映画「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」のネタバレ感想|隠れゲイ俳優の波乱人生

映画

「アマプラ同時上映会」第12弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

ドラン監督がかつて少年時代、憧れの人気スター、レオナルド・ディカプリオに宛ててファンレターを書き送ったという自らの実体験をもとに構想した物語、「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ


隠れゲイの人気俳優と子役少年が文通する のお話。

<あらすじ>
大ヒットTVシリーズに出演し、一躍スターの座へと駆け上った、人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが死んだ。
自殺か事故か、あるいは事件か、謎に包まれた彼の死の真相をにぎる鍵は、世間で一大スキャンダルを巻き起こした、11歳の少年ルパートとの“秘密の文通”。
100通以上に渡る手紙から明かされる、華やかなスターの光と影、スキャンダラスな世界の表と裏。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る
 dTVで今すぐ見る
 U-NEXTで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • 芸能界の光と闇を感じたい
  • グザヴィエ・ドラン監督作品が気になる
  • 「私は限られた人生をどう生きるか?」、立ち止まって考えたい

 

 ネタバレ感想

2006年ニューヨーク、大ヒットTVシリーズ「ヘルサム高校」に出演し、一躍スターの座へと駆け上った、人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さで死にました。

2017年プラハ、女性ライターのオードリー・ニューハウスはジョン・F・ドノヴァンと文通をしていたルパート・ターナーという若手俳優にインタビューすることになります。
彼は11歳の頃にジョンと100通以上の手紙を交わしており、その内容はジョンの死の理由が自殺か事故か、あるいは事件かと真相を探りたい者たちの手によって本にされていました。

ルパートは二歳の頃に父が出ていき、母と二人暮らしでした。子役として成功するためにアメリカ、イギリスと転々とするも同級生たちにゲイと馬鹿にされいじめられていましたが、ジョンの番組「ヘルサム高校」に人生を支えられて生きていました。ジョンと仕事をするためにルパートは役者を目指すようになります。

ジョンは親友のエイミーと共に役者になる目標を目指してニューヨークに来ました。最初はボロアパートでの共同生活から始まり、今や豪邸を購入。順調に夢を叶えたように見える二人でしたが、ョンはゲイであることを隠して生きることと孤独感に心を苛まれていました。
親友のジミーにだけはウィル・J・ジュニアという男に恋をしていることや寂しさを打ち明けられました。

ジョンはウィルをそばに置くことによって自然と破壊的な道を選んでいました。過去の恩を押しつけたり、いつまでもベタベタとくっついてくる家族を含めた周囲の期待や喧騒が日に日に煩わしくなっていきます。
車内で抱き合うジョンとウィル。ウィルは実はジョンがホッケー選手として活動していた頃や薬でモメていた頃を知っていましたが、黙ってそばにいました。それを知った途端、ジョンは彼との関係を続けていられないと悟ります。

ルパートは授業の一環で自分がジョンと文通していることを話しますが、味方だと信じていた教師にまで創作だと嘲笑われてしまいます。さらにいじめっ子にジョンの手紙を奪われ、ルパートはこっそりと彼の家に忍び込み手紙を奪い返そうとします。
しかしそれが見つかり母からは失望したとぶたれます。その最中、マスコミから11歳の子供と文通をしていることが流出し、大変な騒ぎに。
ジョンは自分を守るためルパートとは文通をしていないとテレビで発言。ルパートはひどく傷つきます。

部屋中のポスターをめちゃくちゃに破り捨てたルパートに、母は「二度と彼に手紙を書かないで。どうせまたあなたを裏切る。そういう立場の人だから」と言います。
ルパートは母が重視していたオーディションのためロンドンに行くと学校にメモを残して失踪します。母は会議があるからとルパートのお守りはロンドンにいる別れた夫にさせようとしますが、担任教師は彼女にルパートの作文を見せます。
そこにはルパートの母への想いが綴られていました。ルパートの母は女優崩れで、息子は夢を叶えられず息子にそれを託す自分を馬鹿にしていると思い込んでいましたが、ルパートは母を親友だと、両親の溝は自分が彼女の夢を叶えられないせいだと書いていました。ルパートを迎えに行った母は雨の中彼を探しまわり、「ごめんなさい。あなたは必ず演技で成功するのよ」と泣きじゃくります。

その頃、ジョンはずっと二人三脚でやってきたマネージャーのバーバラから辞職を言い渡されます。バーバラは保身のためにルパートへの手紙を嘘だと言った彼を許せなかったのでした。
傷ついたジョンはウィルの部屋を訪れますが、部屋には彼の弟と家族がおり、さらに「君が僕を恥じている。君は君のやるべきことをやって。僕は僕の望みを分かってる。誰かの秘密の存在は僕の目指す場所じゃない」と穏やかに追い返されます。そしてジョンがずっと狙っていた役も他の人に決定します。
それからジョンの手紙は途絶えます。

その後、ルパートは役をもらい、ニューヨークに呼び戻されます。
ジョンは寂れたダイナーの厨房で孫が彼のファンだという老人に出会い、未来が分からないと嘆きます。老人は「君は過ちに気づいている。過ちを正すのは君と神の務めだ」と微笑みます。

ジョンは実家に帰り、母に花束を贈ります。母はジョンが母と自分は生涯分かり合えないと語ったことを知っているけれどあなたは自分から生まれたのよと涙を浮かべて言います。二人は仲直りします。風呂場で母とジミーとハッパを吸うジョン。母はやけにさっぱりとした彼の様子に不安になります。
それが人々がジョンを見た最後の姿になりました。

ニューヨークに帰ってきたルパートと母はホテルにいました。母はルパート宛の手紙をこっそり見てしまいます。手紙の差出人は匿名でしたが、「偽ることもパフォーマンスだが、偽る前に生きてほしい。君は素晴らしい友人だ。君に会う道を必ず見つける。今はただ眠りが必要だ ジョンより」と書かれていました。

オードリーは自殺だったのでは、でも最後の言葉には希望を感じるとつぶやきます。「望むものを手に入れて」と言う彼女に、ルパートは「もう手に入れた」と笑ってボーイフレンドと共に手を振り去っていきます。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

個人的に、グザヴィエ・ドラン監督の映像美が好きです。どのシーンを切り取っても絵になるというか。対外的にはあまり評判の良くない作品のようですが、個人的には「死」を扱っていながらも爽やかな後味で好きです。

小錦あや
小錦あや

映像はたしかにきれいなんですが、うーん。私はあまり響かなかったですね。ドラン監督作品なら、「わたしはロランス」の方が映えてて好きだったな。
なんというか、セクシャリティをオープンにしなければ幸せになれないような、そんな描き方にも見えてしまいました。

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

単純に面白かったです。この作品を観て魂が揺さぶられたかとか、新たな価値観に出会えたかというとそうではないんですが、いろんな生き方や考え方の人間がこの世界にはいて、家族という枠に無理やり押し込められたがゆえに対立することもあって…一言で言うと、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず(方丈記「ゆく川の流れ」)」、諸行無常、という感じですね。

今回3人が見た「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」は、Amazonプライムビデオ、dTV、U-NEXTで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 学割あり!国内最安の見放題サービス /
 Amazonプライムビデオ
\ 初月無料&月額550円(税込)で楽しみ放題! /
 dTV
\ 見放題作品数20万本以上! /
 U-NEXT

注意事項:視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。 また、本作品のdTV配信情報は記事執筆時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。