座裏屋蘭丸「シャングリラの鳥1」のネタバレ感想

コミック

座裏屋蘭丸先生「シャングリラの鳥1」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


堅物なノンケ試情夫×トラウマを背負った男娼 のお話。

<あらすじ>
ルールは「イかせないこと、挿入しないこと、そして、絶対に恋に堕ちないこと」

性を謳歌する男娼達の楽園で、試情夫として雇われた訳ありノンケのアポロ。

教育係の男娼フィーに仕込まれることになるが…。

 

こんな人におすすめ

  • 座裏屋蘭丸先生の絵が好き❤️
  • 南国の開放的な空気感を楽しみたい🏝
  • 濃厚エロ×愛憎ドロドロの人間ドラマが見たい!

 

ネタバレ感想

読み進めるほどこの快楽主義的な島の開放感に引き込まれていきます。まるで自分がアポロ(攻め)になった気分です。

フィーの「人を殺したかもしれないんだ」の後の水に飛び込むシーン…すごく素敵な流れでした。まるでフランス映画の演出みたい…とうっとり。

そして、ずっと謎だったアポロの過去!まさかでしたね。暴力、離婚、不倫…読みながらぞくっと背筋が震えました。

「あんた、いいな逆レイプしたくなってきた」のフィーの瞳孔が開いた感じ、かっこいいいい〜!!!雄だあ〜〜!!!!///

アポロが本当は「恋愛に対して能動的で情熱的、愛されるより愛したい男」っていう暴露、意外だったし素敵すぎますね。フィーとそうなる未来がある…か…な?

 

Day time

アポロにヨシヨシされて「もう一回」ってねだるフィーがかわいすぎて…頭を抱えました。

フィーは若々しいと思っていたけれど、まさか8歳差だなんて!

 

まとめ

座裏屋先生ならではのムチムチした肉体美を堪能しつつ、アポロ(攻)とフィー(受)それぞれが抱えた心の闇にドキドキハラハラ!

美しい南国の島で繰り広げられる、穏やかではない恋の駆け引きに、ぜひ魅了されてください💕

シャングリラの鳥
作者:座裏屋蘭丸
ルールは「イかせないこと、挿入しないこと、そして、絶対に恋に堕ちないこと」。性を謳歌する男娼達の楽園で、試情夫として雇われた訳ありノンケのアポロ。教育係の男娼フィーに仕込まれることになるが…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。