夏下冬「彼と私」のネタバレ感想

コミック

夏下冬先生「彼と私」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


謎の美しい男と平凡なゲイのサラリーマン のお話。

<あらすじ>
ごくごく普通のサラリーマンが、ある日「彼」を買った。

男は彼を家に連れて帰り、着飾ったり、一緒にジョギングをしたり、時には身体を弄くり回す。

何も話さず、ただ従うだけの青年は一体何者なのか、そして2人の関係とは…?

 

こんな人におすすめ

  • 夏下冬先生作品が好き!
  • 「本当にあった怖い話」のような、ゾワっとさせられる展開が好き😏✨
  • 短編作品でも、エロは絶対入っててほしい!!

 

ネタバレ感想

「もしや主人公は人間ではなくダッチワイフとかで、飼っていると思っていた美しい男の方が人間なのでは?」など、いろんな妄想しながら読んでいたんですが、オチを読むとはなるほどね〜!とスッキリします☺️

オチを知った上で読み返すと男の言動は腑に落ちるんですが、どこか恐ろしさというか…背筋がゾワッとする感じがあって…何といったらいいのか、不思議な気持ち悪さがあります。

夏下冬先生作品はこのどこかザラッとした読後感、砂を噛むような(よい意味での)後味の悪さのようなものが個性だと思います。

本作は短編なので、お値段もお手頃!

夏下先生作品に挑戦してみたいけど、いきなり単行本を買うか悩んでいる…という方は、ぜひ読んでみてほしい一冊です。

 

まとめ

男とリーマンの詳細は語られず、唐突に「サラリーマンが男を買った」という事実から話が展開します。

ラストはネタバレ厳禁だそう。

星新一のショートショートっぽい雰囲気があります。靄に包まれたような読後感。

奇妙さに引き込まれる…!!!🤭💥

彼と私
作者:夏下冬
ごくごく普通のサラリーマンが、ある日「彼」を買った。男は彼を家に連れて帰り、着飾ったり、一緒にジョギングをしたり、時には身体を弄くり回す。何も話さず、ただ従うだけの青年は一体何者なのか、そして2人の関係とは…?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。