アニメ「ゴーストハント」のネタバレ感想|イケメン霊能者と助手のドタバタ除霊物語

アニメ

「アマプラ同時上映会」第89弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのはシリーズ累計発行部数は84万部を突破した本格ミステリーホラー、「ゴーストハント」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ


霊能者たちが怪事件を解決するお話。

<あらすじ>
「渋谷サイキック・リサーチ(SPR)」とは、渋谷一也(通称ナル)が所長を務める心霊現象調査事務所。
依頼人から持ち込まれた心霊現象を科学的に調査している。
高校生の谷山麻衣はある日、ナルの助手のリンに怪我をさせたことがきっかけでナルと知り合い、SPRでアルバイトをすることに。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • 小野不由美先生作品が好き📚
  • 霊など目に見えない不思議な存在に興味がある👻
  • イケメン霊媒師が祓う姿にメロメロにされたい😍

 

 ネタバレ感想

第1話 FILE1 「悪霊がいっぱい!?」 #1

<あらすじ>
谷山麻衣は不思議な事や怖い事が好きな高校一年生。
麻衣の学校の旧校舎は霊に祟られていると噂されていた。
噂の真相を探るために霊能者たちが呼ばれ、麻衣はひょんなことから美形だが性格の悪いゴーストハンター・渋谷一也、通称ナルの助手を努めることになる。

高校一年生の谷山麻衣は、友人たちと共に深夜の学校で怪談話をして盛り上がっていました。

彼女の学校の旧校舎は霊に祟られていると噂されており、工事のたびに死者が出るらしいのです。
噂の真相を探るために霊能者たちが呼ばれ、麻衣はうっかり助手を怪我させてしまったので、美形ながら性格の悪いゴーストハンター・渋谷一也、通称ナルの助手を努めることになります。
校長に呼ばれたのは渋谷のほかに、巫女である谷山麻衣、高野山の坊主である滝川法生、エクソシストであるジョン・ブラウン、霊媒師の原真砂子。
有名な霊媒である真砂子は「霊はいない」と言いますが、麻衣の級友で霊感が強い黒田は、「強い霊がいる」と言い張り、霊が集まったのは麻衣たちが怪談をしていたせいだと非難します。
女性の霊媒師は好不調の波が大きいのが普通らしく、ここの霊と黒田は相性がいいのではとナルは推理。

さて、本当に霊はいるのでしょうか?

 

第2話 FILE1 「悪霊がいっぱい!?」 #2

<あらすじ>
旧校舎で除霊が始まった。

トップバッターは巫女の綾子。

しかし除霊は失敗し、無人の部屋で椅子が動いたり、天井が落ちるなどポルターガイスト現象が起きる。

まず巫女の綾子が旧校舎で除霊を始めますが、除霊は失敗。

無人の部屋で椅子が動いたり、突然窓ガラスが割れるというポルターガイスト現象が起きます。
坊主の滝川は自縛霊の仕業だと言いますが、ナルは独自に調査した結果から「原因は地盤沈下だ」と断言します。
そんな中、旧校舎が激しく揺れ、一同は危機一髪で脱出。

ナルは自己嫌悪から行方をくらましますが、その後もポルターガイスト現象は止まず、麻衣は倒壊した靴箱の下敷きになってしまぃす。

 

第3話 FILE1 「悪霊がいっぱい!?」 #3

<あらすじ>
行方不明だったナルが学校に戻り、ふたたび真相究明にのりだす。
事件の関係者を一同に集めたり、麻衣やジョンに手伝わせ旧校舎に機材をもちこみ大掛かりな実験を試みたりするナル。
麻衣はナルにこきつかわれながらも実験の意味がわからずやきもきする。

行方不明だったナルが学校に戻り、ふたたび真相究明に乗り出します。
事件の関係者を一同に集めたり、麻衣やジョンに手伝わせ旧校舎に機材をもちこみ大掛かりな実験を試みたりするナル。
旧校舎での実験の結果からナルが導き出したのは、「無自覚なサイキックである黒田が自分に構って欲しくて起こした怪奇現象」でした。

 

第4話 FILE2 「人形の家」 #1

<あらすじ>
SPRでバイトをすることになった麻衣。
ある日、ポルターガイストに悩まされているという森下典子が調査の依頼にきた。
さっそく森下家に機材を設置し調査にとりかかる麻衣とナル、リン。

SPRでバイトをすることになった麻衣は、ポルターガイストに悩まされているという森下典子が調査の依頼にきました。
さっそく森下家に機材を設置し調査にとりかかる麻衣とナル、リン。さらに、滝川と綾子も除霊のためやってきました。
しかし調査を開始してすぐに家具が全て斜めになったり裏返しになったりとポルターガイストが森下家で多発。
そんな中、典子の姪の礼美が「おやつに毒が入ってるってミニー(人形)が教えてくれた。あの人(継母)は悪い魔女なの」「誰もミニーに触っちゃ駄目!」と喚き始め、ミニーを与えられる前の礼美と今の礼美は性格がガラッと変わってしまったことからも、ミニーが怪奇現象を起こす根源なのではと皆疑い始めます。
そして予想どおり、ミニーはひとりでに動きます。

 

第5話 FILE2 「人形の家」 #2

<あらすじ>
森下家を調査中の麻衣らSPRの面々は、礼美と人形のミニーが会話していることを知り、ポルターガイストの犯人がミニーだと確信する。
ところが、その時からミニーの復讐が始まり、礼美はミニーに命を狙われるようになってしまう。
調べたところ、以前からこの家の持ち主の子供が病気や事故で死んでいることが判明する。

森下家を調査中の麻衣らSPRの面々は、礼美と人形のミニーが会話していることを知り、ポルターガイストの犯人がミニーだと確信します。
礼美曰く、ミニーは家に来てから話し始めたのだそう。「家族と仲良くしない」「ミニーの言うことを聞く」などのミニーとの約束を礼美が破ると、ミニーはポルターガイストで彼女を脅していたようです。

さらに、ミニーは礼美くらいの子供たちをたくさん家来にして、家に連れ込んでいると話します。
ミニーの元の持ち主ではなく家自体に取り憑いている霊が怪奇現象を起こしているのではと予測しはじめるSPRたち。
ところが、その時からミニーの復讐が始まり、礼美はミニーに命を狙われるようになってしまいます。ミニーを燃やしても燃え残ったり、礼美が足を滑らせて池に落ちたり。
調べたところ、以前からこの家の持ち主の子供、特に7歳前後が病気や事故で死んでいることが判明します。
真砂子曰く、「この家は子供の霊を集めている」「みんなお母さんに会いたいと苦しんでいる」とのこと。ジョンがミニーの除霊をすると、今度はあっさり焼けてなくなります。
ミニーの正体はこの家の地縛霊に違いないと滝川が浄霊を行います。
すると、麻衣は居間で「トミコ」と何度も呟く女の霊を発見します。

 

第6話 FILE2 「人形の家」 #3

<あらすじ>
地縛霊の浄霊のなかで現れた黒い影。
怪奇現象で居間の床に穴があき、そこに井戸を埋めた跡が見つかる。
真砂子はここに女の霊がいると言い、何かをつかんだナルは出かけてしまう。

地縛霊の浄霊の後、居間の床に穴があき、そこに井戸を埋めた跡が見つかります。

ミニーはタチバナユキコという霊で、母親のふりをした女の霊に操られるのはもう嫌だと泣いていると真砂子は言います。

女はトミコという子供の霊を探しているようです。
残された麻衣は綾子の浄霊につきあうものの、霊にひきづりこまれ、井戸に落ちてしまいます。そこで麻衣が見たのは、見知らぬ男に娘を攫われた母親、そしてその母親が井戸に身を投げるところでした。
霊たちの恐怖にさらされるなか、戻ってきたナルは人型をトミコに見立てて浄霊するという陰陽師の技を使います。

 

第7話 FILE3 「放課後の呪者」 #1

<あらすじ>
またまたSPRに奇妙な事件が持ち込まれた。タタリに幽霊に超能力…すべて湯浅高校で起きている怪現象だ。
問題の湯浅高校へ調査に訪れた麻衣たちSPRのメンバーは、超能力でスプーンを曲げた笠井千秋という生徒が全校生徒の前で吊るし上げにあっていたことを知る。
その時、笠井は「呪い殺してやる」と捨てゼリフを吐いたと言う。

滝川は、「ある机に座ると、全員が電車に腕を挟まれ引きずられるという事故が起こる」「こっくりさんをするようになってからある生徒が奇行を繰り返すようになった」「姿は見えないのに窓をノックする音が聞こえる」などの奇妙な事件が湯浅高校で怒っていると自分のバンドのファンたちから相談を受けます。
問題の湯浅高校へ調査に訪れた麻衣たちSPRのメンバーは、超能力でスプーンを曲げた笠井千秋という生徒が全校生徒の前で吊るし上げにあっていたことを知ります。
その時、笠井は「呪い殺してやる」と捨てゼリフを吐いたそう。おかしな事件が起こりだしたのはそれからだと聞いた麻衣たちは、笠井に注目します。
笠井はかつてスプーン曲げができたものの今はできなくなっており、「呪い殺す」という台詞もとっさに出たものだと困惑気味。
真砂子は「この学校に霊はいない」と断言しますが、麻衣は居眠りをしている最中に夢の中で学校中に灯る鬼火を見ます。

 

第8話 FILE3 「放課後の呪者」 #2

<あらすじ>
笠井千秋を吊るし上げた張本人である教師の吉野が事故で入院した。
学校中の生徒が笠井の呪いのせいだと大騒ぎになるが、麻衣には笠井が犯人とは思えなかった。
一方、滝川達の除霊にも関わらず怪奇現象がエスカレートする中、一連の事件は厭魅という呪詛ではないかと疑うナル。

ナル曰く、超能力は①ESP(透視やテレパシー)とⅡPK(念力)→PKLT(静物に影響)、PKMT(動いている物体に影響)、PKST(静止した物体に影響)に分けられるのだそう。
笠井はPKSTも使えないのにPKLTを使えるとは思えないと話すSPRたち。
一方、笠井を吊るし上げた張本人である教師の吉野が事故で入院します。
学校中の生徒が笠井の呪いのせいだと大騒ぎになりますが、滝川達の除霊にも関わらず怪奇現象はエスカレートします。
一連の事件は厭魅という呪詛ではないかと疑うナル。推測通り、事件に関係のある場所からは呪詛で使われるヒトガタが見つかります。
後は犯人を見つければ事件は解決と思った矢先、真砂子が何者かに襲われ、階段から転がり落ちました。

 

第9話 FILE3 「放課後の呪者」 #3

<あらすじ>
真砂子が呪詛の標的にされ、いよいよ麻衣達にも危険が迫ってきた。
一方、ヒトガタは、笠井千秋の超能力を否定した生徒がいた場所から見つかる。
犯人が笠井を信じない生徒達を狙ったのは明らかだ。

真砂子が呪詛の標的にされ、いよいよ麻衣達にも危険が迫ってきました。
一方、ヒトガタは、笠井千秋の超能力を否定した生徒がいた場所から見つかります。
犯人が笠井を信じない生徒達を狙ったのは明らか。
しかし、なぜか産砂先生だけは笠井を庇い続けます。

そんな中、ついに麻衣にも呪詛がかけられます。

悪霊に狙われた麻衣は、助けにきたナルもろともマンホールに引きずりこまれます。

 

第10話 FILE3 「放課後の呪者」 #4

<あらすじ>
ナルはヒトガタの処分方法を示したものの、倒れてしまい病院に運ばれる。
麻衣は自分のせいでナルがケガをしたと思い心が晴れない。
一方、ナルの言うとおりヒトガタを処分した滝川達は病室のナルを訪ねる。

ナルはヒトガタの処分方法を示したものの、倒れてしまい病院に運ばれます。

一方、ナルの言うとおりヒトガタを処分した滝川達は病室のナルを訪ねると、ナルは産砂先生が犯人だという証拠をあげ連ねます。
産砂先生はかつて超能力ブームの時にもてはやされた超能力を持つ子供の1人であり、スプーン曲げができなくなった時にたまたまやったイカサマを記者にバラされたことをずっと恨みに思っていました。
かつて超能力を信じてもらえなかった経験を笠井に投影し、はじめは彼女を助けようとヒトガタを使っていましたが、しばらく経つと自分が教員としての責任を問われるようになったため、罪を笠井になすりつけて復讐をしていたのです。
イカサマをばらした記者にも同様にヒトガタで事故を起こさせていたことをナルに明らかにされ、産砂先生は自分の罪をしばらく反省すると誓うのでした。

 

第11話 FILE4 「公園の怪談!?」

<あらすじ>
ある公園で、突然、水が降ってくるというカップルだけを狙った奇妙な怪事件が起きていた。
この事件の調査を真砂子に依頼されたナルは渋々引き受けることに。
麻衣は、ナルが興味のない事件を引き受けたことから真砂子との仲を怪しむのだった。

ある公園で、突然、水が降ってくるというカップルだけを狙った奇妙な怪事件が半年間に何件も起きていました。
この事件の調査を真砂子に依頼されたナルは渋々引き受けることに。
事件の真相を調べるため公園に向かった一同はカップルとなっておとり作戦を実行します。
水を降らせていたのは、二股をかけられた上に頭に水をぶっかけられて別れた女の霊でした。真砂子に取り憑いて無念を語る霊に、段々と同情していきます。
みんなで霊の元彼に復讐し、浄霊して大団円でした。

 

第12話 FILE5 「サイレント・クリスマス」 #1

<あらすじ>
クリスマス・イブの日。
ジョンの依頼で麻衣たちは教会を訪れる。
事情があって家にいることのできない子供を預かっているその教会では時折、むかし行方不明になった少年・ケンジの霊に子供たちが憑衣されるという。

クリスマス・イブの日、ジョンの依頼で麻衣たちは教会を訪れます。
事情があって家にいることのできない子供を預かっているその教会では時折、昔行方不明になった声の出せない少年・ケンジの霊に子供たちが憑衣されるといいます。
その日もタナットという男の子がケンジの霊に憑依され朝からいなくなっていました。

無事、タナットは見つかったものの、霊に憑依されたままのタナットにリンは懐かれてしまいます。

理由は、リンがタナットの父親に似ていたからだそう。
ケンジは父親に「来年のクリスマスには迎えに来る」と言われ、施設に預けられた子供でした。

声が出せなくても活発だったケンジは、みんなとかくれんぼするために「ステッキ」という特別なルールで参加していました。まだなら一回、もういいなら何回も木の棒で叩くというルールです。
憑依された子は必ずそのステッキをしてしまうらしく、タナットもステッキをしているところを麻衣に見つけられました。
ケンジは大雨の日に水路に落ちて死んだのではと想像されていますが、遺体は今も見つかっていません。
ケンジの霊はこれまでもよく施設の子に憑依していたそうですが、最近頻繁に憑依される子が出るようになったため、ジョン経由でナルに依頼が来たのでした。
これまでのケンジはジョンに除霊されればすぐに消えていましたが、今回はリンという父親そっくりの人物がいたことでタナットから麻衣に憑依先を変えたり、ポルターガイストを起こしたりして、現世に執着するような動きを見せます。

 

第13話 FILE5 「サイレント・クリスマス」 #2

<あらすじ>
ケンジの霊に憑依された麻衣はリンにまとわりつくようになる。
リンはケンジの父親に似ているのだ。
リンは迷惑この上ないが、無愛想なリンが振り回されている光景に滝川や綾子は笑いが止まらない。

ケンジの霊に憑依された麻衣はリンにまとわりつくようになります。たまりかねたリンが冷たく突き放すと、ケンジの霊は激しく傷つき、麻衣に憑依したまま姿を消してしまいます。
ケンジがかくれんぼをするのは教会に戻りたいから。教会にいればいつかお父さんが迎えに来てくれるから。
そして、ケンジは水の中で溺れ死んだわけではなかったのでした。

高いところなら見つからないと、像の後ろに隠れていたのでした。そしてそのまま凍死してしまったのです。
ケンジの父も、ケンジがいなくなった後に仕事に出ていた先でなくなっていました。
ケンジは浄霊され、父と約束していたクリスマスに、やっと天国で再会できたのでした。
この回は…涙なしには見られませんでした…。亡くなるその時まで、ケンジは寒かったろう、辛かったろう…。声が出せなくてどんなに怖かったろう…。想像するだけで辛くなります。
どうか天国では2人、寒さもひもじさも寂しさもなく、寄り添い幸せに過ごしてほしいです。EDも雪の降る教会をただ静かに映すという、他の回とは異なる演出でした。

 

第14話 FILE6 「禁じられた遊び」 #1

<あらすじ>
「ぼくは犬じゃない」という遺書を残して坂内という生徒が自殺してから、おかしな事件が起こるようになった緑陵高校。
調査に訪れた麻衣たちは早速、黒い犬の霊に出くわす。
生徒会長の安原が調査を手伝ってくれることになったが、松山ら教師たちの管理体質と、幽霊や迷信を頭ごなしに否定し小バカにする態度に反感を覚える麻衣。

「ぼくは犬じゃない」という遺書を残して坂内という生徒が自殺してから、おかしな事件が起こるようになった緑陵高校。
調査に訪れた麻衣たちは早速、黒い犬の霊に出くわします。
生徒会長の安原が調査を手伝ってくれることになりましたが、松山ら教師たちの幽霊や迷信を頭ごなしに否定し小バカにする態度に反感を覚えるSPRたち。
そんな中、「ヲリキリ様」と呼ばれるコックリさんが学校中で大流行していたことが分かります。
そして麻衣は夢の中で坂内と出会います。

 

第15話 FILE6 「禁じられた遊び」 #2

<あらすじ>
真砂子にもはっきり霊が見えず除霊が出来ない中、火事が起こる。
松山は、「霊なんて元々いない。金儲けが目的だろう」と麻衣たちを非難し、坂内と同じように悲惨な末路を辿るだろうと言う。
そこへ黒い犬の霊が再び姿を現す。

真砂子にもはっきり霊が見えず除霊が出来ない中、麻衣が夢で見たとおり放送室で火事が起こります。
松山は、「霊なんて元々いない。金儲けが目的だろう」と麻衣たちを非難し、坂内と同じように悲惨な末路を辿るだろうと見下し、それに怒りを覚える麻衣。
そこへ黒い犬の霊が再び姿を現します。犬は霊が共食いを繰り返し、一回り大きくなっていました。その異様な姿にさすがの松山も恐怖します。
そんな中、ヲリキリ様は坂内のいた美術部から流行り始めたことが判明しますが、その矢先、麻衣は科学室に閉じ込められ失神します。

 

第16話 FILE6 「禁じられた遊び」 #3

<あらすじ>
麻衣も凶悪な霊に襲われ、事態は悪化の一途を辿るばかり。
オカルト嫌いの松山や校長は「中途半端に手を出したせいだ」と麻衣たちを非難する。
そんな中、麻衣の夢をきっかけにナルは緑陵高校の一連の事件が霊を使った蠱毒だ、と事件の真相を見抜く。

麻衣も凶悪な霊に襲われ、事態は悪化の一途を辿るばかり。
鬼火って孵化するんですね。全部で4つもいるなんて。
オカルト嫌いの松山や校長は「中途半端に手を出したせいだ」と麻衣たちを非難し、排除しようとします。
そんな中、麻衣の夢をきっかけにナルは緑陵高校の一連の事件が霊を使った蠱毒だ、と事件の真相を見抜きます。
蠱毒は呪詛の一種で、ヲリキリ様の紙が呪符として使われていたことが判明。呪符に名前を書かれた人物は蠱毒が完成すると死ぬといいます。
その人物の名前とは、松山。

 

第17話 FILE6 「禁じられた遊び」 #4

<あらすじ>
事件の真相は蠱毒という霊を使った呪殺だった。
呪殺の対象は教師の松山。
安原も坂内の遺書を引き合いに松山を非難する。

事件の真相は蠱毒という霊を使った呪殺でした。呪殺の対象は教師の松山。
ナルは事件を解決するため蠱毒を呪者である全生徒に呪詛返しを行うと宣言。
しかし、呪詛が返ったら生徒たちの命はどうなるのかと麻衣は詰め寄ります。
結局、ナルは全生徒分のヒトガタに呪いを移し、生徒たちの命を救ったのでした。

 

第18話 FILE7 「血ぬられた迷宮」 #1

<あらすじ>
ナルの師匠の森まどかから、ある屋敷で起きた行方不明事件の調査を依頼されたSPRは、美山邸を訪れる。
増改築を繰り返し、迷路のような作りの美山邸には多くの霊能者たちが集められていた。
中でも心霊研究の権威、オリヴァー・デイヴィス博士に一同は驚くやら感激するやら。

ナルの師匠の森まどかから、ある屋敷で起きた行方不明事件の調査を依頼されたSPRは、美山邸を訪れます。
増改築を繰り返し、迷路のような作りの美山邸には多くの霊能者たちが集められていました。
中でも心霊研究の権威、オリヴァー・デイヴィス博士に一同は驚くやら感激するやら。
一方、派手なことが嫌いなナルは安原を影武者にして捜査をします。
そして、麻衣たちは早速、降霊会で行方不明になった霊を呼び出しますが、「助けて」「死にたくない」というメッセージだらけなことに一同慄きます。

 

第19話 FILE7 「血ぬられた迷宮」 #2

<あらすじ>
霊能者の一人が行方不明に。
麻衣たちは美山邸の調査中、病院のものらしきコートと意味不明なメッセージが残されたお札を発見する。
そしてまどかの調査で美山邸の不穏な過去が明らかになる中、さらに行方不明者が発生。

屋敷に着いて3日目、4日目と続けて霊能者2人が行方不明になります。
麻衣たちは美山邸の調査中、病院のものらしきコートと意味不明なメッセージが残されたお札を発見します。
そしてまどかの調査で美山邸の不穏な過去が明らかに。どうやら美山邸が異常に増築されたのは「危険なものを閉じ込めるため」だそう。
2人も行方不明者が出てもなお捜査の協力を断るデイヴィスに不信感が募るSPRたち。
そして麻衣たちはさらに調査を進め、浦戸という人物の自画像を発見します。
コート、お札、自画像、これらの意味するものとは?

そして麻衣はその晩、体を拘束されて生きたまま殺されるというおぞましい夢を見るのでした。

 

第20話 FILE7 「血ぬられた迷宮」 #3

<あらすじ>
血まみれの部屋で殺される夢を見た麻衣は恐怖に震える。
ナルは美山邸の構造から邸内に「閉ざされた部屋」があることを発見。
また安原とまどかの調査で美山家の先々代、美山鉦幸と浦戸が同一人物であることが判明。

ナルは美山邸の構造から邸内に「完全に閉ざされた部屋」があることを発見。
また安原とまどかの調査で美山家の先々代、美山鉦幸と浦戸が同一人物であることが判明します。
「鉦幸氏は病弱で使用人が2人いて、毎回お手伝いさんが変わっていた。離れからは嫌な匂いがしていた」という彼らの情報を聞きながら、麻衣は自分の夢が当時のメイドの追体験だったことを知り震えます。
鉦幸=浦戸=ヴラドは、吸血鬼の意味。つまり、病弱な自分の体を疎み、若い血を浴びて健康になろうとした鉦幸の霊が今も屋敷で若者を殺しているのだとナルは推理します。
一方、2ヶ月ほど前の行方不明者が「閉ざされた部屋」で死体となって見つかり、怯えたデイヴィスは偽者であることを告白し美山邸を出て行ってしまいます。ナルもそれに同調。

 

第21話 FILE7 「血ぬられた迷宮」 #4

<あらすじ>
恐るべき浦戸の正体に、ナルは除霊はできないという。
そして事件の本当の目的は達成されたとしてナルは撤収を指示。
そんな中、真砂子が浦戸に囚われ行方不明になってしまう。

恐るべき浦戸の正体に、ナルは除霊はできないと言います。そして事件の本当の目的は達成されたとしてナルは撤収を指示。
そんな中、真砂子が浦戸に囚われ行方不明になってしまいます。
麻衣は夢のなかで囚われている真砂子を見つけ、必ず助けると約束。
麻衣は真砂子救出のため一人で「閉ざされた部屋」に向かい血だらけの部屋のなかで真砂子を見つけますが、浦戸の霊に見つかってしまいます。

どうにか逃げ切ったSPR一行は、屋敷ごと燃やすことを提案してその場を後にするのでした。

 

第22話 FILE8 「呪いの家」 #1

<あらすじ>
代替わりの時に必ず多くの人が死ぬという老舗料亭の吉見家で当主が死んだ。
吉見家は悲劇を繰り返したくないとSPRに調査を依頼する。
そして麻衣たちが調査のため吉見家を訪れた早々に事件が起きる。

代替わりの時に必ず多くの人が死ぬという老舗料亭の吉見家で当主が死に、孫娘の背中に焼きごてで押しつけたように恐ろしい戒名が浮かび上がります。
吉見家は代替わりのたびに起こる悲劇を繰り返したくないとSPRに調査を依頼します。
そして麻衣たちが調査のため吉見家を訪れた早々に事件が。

娘婿の栄次郎が霊に憑依され家族に襲い掛かったのです。
なんとか栄次郎をとり押さえたものの、綾子の除霊は失敗。

栄次郎から抜け出た霊はナルに憑依してしまいます。

 

第23話 FILE8 「呪いの家」 #2

<あらすじ>
ナルに憑依した霊の正体を探る中、入り江に立ちのぼる幻想的な白い光がモニターに映る。
麻衣が夢でみた神社、崖の下の霊の集う洞窟、駆け落ちの伝説がすべて存在―!
これらの夢の意味するものとは一体!?

ナルに憑依した霊の正体を探る中、入り江に立ちのぼる幻想的な白い光がモニターに映ります。

それは麻衣が夢でみたものと同じでした。
他にも夢でみた神社、崖の下の霊の集う洞窟、駆け落ちの伝説がすべて存在しており、真依は既視感を覚えます。
そんな中、吉見家では毎晩家族を殺す夢にうなされるがあまり自殺を図った靖高が発見され、克己と和歌子までもが霊に憑依され、家族の死を望んでいました。

 

第24話 FILE8 「呪いの家」 #3

<あらすじ>
行方が分からなくなっていた奈央が死体となって洞窟で見つかった。
真砂子が霊媒で奈央の霊を呼び出すが死因を聞き出せない。
一方、霊に憑依された和泰は眠っているナルを襲うが、麻衣たちに阻止される。

行方がわからなくなっていた奈央が死体となって洞窟で見つかりました。真砂子が霊媒で奈央の霊を呼び出しますが、死因を聞き出せません。
一方、霊に憑依された和泰は眠っているナルを襲いますが、麻衣たちに阻止され自殺します。
調査に合流した安原の報告でこの地に伝わる伝説や歴史が明らかになり、麻衣たちは真相に近づきます。

一揆の首謀者五人が村人に差し出されて死んだのが六部塚の由来、そして吉見家の人々を呪っていた元凶のようです。
SPRの面々は真実に近づいてきたものの、凶暴になった死霊が麻衣たちを襲います。

 

第25話 FILE8 「呪いの家」 #4

<あらすじ>
次々と襲い掛かってくる死霊に麻衣たちは絶体絶命になるが、滝川の活躍でなんとか一命をとりとめる。
真砂子の霊視により吉見家の人たちに憑いていたのは使役霊と判明、綾子の浄霊が成功し吉見家周辺の霊は浄化されるが、綾子は「霊ではない、もっと大きな力がある」という。
綾子の浄霊によりナルに憑いていた霊も浄化。

次々と襲い掛かってくる死霊に麻衣たちは絶体絶命になりますが、滝川の活躍でなんとか一命をとりとめます。
真砂子の霊視により吉見家の人たちに憑いていたのは使役霊と判明、綾子の浄霊が成功し吉見家周辺の霊は浄化されますが、綾子は「霊ではない、もっと大きな力がある」と言います。
綾子の浄霊によりナルに憑いていた霊も浄化。目を覚ましたナルによってすべてが明らかとなります。
霊を使役する者の正体とは、「おこぶ様(恵比寿)」でした。

吉見家のせいで自分を祀る塚が分断されてしまったことで怒り、祟っていたのです。
人間には強すぎる力を持つナルはずっと己の力を秘めていましたが、おこぶ様を成仏させるために全力を使い、瀕死になります。
しかし最後は全員元通りに。大団円でした。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

私は「サイレント・クリスマス」のケンジが最推しなので、ケンジとパパの生存ifを妄想して心を慰めたいと思います…ケンジ…ケンジ…🤦‍♀️

小錦あや
小錦あや

やはりリン×一也(ナル)カプが激アツですね…従者×御曹司の歳の差LOVE…☺️✨

ジョンもかわいくて最高でした〜!変な関西弁が愛おしい!

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

小野不由美先生っぽい、じめっとした日本の田舎のホラーでした(もちろん褒め言葉です)

自分の年齢的にリンあたりの目線で登場キャラを見てしまうので、麻衣もナルも無茶するな〜とハラハラしどおしでしたw

今回3人が見た「ゴーストハント」は、Amazonプライムビデオで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 今なら30日間無料体験できる! /
 Amazonプライムビデオ

注意事項:Amazonプライムビデオの視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。