キヅナツキ「ギヴン」シリーズのネタバレ感想

コミック

キヅナツキ先生「ギヴン」シリーズを読みました!
登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

バンドに青春を捧げる高校生と大人たち のお話。

<あらすじ>
好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。
上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。
ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって―。

 

こんな人におすすめ

  • 「ギヴン」シリーズが好き!
  • キヅナツキ先生の描く、ヒリヒリした青春のきらめきを浴びたい!!
  • 音楽と友情と恋と人生と…悩み迷う高校生たちにときめきたい😭✨

 

ネタバレ感想

ギヴン1

才能と実力はあるのに惰性でギターを弾く立夏(攻め)が、突然「ギターを教えて」と不思議ちゃんな真冬(受け)に頼まれて物語が始まります。

気怠げな立夏が、真冬の美しい歌声に心動かされて情熱を取り戻していく様にワクワク☺️🎵

ギヴン(1)
作者:キヅナツキ
好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって―。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

ギヴン2

真冬の元彼の死因が真冬の捨て台詞だったという衝撃の事実が明らかになる一方、初ライブ直前なのに真冬が担当する新曲の歌詞が未完成…などメンバー間の雰囲気は険悪に。

初ライブでの真冬の圧巻の歌声!!

紙越しにもその破壊力が伝わる号泣必至の名シーンでした😭✨

ギヴン(2)
作者:キヅナツキ
初めてのライブに向けて、走り出したバンド。作詞を試みるも、言葉が見つけられず歌詞を書けないままの真冬。真冬の過去を知り、自分の気持ちに戸惑う上ノ山。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

ギヴン3

ライブをきっかけに、インスタバンドでなく本格的にバンド活動を始める5人。

あの恋が最初で最後だったと覚悟を決めて生きるのも正解だし、あれは若き日の悲しい恋だったと時間と共に記憶を薄れさせていくのも正解…どんな恋のあり方にも不正解はなくて、だからこそ悲しかったです。

でも、真冬が過去の恋に別れを告げ、次の曲を立夏と作ろうと踏み出す姿に、時間の流れと真冬の成長を感じて涙🤦‍♀️

秋彦さんら大人組の恋も動きだし、ああ、時は流れていくのだなあと無情な気持ちになりました。

春樹の長髪の理由が明らかになり、意外と(?)乙女な春樹にときめきました❤️

ギヴン3
作者:キヅナツキ
高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声を偶然聴き衝撃を受ける。上ノ山は梶 秋彦や中山春樹と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させ、ライブ出演を目指して曲作りを始めたが、真冬が担当する歌詞がなかなか出来上がらなかった。だが、ライブ当日、真冬はふっきれたように想いを曲にのせて歌い、ライブは成功を収めて…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

ギヴン4

天然プレイボーイの秋彦は、天才ヴァイオリニストの雨月という元彼(現セフレ?)と共依存状態にあることが判明…!!

雨月の存在・秋彦と彼の関係も衝撃だったんですが、それ以上に秋彦が春樹からの好意を随分前から知っていたことが衝撃でしたw クソッこれだからモテ男はw

春樹が自分にずっと片想いしていると知りながら、差し伸べられた手を跳ね除け、雨月と喧嘩した鬱憤ばらしのようにセックスするくだりはしんどかったです😢

雨月との関係は不毛だと分かりつつも、逃れられない…たくさんの人から求められているように見える秋彦の中にあるうつろな部分は、雨月にしか埋められないのかなと切なくなりました。

お兄さんペア、これからどうなることやら。

恋と音楽と人生と、さまざまなものが交わり別れてゆく、激動の巻でした📕

ギヴン(4)
作者:キヅナツキ
フェス出場を目指して、審査と新曲作りに明け暮れる中、春樹(はるき)は若い真冬(まふゆ)や上ノ山(うえのやま)の才能に圧倒される。息苦しさを感じた春樹は、メンバーに隠れ元カノのバンドのサポートを受けてしまう。だが、春樹が密かに想いを寄せる秋彦(あきひこ)がそれに気づき…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

ギヴン5

流れで同棲する、春樹と秋彦。

秋彦は徐々に音楽への情熱を思い出し、雨月への未練も吹っ切ります。

フェス出場をかけたライブ予選、雨月たちは真冬の歌に心動かされそれぞれの道を歩き出しました。

圧巻のライブシーン、秋彦の春樹への告白シーンに号泣させられます😭✨

ギヴン(5)
作者:キヅナツキ
フェス出場をかけた二日間のライブ予選がはじまった。秋彦と春樹と雨月の軋んだ恋と、フェス予選。すべてが真冬の歌に引き寄せられるー!!
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

ギヴン6

立夏姉の「傷つけるんじゃなくてわかってあげたかった ごめんね」の必死な表情、すごくグッときました。

そして、春樹姉(陽キャ)の懐の深さいい〜!!!😂❤️

本編がシリアスなだけに、間に挟まる4コマ漫画はテンポのいいギャグなのが心地いいです❤️

シズのおかん感、柊の普段は俺様だけどどこか脆さがあるところががっちり噛み合ってる感じ、めちゃくちゃ好きです。

そして、シズから真冬への「一緒に生きてく覚悟か執着がないならやめとけ」、ここの目力の強さにシズの覚悟を感じますね…。

シズは「俺は全てを捨てても柊についていくぞ」とすでに決意を固めてるんですね。

真冬への厳しい目と言葉(欲しいもの(柊)のためになりふり構っていられない 人生くらい捨てられる お前、いい身分だなあ、)と、柊への、音楽の才能があって素直で脆くて眩しい 汚したい っていうドロドロした感情がまたすごくいいです。

4コマで描かれてた文化祭のみんな、かわいかった〜!!ドキドキハラハラする展開が続く本編の中で、一服の癒しでした😚❤️

シズから真冬への、ストレートなアドバイスは今後のバンド「ギヴン」のあり方にどう影響してくるのか?

続きが楽しみです!!

ギヴン(6)【電子限定おまけ付き】
作者:キヅナツキ
フェス出場は逃したものの、バンド「ギヴン」にプロへの誘いがかかる。真冬とバンドをやり続けることに迷いのない立夏は、当然のように真冬を誘うが、真冬は返事を保留。納得のいかない立夏に、真冬の幼馴染み・柊がギターのサポートを依頼してきたが、頼まれたのはサポートだけではなく…!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

まとめ

キヅナツキ先生は、若者同士のヒリヒリした対立シーンの描き方が本当に魅力的だと思います。

苦しいことが多い人生の中で、時折差し込む光に私たちは希望を見出して生きています。

「ギヴン」の登場人物たちにとって、それは音楽でした。

音楽に関わったことで自死を選びたくなるような苦しみと同時に、生まれてきて良かったと思うような出会いや瞬間がある。だからやめられない。

きっと誰もが一度は体感したことがあるであろう、何かとの出会いの喜び・感動がエモーショナルに描かれていて、心を大きく揺さぶられます。

今まさに音楽をやっている人だけでなく、人生に悩み惑っている全ての人が共感できる名シリーズだと思います。

音楽モノ、男子高校生モノは苦手…という方も、ぜひ読んでみてほしいです!

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。