「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」の違いを比較・解説

Kindle UnlimitedとPrime readingの違い コミック

Amazonは「Kindle Unlimited」に似たようなサービスで「Prime Reading」という本読み放題のサービスを提供しています。

何が違うのかわからない方もいると思うので、簡単に「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違いを紹介します。

Prime Reading(プライムリーディング)とは?

「Prime Reading」は、「Amazonプライム」会員向けの読み放題サービスのことです。

Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、便利な配送特典などが使える会員制プログラムのこと。

Amazonプライム会員の特典のひとつが、この「Prime Reading」サービスです。

「Prime Reading」は、Amazonプライム会員の特典サービスに過ぎないので、サービス自体の規模は非常に小さく、今後も大きく拡大する可能性は低そうです。

2019年6月末現在の全作品数は、1,120冊。ボーイズラブ作品は0冊でした。

👉Prime Reading公式サイト

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

大量の書籍・雑誌・古書等が、月額980円(税込)で読み放題になるサービスのことです。

国内の読み放題サービスのほとんどが、月額1,500円前後、品ぞろえは雑誌もしくはコミックに限られる中、雑誌・漫画・洋書…と幅広いジャンルをカバーしながら、月額1,000円以下という圧倒的な安さを誇る読み放題サービスです。

2019年6月末現在の全作品数は、50,000冊以上。ボーイズラブ作品は5,500冊以上でした。

👉Kindle Unlimited公式サイト

 

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い

サービス名 Prime Reading Kindle Unlimited
サービス開始時期 2017年10月 2016年8月
概要 Amazon Prime会員であれば
追加料金なしで
対応アイテムを読み放題。
ただし商品数は少ない。
「Amazonプライム」
とは別展開の読み放題サービス。
国内最大級の品ぞろえ。
対応作品
ジャンル
(2019年6月時点)

雑誌
コミック

雑誌
コミック
古書
洋書
etc
長所 Amazon Prime会員であれば
無料
圧倒的な商品数
短所 作品数が少ない
今後もサービス拡大の可能性は低い
月額料金が個別にかかる
読み放題
作品数
(2019年夏時点)
約1000作品
BL作品は0冊
約5万作品
さらに日々増加中
BL作品は5,500冊以上
月額料金
(Amazon Prime年間会員の会費は
年間プラン4,900円(税込)もしくは
月間プラン500円(税込))
980円(税込)
こんな人向け 読書量少ない人 ヘビーな読書好き

 

まとめ

読み放題サービスを探しているなら、Prime ReadingではなくKindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedでは、毎月、30日間無料体験キャンペーンを行っています。

50,000冊以上の作品が無料で読めるチャンスなので、気になった方はぜひ一度お試しされてみてくださいね。

この記事を書いた人

小錦あや
小錦あや
闇の腐女子。「カーストヘブン」と「蟷螂の檻」シリーズが愛読書。屈折した愛情表現とボロボロの攻め・受けが大好物。地雷なし雑食。