【毎週更新】アニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」のネタバレ感想

アニメ

「アマプラ同時上映会」第99弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのは、ブシロード、日本テレビ、BAKKEN RECORDによるオリジナルアニメ、「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ

一族を皆殺しにされた復讐に燃える女 のお話。

<あらすじ>
時は明治64年、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けているもう一つの日本にて、国家は独自のエネルギー源、”龍脈”を整備し、江戸時代と科学が混ざり合う、独特な発展を遂げた。
しかし、そんな華やかな都市の裏で、革命の炎をくすぶらせ、政権打倒を目論む、反体制派組織クチナワがうごめく。
その駆除を任された、徳川政府の闇組織、「鵺」ー幼い頃、家族を殺された雪村咲羽は、「鵺」の処刑人となり、その仇、蛇埜目を探し続けていた。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • 和洋折衷な世界観にときめく👘
  • SF、時代劇モノが好き⚔
  • 特殊能力を使って戦うアニメが好き❤️

 

 ネタバレ感想

#01 機密事項一〇一アオキシュラノハ

<あらすじ>
明治六十四年、東亰市、古書店を営む店主・雪村は、政府に仇なす者を秘密裏に抹殺する「鵺(ぬえ)」の処刑人の一人。
雪村は「鵺(ぬえ)」の仲間である月城、花風と共に東亰城の完成披露祝賀会で慶喜暗殺を企む反体制派組織首領・蛇埜目の駆除を任される。
祝賀会に潜入し手がかりを探る月城と花風。

明治六十四年、東亰市、古書店を営む店主・雪村。

しかしそれは表の姿、実は彼女は政府に仇なす者を秘密裏に抹殺する「鵺(ぬえ)」の処刑人の一人でした。
いつも口説きにやってくる男に名前を教えてと絡まれたり、妹として育てている浅陽にも情を移さぬようひっそりと暮らしています。
そんな折、雪村は「鵺」の仲間である月城、花風と共に東亰城の完成披露祝賀会で慶喜暗殺を企む反体制派組織首領・蛇埜目の駆除を任されます。
祝賀会に潜入し手がかりを探る、バンドネオンの演奏家である月城と、小説家兼娼婦の花風。

しかし彼らは偽情報を掴まされてしまい、突撃した先はもぬけの空でした。
一方、雪村は地下道で待ち伏せ中。

彼女の前に現れたのは蛇埜目が生み出した獣(けもの)異形(いぎょう)。青き血の力で変身した雪村は獣と対峙します。
雪村がそれに攻撃すると、なんと一部変身が解けたものの正体は、あの単純無垢そうな、自分を口説きにきていた男でした。
混乱しながらも、男にとどめを刺す雪村。名前を教えてほしいとしつこく言いに来ていた男に応えるように、雪村は自分の名「雪村 咲羽」を、彼の最期を看取りながらひっそりと明かすのでした。
雪村が鵺の一員になったのはどうやら家族を殺した者たちへの復讐がきっかけのようですが、最後に雪村が荒い息で伏せる横で包丁を抜いていた誰かが気になります😨

 

#02 機密事項〇三三キンコバン

<あらすじ>
盗まれた名簿を元に徳川政府の要人達が殺されていく。
「鵺(ぬえ)」の中に裏切り者がいると踏んだ仁は、月城に裏切り者の捜査を、雪村と花風に金庫番・恭子の護衛を命じた。
その一方、雪村不在の古書店に姿を現した月城は、浅陽にとある薬を渡す。

盗まれた名簿を元に、徳川慶喜政権の要人達が殺されていきます。
「鵺(ぬえ)」の中に裏切り者がいると踏んだ、処刑人の管理者である葛原仁は、月城に裏切り者の捜査を、雪村と花風に金庫番・恭子の護衛を命じます。
各地で反体制派の者たちが抹殺されているんですね。こんなに死人が出て…一体何が正義なのか…🤦‍♀️
雪村は浅陽にとっては両親を殺した仇なんですね。なのになぜ浅陽は雪村を殺さないんだろう?🤔💭
反政府団体「蛇の目」は、雪村の青い血を複製・彼女の一族を皆殺しにすることで異形化の能力を独占しました。
雪村は「金庫番」と呼ばれる、徳川家のあらゆる情報を知る女を守ることで自分の仇を「蛇の目」の中から炙り出そうとしますが、花風に彼女を殺されてしまい、仇討ちは振り出しに戻ります。
一方、雪村不在の古書店に姿を現した月城は、浅陽に一粒で人を殺せるという薬を渡します。

浅陽は前回、弱った雪村に包丁を突き立てようとしましたが失敗していたのでした。浅陽はこれを使うのか?🤔💭

 

#03 機密事項六一四シシシンチュウム

<あらすじ>
金庫番の殺害を命じたのは仁であり、慶喜の要望だった。
やるせない雪村を月城は察するも、復讐の過程で浅陽の身に危険が迫ることを示唆、離別を助言する。
揺れる雪村はある決断を下す。

雪村は自分の知らない真実を唯一知っていた金庫番が殺されたことに心を痛めていました。
しかし、「大事なのは真実ではなく、自分の目で見えるもの、蛇の目への憎しみを大切にしろ。姉妹の情を捨てて、浅陽を早く孤児院へやれ。君は君の役を全うしろ」と話す月城。
葛原が幼い雪村に語るには、蛇の目はかつて慶喜が見出した優秀な研究者でしたが、遺伝子治療による不老不死など非人道的な研究が繰り返された挙句、雪村の一族の特殊性を知り暴走してしまいました。

蛇の目は自分の思い通りにならなかった一族を皆殺しにし、その血を奪ったのです。

仇を取りたいなら泣くな、情なんて捨てろと葛原は繰り返します。なぜ浅陽を助けてしまったのかと静かに後悔する雪村。
雪村は浅陽に孤児院への地図を渡し、「戻った時にいれば容赦なく殺す」と言い置いて去ります。
掃除屋は蛇の目と通信している裏切り者と分かった雪村たちは早速彼を問いただしますが、彼は脅されて怯え、自ら命を断ちます。
実はさらしで男装をしていた月城の胸元を裂き、葛原は「蛇の目の居場所を突き止めろ」「お前が何者であるか忘れるな」と念を押して去ります。月城は底冷えのするような冷たい目をしていました。
月城は実は金庫番が殺される直前、百人一首の札を渡され、「それを公表すれば徳川政権も鵺も全て終わる」と言われていました。札の裏には地図が浮かび上がります。
そこには徳川慶喜の像があり、その後ろに本が隠されていました。
一方、雪村は家で浅陽の血のついた手形を見つけます。

近所の山崎という老婆と懇意にしていた浅陽は、その老婆に何かされたようで、雪村は急いで探してまわります。
実は老婆のふりをしていたのは蛇の目。そして月城は蛇の目の手のものでした。

 

#04 機密事項〇九九クチナワ

<あらすじ>
浅陽を連れ去ったのは、仇敵・蛇埜目だった。
救出に向かう雪村を、力ずくで止めようとする仁。
だが月城の裏切りによって雪村も拉致されてしまう。

仇敵・蛇埜目から浅陽を救出しようとする雪村を、力ずくで止める仁。しかし月城の裏切りによって雪村も拉致されてしまいます。
蛇埜目と邂逅した雪村は激昂し、刃を抜きますが、浅陽を人質に取られて身動きができません。
蛇埜目は雪村に「この国の浄化が進むまで、君と妹はここで飼い殺しにされるといい」「数年のうちに青い血を使って新薬を完成させる」と話しながら青い血を抜き取ります。
蛇埜目は、青い血を崇拝するあまり雪村の一族たちから血を全て抜き取りミイラ化させて祭壇に並べていました。それに気づいた雪村は絶叫。
とその時、月城は蛇埜目を裏切り、浅陽と雪村を解放。葛原たちに居場所を教えるスイッチを押します。
蛇埜目は青い血の血液製剤を飲み、怪物化します。それに対抗するため、怪物化した雪村。

しかし、蛇埜目の圧倒的な力の前ではなす術もありません。月城はどうにか1人逃げ出します。
ミイラ化していた雪村の兄が瀕死ながら蘇り、蛇埜目に反撃します。それに乗じて蛇埜目に攻撃する雪村。雪村は蛇埜目を一刀両断し、復讐を果たします。
雪村は燃え盛る蛇埜目の研究所の中で、盲目になってしまった兄から「お前は生き延びろ」と遺言を貰い、兄をそこに置いて浅陽と共に逃げることを決意します。

 

#05 機密事項六二〇カムナガ

<あらすじ>
仇敵、蛇埜目を倒し、生きる目的を見失ってしまった雪村。

「鵺」を裏切り、逃亡する月城。

組織から抜けようとする花風。

雪村は仇敵・蛇埜目を倒し、兄を見殺しにしてしまい、生きる目的を見失ってしまいます。

蛇が消えた後も、月城は「鵺」を裏切り、蟻たちに蜜(組織の武器)を与えていました。月城を見つけて消せと葛原に命じられる雪村。
一方、花風はある男の子を孕み、組織を抜けること、雪村は浅陽と生きていくこと、月城は海外に逃亡することを決意していました。
しかし月城は徳川家の機密情報を記したノートも血液製剤も手渡さなかったので銃殺(?)されてしまいます。
花風は男と2人自由に生きていくかに見えましたが、組織を抜けた見せしめに、無理心中に見せかけられて殺されてしまいます。
雪村は復讐を遂げ、もう誰も殺したくないとひとりごとを言います。
浅陽は月城にもらった毒薬を雪村に飲ませ、雪村はその場にどっと倒れ込みます。

 

#06 機密事項六二三シノノメ

<あらすじ>
毒を飲んだ雪村、政府に消された花風、銃撃される月城。
処刑人たちの生死やいかに。
そして、葛原は、浅陽は…。

浅陽が雪村に飲ませた毒薬は、仮死状態にする薬でした。
時間内に雪村を棺桶から救い出し、磐井県の田舎へ逃げようとする浅陽。
一方、葛原は月城が手当を受けた医師を尋問後、殺害。蛇の目が取り込んでいた血液製剤を持ち逃げした月城の跡を追っていました。
徳川慶喜政権反対派の勢力はフランスやアメリカの援助を受けて各地で強まっていますが、慶喜は警察や陸軍を使って押さえつけます。さらに月城が持ち逃げした血液製剤を使って何か計画を企てています。
葛原は慶喜を守ろうとしながらも、会議の帰り道、反対派の庶民を守ろうとするなど何か思うところがあるようです。

 

#07 機密事項六三七タマユラノハル

<あらすじ>
雪村は追っ手を逃れ、浅陽と共に穏やかに暮らしていました
一方、月城は葛原の追っ手から逃げ続けていましたが、死期を悟り、覚悟を決めて彼に会いに行きます。

雪深い田舎に逃げてきた雪村と浅陽。月城の仲間であるオウレンという老婆を頼って来ますが、彼女はすでに死んでおり、孫のリンコが出迎えます。離れを自由に使えと言われ、やっとひと心地つく2人。

一方、葛原はイジチ医師を殺したその後、養子であるトドロキセイジを尋問していました。月城が持っている手帳とは何かと詰問し、「価値のある宝探しだと言っていた」という答えを引き出します。

月城はとある倉庫を訪ね、金庫番が言っていた3つのうち1つ目の宝を探し当てます。金庫番は3つの宝が揃えば徳川政権を潰せると言っていました。徳川を潰せば幸村を自由にできるとひとりごちる月城。追われる月城。

季節は移り変わって、雪村と浅陽はオイカワという先生と地域の子供たちと仲良くなっていました。

月城は幻覚が日に日に酷くなっていましたが、薬を噛み砕きながらどうにか宝の鍵の最後の1つを見つけ出していました。

月城は宝の鍵を全て見つけ、葛原に会いに行きます。実は葛原は雪村の死が偽装だと気づいており、彼女の所在まで知っていました。

お前はもって3日の命だろうと言いながら、月城に鎮痛剤を差し出し、青い血の血液製剤を渡すなら雪村の所在を教えてやると月城に宣告する葛原。

月城は血液製剤を渡し、「僕はあなたから雪村を奪います」と言い残して去ります。

血液製剤を燃やす葛原。

雪村のもとへ訪れ、「真実を伝えなければ」と言う月城に浅陽は「雪村はもう死んだの」と月城が何かを伝えようとするのを阻みます。

浅陽はオイカワと雪村を夫婦にさせたいようで、2人をくっつけようとします。

オイカワは村の龍脈井戸が1つ枯れたことを雪村に話します。オイカワは反政府派のようで、反政府派がただただ暴力で鎮圧される現状に憤っています。

月城はオイカワといちゃつく月城を軽蔑し、隠し持っていた最後の血液製剤を取り出します。

異形化した月城にオイカワは殺されます。

月城は本気で雪村の復讐を叶えたいと思っていたがゆえに、彼女の逃亡を手助けしていたのでした。

にも関わらず、自分の罪を忘れ男にうつつを抜かす雪村に激昂し、オイカワだけでなく浅陽を殺してしまいます。

ぐったりした浅陽を抱いて、怒りのあまり異形化する雪村。

 

#08 機密事項六四二オウマガトキ

<あらすじ>
月城と戦う雪村。
雪村は月城を一刀両断します。青い血を流しながら笑う月城。

月城に深傷を負わせる雪村でしたが、浅陽に「誰も殺さないで」と言われたことを思い出し刃をおさめます。

しかしその時、何者かが雪村の目の前で月城の命を断ちます。

愛する人が次々いなくなることに絶望した雪村はその場で失神。

葛原は雇った男たちに死体の処理をさせ、雪村を廃屋で介抱します。

しかし雪村は現実に絶望し、入水自殺を企てます。

葛原は死のうとする雪村を引き留め、「命を捨てることは許さない。命を捨てることはお前の命を守った人の意思を否定するからだめだ。一生をかけて命をかける意味を探せ」と言います。

葛原もかつて愛する人を失ったことがあると半生を話し、雪村を存分に泣かせ落ち着かせます。

そして葛原の前に現れたのは花風。葛原は「雪村に二度も兄を失わせた。これ以上辛い思いはさせない。最後の任務だ」と宣言します。

 

#09 機密事項六六八スダマノアイ

<あらすじ>
葛原に説得され、東京へ戻ることを決めた雪村。
しかし葛原にはまだ何らかの秘密があるようで…?

葛原に介抱され、目を覚ました雪村。
葛原は自分が月城たちのところに着いた時はすでに彼女は死んでいた、烏森の血にまつわる清算はまだ終わっていない、東京で待っていると言い残して去ります。

鵺の処刑人である凛子という女が、雪村を連れて東京へ行きます。
葛原は東京で反政府派の男に弟の命を盾に血清を飲ませていました。そして、どこかへの移動中突然苦しみ出します。その時突然現れる慶喜の家臣。家臣は雪村を献上せよとのみ命令し去ります。

雪村は葛原に言われたとおり東京に行くのではなく、自分の故郷・烏森の集落に帰ります。

烏森の一族は龍脈を感じることができ、1600年前から日本にいたと雪村は説明します。烏森の一族は龍脈の気を生命力に変えることができるため、その力を知る者は皆一族を戦に使おうとしました。
烏森一族は戦を嫌い、そのため戦い方を忘れてしまったために襲撃を受けても反撃することができなかったのでした。
雪村は全てが終わったらナナという遣い鳥と一緒に死ぬつもりです。

雪村が東京へ行くため乗った列車は突然ハイジャックされます。外務省政務次官を人質にした犯人たちは、陸軍中将をメッセンジャーにし、府中刑務所に収監された同志を解放しろと言います。
40尺もの刃を体内に入れられた、人造人間の凛子はあっという間に男たちを抹殺します。

東京の自宅・古書店に帰ってきた雪村。雪村はたまたま月城が残したメモを本の中から見つけます。
そして葛原のもとに行くと突然斬りかかる雪村。葛原の体には謎の痣がありました。

 

#10 機密事項〇八九ダイゾクショウ

<あらすじ>
幼き日の葛原には、名前がなかった。
彼は番号で呼ばれ、徳川家のために殺される実験台でしかなかった。

葛原は月城の遺体を検分し、所持品を燃やしていました。「敵も味方も心までは支配できない」と独り言を言います。

葛原はかつて蛇の目博士の実験の検体として飼われていました。名前などなく番号で呼ばれ、小さな檻に閉じ込められて生きる日々。
実験により120もの邪毒耐性を得ることに成功した葛原は、檻の中で親友が未来を悲観し自殺したのをきっかけに脱獄。言霊という男に窮地を救われ、鵺の一員となりました。

蛇の目が徳川家を裏切って以来、葛原は密かに烏丸一族を警護せよという命を受け、遂行していました。
数年後、徳川家に特殊な血を献上するようにという交渉が決裂したため、烏森一族は皆殺しせよ、蛇の目が烏森一族の居場所を嗅ぎつけたとの命が下ります。

葛原は雪森の母・永羽(とわ)と偶然出会い、傷の手当てを受けるなど恩を感じていたため皆殺しをどうにか回避できないかと苦しみますが、慶喜の命には逆らえないと覚悟を決め村の人々を殺してまわります。
そして、葛原は罪滅ぼしに咲羽だけをどうにか救い出したのでした。

雪村は葛原に斬りかかると、「あなたが一族を殺したのですか」と怒りを抑えて尋ねます。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

月城が雪村に憧れていたのは意外でした。

月城はいつも飄々としていて、自立していて、雪村のような中途半端な立ち位置で情に流される人間は嫌いだとばかり思っていましたが…分からないものですね。

この物語の行先はどこなのか?何を描こうとしているのか?と探りながら見続けています。

小錦あや
小錦あや

月城は女性なんですが、男装がめちゃくちゃ似合う!それに、処刑人の中でも1人だけ葛原とより深く秘密を共有している感じがするので、葛原と月城の関係が気になって仕方ないです。

それに徳川慶喜と葛原の関係も謎めいている…いろいろまだ解明されていない部分が多いので、明らかになるのが楽しみです///

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

浅陽のあっけない死はショックでした…人は簡単に死ぬのだなあと世の諸行無常さを突きつけられた気持ちです。

というか、浅陽が雪村に縋るのはストックホルム症候群的なアレなんでしょうかね…?

自分の親を殺した女を姉と慕う精神構造って、相当歪つですよね…。

葛原と雪村、残された処刑人たちはどうなるのか、楽しみです。

今回3人が見た「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」は、Amazonプライムビデオで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 今なら30日間無料体験できる! /
 Amazonプライムビデオ

注意事項:Amazonプライムビデオの視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。

 

この記事を書いた人

小錦あや
小錦あや
闇の腐女子。「カーストヘブン」と「蟷螂の檻」シリーズが愛読書。屈折した愛情表現とボロボロの攻め・受けが大好物。地雷なし雑食。