マットのお手製シナモンロール(J・L・ラングレー「狼の見る夢は」)

BL飯

J・L・ラングレー「狼の見る夢は」に登場する、マットのお手製シナモンロールを作りました!😋❤️

作品の舞台、アメリカで人気の高いレシピを参考に作っています。

材料や作り方、作る時の裏ワザやコツなども紹介します!😆✨

マットのお手製シナモンロールとは?

マットのお手製シナモンロールは、J・L・ラングレー「狼の見る夢は」に登場します。

マット(基本的に受け)は大学に進学するにあたり、知り合いのオーブリー(基本的に攻め)の家に居候することになります。(※本作はリバです)

居候をして初めて迎える朝に、マットが朝食としてシナモンロールを作るシーンがあり、今回はそのシーンを再現してみました。

マットが作ったシナモンロールは、結局あれこれあって焦げちゃうのですが、それも含めてマットののびのびしたかわいさが伝わってくる、大好きなシーンです😆❤️

 

材料(6ロール分、2〜3人分)

こちらのレシピを参考にしました👇

The Best American Style Cinnamon Rolls
Homemade cinnamon rolls are the best! Each step of the recipe is easy to follow and these Cinnamon Rolls are 100% worth the effort.

シナモンロール生地

  • ぬるい牛乳(熱いのは×)…120ml
  • ドライイースト…6g
  • 室温に戻した卵…1
  • グラニュー糖…50g
  • 塩…2.5g
  • 溶かしたバター…38g
  • 中力粉…315g

生地の中に巻き込むもの

  • てんさい糖…105g
  • シナモンパウダー…7g
  • 柔らかくしたバター…56g

生地にかけるもの

  • かける用生クリーム(脂肪分36%以上)…60ml

クリームチーズフロスティング

  • 粉砂糖…100g
  • 柔らかくしたクリームチーズ…100g
  • バニラエクストラクト…2.5g

 

作り方

1.生地の材料を混ぜる

温めた牛乳、ドライイーストを混ぜる。

卵、砂糖、塩、溶かしたバターをミルクに入れてゆっくり混ぜる。

少しずつ小麦粉を加えて混ぜる。

2.生地を5分間休める

生地を休める時は、なるべく温かいところ(30度〜40度)がおすすめ。濡らしたふきんで生地を入れたボウルを覆い、休める。

3.生地を10分間こねる

4.生地を30〜60分間休ませる

生地がちょうど倍増するまで3060分間置いておく。生地があまりに大きくなり過ぎないよう要注意。電子レンジに発酵モードがあればそれを使おう。

5.生地に巻き込むパウダーを作る

てんさい糖とシナモンパウダーをかき混ぜる。生地に塗るバターも切っておく。

6.オーブンパンにバターを塗る

生地を入れて焼く容器(オーブンパン)に、バター(別量)を塗り、おいておく。

7.生地を伸ばす

生地に指を突き入れてみて、穴がぽっかり空いたらいい頃合い。

優しく生地をこねて、生地から空気を抜く。打粉をして生地を大きな長方形(30×38 cm)にする。厚さは1.5cmくらいを目安に。

8.生地の表面全体にバターとパウダーを広げる

まず最初に、生地の表面全体にバターを広げる。

その後、バターの上にシナモンと砂糖をまぜたものを均等に振りかける。

9.生地を丸める

生地を丸める時は、しっかり丸める!!

ゆるく巻いてしまうと、中に巻き込んだパウダーがぼろぼろこぼれ出てくる。

10.生地を6等分し、オーブンパンに置く

ナイフで生地を6等分し、オーブンパンに置く。

11.生地を20分間置く(発酵)

オーブンパンに置いた生地をまた暖かい場所で20分間発酵させる。オーブンを190°Cに予熱(オーブン板も一緒に加熱したほうが加熱しやすくて良い)する。

👇これは発酵しおえた生地。発酵前の生地とくらべると生地がふっくらしているのが分かる。

12.生クリームを生地の上から注ぐ

生クリームを膨れた生地の上に注ぎ入れる。底の方にクリームの層ができれば大丈夫。

13.生地を20分間焼く

ロールを20分間焼く。焼き始めて約12分経ち、ロールが上にきれいに褐変している場合は、最後の8分間、温度を175°Cに下げる。

オーブンからシナモンロールを取り出したら、ワイヤーラックで冷却する。

シナモンロールを切ってみて、ナイフに生地が貼り付いている場合は、さらに35分間オーブンで焼く。

14.チーズクリームフロスティングを作る

シナモンロールを冷やす間に、チーズクリームフロスティングを準備する。材料をクリーム状になるまで混ぜ合わせる。

15.完成!

 

感想

焼き立てver

うっっま!!!!!

作ってる時は「こんなに間に砂糖入れて大丈夫…?」って不安だったんですが、食べてみたらちょうどいい塩梅でした😋❤️

ふかふかのパン部分とシナモンシュガー(特に溶けてとろっとしたやつ)が、すごく合います。濃厚。パンに合うな〜!!

シナモンのつんとした香りが、たまらなくオシャレ🎵

渦の中央部分に行くほど、甘みとシナモンの味が強くなります。いっぱいシナモンシュガーが詰まってるんだな。

一番外側はパン要素が強くて甘みが少ないから、外側と中心部分を同じくらいの割合で食べ進めていくと良さそうです👌✨

冷めたver

冷めてもおいしい…すごい…。

一番感動したのが、冷めたシナモンロールの塊を切りわけた時に、ふわっとパンの香ばしさが立ち上ること!!すごくない!?焼きたてじゃないのにだよ…!

食べてみると、シナモンシュガーがじゃりじゃりしていて、これはこれで面白い食感。でもやっぱり、熱々…ふかふかのパンととろとろのシナモンシュガーの方がおいしいかも。

クリームチーズあり

ねっとり濃厚!

甘いけど酸味もあります。乳酸菌飲料みたいな味がします🐮🥛

ホワイトチョコを食べた後みたいなねっとり感があるなあ。不思議。

クリームチーズフロスティングありだと、口の中がその味でいっぱいになるから、コーヒーとかと一緒に食べるのがおすすめです☕️

一口一口をさっぱり新鮮な味で食べられるよ!

しかし、クリームチーズフロスティングをつけると味の複雑さが段違いだな…。すごい😳

シナモンロールと食べると、クリームチーズフロスティングの濃厚で乳っぽい味がいい甘味とアクセントづけになってとても良いです。

クリームチーズなし

甘さ控えめが好きな人は、クリームチーズフロスティングなしがよさそうです。

味の複雑さ、お菓子感がなくなり、主食感が強くなります。パン部分の主張が強くなる💪🍞🔥

 

結論、「焼き立てで、クリームチーズフロスティングありが一番おいしい」!!

皆さんもぜひ作ってみてください〜😆❤️

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。