキ。

ヒロキを手放したくない司がとった行動とは…?

メイリンもヒロキも鍵がゆるいから、お互いのイメージを共有できる。それを辿れば居場所がわかるとな。

え!?林に桂木が記憶操作されてることを社長は知ってるの!?桂木は操作された「完璧な社員」だから社長は重用してるんですね。
社長命令でヒロキは殺されるのか…司は林殺しはヒロキがやったと記憶を改変して悟にヒロキを殺させることで悟を殺すと予定してましたが…どうなることやら。
ジンとロンは甥と姪だけどキスしてますね…どういう関係?恋人?
初代潰し屋、ジンの母は林のおかげでメンタルが安定したんですね。
ああ…悟が林の現実を知ってしまう…。

 

第11話 再会

<あらすじ>
念願の林との再会に胸を弾ませる悟。

しかし、目の前に現れたのは変わり果てた姿の林だった。

現実を受け入れられない悟に司は同調するが、裏ではヒロキを取り戻し、さらには悟を潰す手筈を着々と整えていた…。

悟がヒロキを憎むように司は仕向けたわけですが、これからどうなるんだろう…。「ヒロキが完璧なpetになれば他の奴は用済み」と考えるロンと、「ヒロキを殺そうとヤマに入るつもりが誤って自分のヤマを壊されてしまい悟はヒロキに潰される。司の命令しか聞かないpetのヒロキと司しか有望なpetは残らない。だから会社は俺のものだ」と考える司。

完全に司がヤンデレモードだ…抵抗されたらヒロキも林さんと同じ目に遭わせるつもりなんだ…。
司には中間視点がない、最も司が苦しい時にそばにいられなかったってヒロキは苦しんでいる…。
でももうヒロキはメイリンの蝶を伝って居場所を特定されちゃいましたね…😨

 

第12話 伝書鳩

<あらすじ>
メイリンの蝶によって司たちの元へ強制的に引き寄せられたヒロキ。

司が「林を潰したのはヒロキだ」と悟に吹き込んでいたことを知り、さらにショックを受ける。

自分を絡めとる悟のドアをヒロキは捨て身の行動で回避しようとするが…。

すごい…イメージをぶった切って逃げたとは…ヒロキやるな…!!!
おおおお!!!!マタサのおじちゃんのキーワードにここで悟が気付くとは。

社長は気功術師たちに父親を殺されたから、林がpetを増やすことを快く思わなかった…だから林と司を引き離したんですね。
うわあああ…悟は林からの伝言をしっかり司に伝えたけど、結局司は会社の思惑に絡め取られて、悟はロンに撃たれてしまった…。

 

第13話 虹

<あらすじ>
林のメッセージを読み、全ての真実を知る悟をロンの放った銃弾が貫く─。

一方、司は「これで全部終わったんじゃないか…」そう思いながらヒロキの元へ向かう。

しかし、ヒロキは司にある問いかけをする。

林を潰したことを悟にも話した司…。
うおおおお、桂木はジンの父親…!?桂木は自分の家族を持ちたかった…それを知ってた妻のレンレンは無理してでもジンを産んだけど、レンレンは死亡。妹が死んだ社長の兄弟からは桂木はヤマ(家族の記憶)を消して「潰す」ように林に頼んだけど、林はヤマを半分「隠す」ことで桂木を会社の忠誠な駒として生まれ変わらせた…。
しんどすぎる…桂木の「誰が何と言おうとお前はかわいそうな子なんかじゃないよ。綺麗だよ、レンレン」に号泣しました…。
うおお…悟はヒロキに自分を司だと思い込ませて逃げたのか…!!悟は潰れてる=会社の役に立たない なら、殺されてしまう…?😨
ヤマ親のこともヤマのことも消したら、その人全てが壊れてしまう…でも、司は目を瞑っても考えないようにしても林を潰したことを、その犯人を探し続けてしまうから「ずっと眠りたい」とヒロキにお願いしたんですね。
あのポインターはシーワンって名前の、司の鍵…鍵をこじ開けたことで記憶のいろんなところに破綻が生じてしまった…。林とだけじゃなくヒロキとの記憶も全部消えてしまったんだ…。
司は消えると分かっていて全てを消させた…苦しいよ…。
ああ…逃走ルートの最後は林のヤマの景色だったんだ…。司を…林もメイリンもみんなを自由にしてくれ、ヒロキ、悟…!!!
ジンは司をロンと思って育て直して仇を取るつもり…だと…😨
うおおおおお続きが知りたいいいい!!!!

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

超絶面白かったです。

司とヒロキ、林と司、林と悟…その三組の親子のような関係性にも涙するんですが、物語に出てくる全ての人が主人公なんですよね。それぞれに愛する人がいて、守りたくて、傷だらけでみんなそこに立っている…それをしっかり描いてくれてるんです。

生きることがどれほど過酷なことなのか、闘いの連続なのかを改めて感じさせられました。感動の涙が止まりません。

小錦あや
小錦あや

さいっっっっこうでした!!!!!

この数年見たアニメの中でも、名作「ID:INVADED」と並ぶくらい素晴らしかったです。

底知れないpetたちの能力、記憶を改竄し騙し合う小汚い大人と自由を欲するpetたち…話の隅々まで面白くて、一瞬も目が離せませんでした!!!2期求む!!!

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

原作は3部に入る前に打ち切りになってしまったそうなんですが、正直「何で!?」って気持ちが強いです。

細部まで作り込まれた世界観、個性あふれるキャラクターたち、アクションもロマンスもありながら、芯の「自由とは何か」という大きな問いからブレないストーリー展開。

全てが計算し尽くされていて、完璧でした。もう一回、いや二回は見返したいです。

今回3人が見た「pet」は、Amazonプライムビデオで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 今なら30日間無料体験できる! /
 Amazonプライムビデオ

注意事項:Amazonプライムビデオの視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。

 

この記事を書いた人

小錦あや
小錦あや
闇の腐女子。「カーストヘブン」と「蟷螂の檻」シリーズが愛読書。屈折した愛情表現とボロボロの攻め・受けが大好物。地雷なし雑食。