桜賀めい「ワルイコトシタイ」シリーズのネタバレ感想|節操なしのゲイ受を嫌っていたはずの攻、いつしか恋に落ちていく…

コミック

桜賀めい先生「ワルイコトシタイ」シリーズを読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

誠実な好青年(大2)×色情狂のゲイ(大3)のお話。

<あらすじ>
「男なら誰でも誘いまくる」と噂される白羽七王は、その色っぽい雰囲気で大学中の注目の的となっていた。
そのために七王は、ずっと片思いを続ける相川久遠にもその噂が原因で避けられ、拒絶されてしまった。
久遠は決して自分のものにはならない―、自暴自棄となった七王は、無理矢理抱かれようと久遠に迫るが…。

 

こんな人におすすめ

  • ギャップ萌えに弱い😭✨
  • 学生たちの青臭い恋愛にニヤニヤしたい😏❤️
  • 汗だく汁だくな濃厚エロを脳にブチ込みたい🥊💥

 

ネタバレ感想

無慈悲なオトコ

本作は、「ワルイコトシタイ」シリーズ第六弾。第一弾の受け・永遠の次兄である久遠×第一弾の攻め・帝の兄である七王のお話です。

七王は「男なら誰でも誘う」と学内でも有名なビッチなゲイですが、実は久遠に長い間片想いをしている健気ボーイ!!

久遠は鈍感でなかなか七王の気持ちに気づいてくれないばかりか、話したくもないとばかりに拒絶されてしまうんですが…それでも七王は久遠のことが好きなんですよね…🤦‍♀️

「嫌われているならいっそとことん嫌われてしまえ」と逆に襲おうとする七王でしたが、ここでやっと久遠と想いが通じ合います!!ヨカッターー!!😭👏

その後の濃厚えっちは汗だく汁だくでとってもエロエロ❤️鼻血を噴くこと必至です🤤❤️

疾走感ある華やかな一冊でした!

無慈悲なオトコ
作者:桜賀めい
「男なら誰でも誘いまくる」と噂される白羽七王は、その色っぽい雰囲気で大学中の注目の的となっていた。そのために七王は、ずっと片思いを続ける相川久遠にもその噂が原因で避けられ、拒絶されてしまった。久遠は決して自分のものにはならない―、自暴自棄となった七王は、無理矢理抱かれようと久遠に迫るが…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

無慈悲なアナタ

「ワルイコトシタイ」シリーズ第七弾、久遠×七王の続編です。

大好きな久遠と付き合えて幸せ真っ只中の七王は、「久遠に嫌われないようにしなきゃ」と自分の欲を押さえ込んでいました。

そんな時、高校時代に七王を深く傷つけトラウマを作った男・桐屋先輩が登場したことで、七王は「久遠に自分は釣り合わない」と気弱になってしまいます。

でも最後は久遠の愛を信じ、「俺はあんたを愛してる!」「ずっと一緒にいたい」と言い合えた2人に感涙…😭✨

エロは前作に比べ、濃厚さが更にパワーアップ!!

エッチの最中に何度も「相川、すき」って繰り返す七王がかわいすぎました…🤦‍♀️❤️

久遠の溺愛に、弱気な心を解いていく七王が可愛かったです😭❤️

無慈悲なアナタ
作者:桜賀めい
大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて…!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

無慈悲なカラダ

「ワルイコトシタイ」シリーズ第八弾、久遠×七王のさらに続編です。

久遠に愛されて色気ダダ漏れな七王(序盤からいきなり裸エプロンで滝涎です!!🤤❤️)に独占欲が高まる久遠ですが、2人の前になんと久遠の元カノが登場。

「自分と久遠はこれからもずっと一緒にいられるのだろうか?」と、未来への不安を口に出すことができず、久遠の体を貪り思考停止するしかできない七王が切ないです🤦‍♀️

思い詰めた七王は久遠に別れを切り出しますが、久遠は「俺はアンタを放す気は無い…!」と宣言。

最後は久遠が圧倒的包容力で七王の誤解と心配を解消し、仲直りラブラブえっち&同棲に突入❤️

山あり谷ありの2人の恋ですが、久遠、これからも七王をよろしくね…!!😭❤️

無慈悲なカラダ
作者:桜賀めい
七王と久遠は幸せな恋人同士。しかし、久遠の昔の「恋人」の存在を七王が知ったことですれ違っていく…。久遠にふさわしくないと思い詰めた七王は別れ話を切り出すが…!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

まとめ

今回は「ワルイコトシタイ」シリーズ(全15巻)の中でも、特に好きな久遠×七王カプを取り上げました!

久遠と七王、お互いに大好きすぎる2人がたまらなく愛おしいです😭❤️

特に久遠は、最初は七王なんてとツンツンしてたのに、彼への愛を自覚した途端、転がり落ちるように溺愛攻めへの道まっしぐら…ww

七王は久遠と両想いになったことで心の弱い部分が露わになり、何度も思い悩んでいましたが、どんな時も久遠の愛がその脆さを支え、慈しんでいて、「愛は偉大だ…」と涙ながらに思いました😭❤️

独占欲強めな溺愛攻め×ビッチに見えて一途健気受けがお好きな方は、ぜひ読んでほしいシリーズです!!

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」シリーズ・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」・中庭みかな先生「沈まぬ夜の小舟」シリーズが愛読書。
スパダリ執着攻め×一途健気受けが性癖。