永井三郎「スメルズ ライク グリーン スピリット」シリーズのネタバレ感想

コミック

永井三郎先生「スメルズ ライク グリーン スピリット」シリーズを読みました!
登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

おバカなサッカー少年×女装癖の美少年 のお話。

<あらすじ>
ド田舎の学生・三島は“ホモっぽい”からという理由で同級生からイジメられていた。
実際に男性が好きな三島は抵抗もせず、隠れてする女装だけが心の拠り所だった。
ある日、三島が屋上にいると、以前なくした口紅を持ったイジメグループのリーダー・桐野が口紅を自らの唇に塗ろうとしているところを目撃して…。

 

こんな人におすすめ

  • 「幸せな人生」とは何かを立ち止まって考えたい
  • 親子愛、恋愛について考えたい
  • ゲイとして生きる苦悩の一部を体感したい

 

ネタバレ感想

スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-A

女装が趣味の三島はオカマっぽいからという理由でイジメられていましたが、なんとイジメの主犯格である桐野も女装に興味があったことが判明します。

2人が住むド田舎では母親が水商売をしているというだけで白い目でみられるような閉鎖的な土地なので、アウティングなどできるはずもありません。

桐野は女っぽく自由に生きている(ように見える)三島を羨んでいじめていたのでした。

女装、男性が好きだという共通点で繋がり、友情を固くしていく2人の様子が、時々笑いも挟みつつ軽妙に描かれます。

個性溢れる絵柄と性癖に悩む少年たちの日々の疾走感が絶妙で、名作の香りが漂います。

スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-A
作者:永井三郎
ド田舎の学生・三島は“ホモっぽい”からという理由で同級生からイジメられていた。実際に男性が好きな三島は抵抗もせず、隠れてする女装だけが心の拠り所だった。ある日、三島が屋上にいると、以前なくした口紅を持ったイジメグループのリーダー・桐野が口紅を自らの唇に塗ろうとしているところを目撃して…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-B

アウティングに苦しむ三島と桐野の友情は高校卒業と共に消え、三島を、かつて片想いした少年に面影を重ねて襲った教師は蒸発。

次々に起こる生々しい事件、揺さぶられる価値観に吐きそうでした。

桐野母が「親として貴方の幸せを考えたら同性愛を応援できない」と泣くシーンは胸糞悪すぎて本を床に叩きつけそうになりました。

子を所有物と思っていて、泣けばこの優しい子(桐野)を支配できると無意識下で思ってるのが最悪ですよね。

「親として」「あなたの幸せを考えて」などという偽善的な言葉で子を支配し、自身の理想的な幸福を実現させるための駒にする親は多いもの…桐野母の言動は嫌になるほどリアルだな、と感じました。

柳田先生と桐野の幸福を願ってやみません…。

スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-B
作者:永井三郎
女装癖がある、同性が好き、“人とはどこか違う”…悩みを打ち明ける事で、クラスのいじめられっ子だった三島と、いじめっ子だった桐野は固い絆で結ばれる。しかし束の間の平和は、三島が社会科教師・柳田に目をつけられた事からガラガラと崩れ始める。小さな田舎町に駆け巡るウワサや、息子へ多大な期待を寄せる母の思い、その全てと対峙しながら三島と桐野、2人が導きだす答えとは―。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

まとめ

読後、言葉が見つかりませんでした。

圧倒的な世界観と喜怒哀楽のどれもが混じった大きな感情に飲み込まれて、一筋涙がツーッと流れて…。

SIDE-Bのラスト、かつて「桃源郷に行きたい」と叫んだ桐野少年は、楽しげな母親と家族の声をBGMに、最後に死んだ魚のような光のない瞳で空を見上げていました。

彼は空を飛ぶ鳥に何を見たのでしょうか。三島の母は三島自身の幸せを応援してくれたけれど、桐野は桐野だけが幸せになることを許さない母親の呪いにかかったまま死んでいくのだろうなと胸が苦しくなりました。

ド田舎の狭いコミュニティの中で生き方に苦悩する彼らを思って涙が溢れます。喜びと苦しみに満ちた青春の日々が凝縮された作品でした。

BL史に残る、感動の名シリーズです😭✨

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。