映画「リリーのすべて」のネタバレ感想|世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの伝記ドラマ

映画

「アマプラ同時上映会」第130弾!

当サイトの運営者3人が、Amazonプライムビデオでアニメやドラマ・映画を同時視聴する企画です🎬✨

今回観るのは、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ「リリーのすべて」

早速見てみましょう!

登場人物とあらすじ


世界で初めて性転換手術を受けた男性 リリー・エルベ のお話。

<あらすじ>
1926年 デンマーク、風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。
それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。
ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。

 Amazonプライムビデオで今すぐ見る
 U-NEXTで今すぐ見る

 

こんな人におすすめ

  • エディ・レッドメインが好き!
  • 心と体の性別が違う違和感、苦悩を体験したい
  • 自分の思いのままに生きる喜びと葛藤を感じたい

 

 ネタバレ感想

1926年のデンマークの首都コペンハーゲン。肖像画家のゲルダ・ヴェイナーは、風景画家の夫・アイナーと暮らしていました。
ゲルダの画家としての名声はアイナーに及びませんでしたが、日々精力的に創作活動に没頭しています。

ある日、ゲルダが制作中の絵(女性ダンサーのウラ)のモデルが来られなくなり、アイナーに脚部のモデルを頼みます。そこで女性のタイツを初めて履いたアイナーは、不思議な陶酔を覚えます。

ゲルダは冗談でアイナーを女装させ、「リリー」という名の女性として知人のパーティーに連れて行きますが、リリーがヘンリク・サンダールという男にキスされているところを見てしまいます。ゲルダはもうリリーにはならないでと怒りますが、アイナーはリリーになる未練を断ち切れません。

アイナーは女性の肉体になりたいという欲望が日に日に募っていき、度々リリーになってはヘンリクと密会を続けていました。しかしある時、「リリー」ではなく「アイナー」と呼ばれ動揺します。
ゲルダはリリーをモデルとした絵を描き、画商から評価を受けます。個展を開くだけでなくパリのギャラリーが代理人になることも決定します。

アイナーはリリーの姿のまま、ヘンリクと会っていたことを泣きながらゲルダに告げます。また、リリーとなる前にハンスとも一度だけキスをした過去を暴露します。
話しながら激しい腹痛に襲われ、鼻血が出て卒倒するアイナー。

アイナーはゲルダに医者のもとに連れて行かれ、股間に放射線治療を受けさせられます。アイナーの中のリリーは傷つきますが、医者は「アイナーは心を病んでいる(性的倒錯である)」と断言したためゲルダは医者に反抗し、治療をやめさせます。

ゲルダはアイナーをパリに連れて行き、そこでもまた彼を医者に診せます。ゲルダはアイナーに男としての肉体関係を迫りますが、彼は怯えて彼女を拒絶します。
やがて、アイナーは絵を描くことかできなくなってしまいました。

パリにはアイナーの幼馴染みの画商・ハンスがおり、ゲルダはアイナーに彼を引き合わせようとしますが、アイナーはリリーの姿でハンスに会います。

ハンスはリリーの姿を見て一目でアイナーだと気づいていました。ゲルダは自分の前では男でいるようにアイナーに強要しますが、彼はゲルダにナイトドレスを貸してくれるよう頼み、「毎晩リリーの夢を見る」と告白します。

個展を開いた日のパーティーで、ゲルダはハンスに再会します。ゲルダはハンスから食事に誘われますが、「まだアイナーの妻よ」と断ります。

ゲルダは「アイナーに、夫に会いたい」と言いますが、リリーは「会えない」と悲しげにその願いを却下します。彼女の悲しげな様を見て、リリーはアイナーに戻りますが「君の望むものはあげられない。このままやっていくのは無理だ」と話し合います。
その晩、ゲルダはハンスに会いに行き、彼とキスをします。

もう支えていく自信がないと言うゲルダに、アイナーはそれでも愛しているから答えを見つけたいのだと返します。
アイナーは図書館で男性性について改めて考えようとしますが、帰り道に「お前は男か?女か?」と絡んできた男たちに殴られ血塗れになります。
アイナーはその足でハンスに会いに行き、アイナーを殺したいと思っている心情を吐露します。ハンスはいい医者を探してやるから努力してみろと言います。

アイナーは数人の医師にかかりますが、「精神分裂」や「自己同一性障害」など精神疾患という診断しか下されませんでした。
ゲルダは心の病気じゃない、私がアイナーを女装モデルにさせたせいだと言います。

しかし、ウラに紹介されたヴァルネクロス教授は「アイナーの言うことは正しい」と言い、先例のない性別適合手術(男性機を切除後、膣を形成)の存在を告げ、アイナーは手術を受けることを決断します。ドレスデンへ発つ彼についていくアイナー。

ゲルダは苦しみながらも自らもドレスデンへ飛び、手術するアイナーに付き添います。手術を終えると、2人はデンマークの家に戻ります。
リリーは百貨店で香水販売員の仕事に就き、充実した日々を過ごします。

リリーは男性と結婚したい、普通の女のように妊娠したいと思うようになります。ヘンリクと再会し、リリーは本当のことを話します。そして徐々にアイナーの頃の習慣を押し付けてくるゲルダを疎んじるようになります。

ヘンリクとデートしているリリーを見つけ、失望するゲルダ。ヘンリクは同性愛者だからただの友達だとリリーは言い、今週膣を作る手術を受けるとゲルダに宣言します。
ゲルダはリリーの体を心配し喧嘩しそうになりながらも、やはり手術に付き添います。ゲルダを心配し、ハンスもついてきます。

術後、出血がひどく危険な状態だと教授に告げられたゲルダ。どうにか意識を取り戻しますが、外でゲルダと雑談をしている最中に死んでしまいます。

ゲルダはハンスと共にアイナーの生まれの故郷の景色を巡ります。その最中、リリーからもらったストールが飛んでいきますが、ゲルダはそのまま飛ばします。

リリーの日記が元になり、1933年「男から女へ」という本が出版されました。本作は今もなおトランスジェンダー活動を鼓舞し続けています。
そしてゲルダは生涯、リリーの肖像画を描き続けました。

 

まとめ

たこわさ
たこわさ

観賞後、何とも言えない…哀しくも幸福な感情が残りました。

リリーは「体も女になって幸せになる」という道半ばにして死んでしまいました。それは不幸以外の何ものでもありません。

けれど、彼女が生きている間に心の中の女・リリーに気付けたこと、彼女を時に攻撃しながらも最後は支えてくれるゲルダという存在に出会えたことは幸福であったと思えます。

彼女の生き様は日記を通して、今もなおトランスジェンダーの人々に勇気を与えている、そのことを彼女が知ったらどんなに喜ぶだろうと涙が溢れました。

完全に実話ではないそうですが、映像美と共にエディ・レッドメインの演技も素晴らしく、文句なしの名作でした。

小錦あや
小錦あや

言いたいことをたこわさが全部言ってくれたのですが(笑)、敢えて言うならば「自分の中にもう1人の自分がいて、その人格を殺したいとさえ思う」という感覚…それが彼女にとって、どれほど苦しいものだったろうと観ながら胸が痛かったです。

ありのままの自分を、愛している人も周囲のみんなも受け入れてくれない。完全な孤独の中でよくぞリリーはリリーになろうと決意したと、彼女の勇気に私は感動しました。

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ

リリー姿のエディは艶かしく、まるで本当に女性のようでした。日常のなんでもない仕草がいかにもたおやかで、女性的なんです。どれほど研究してこの演技を作り上げたのだろうと感嘆しました。

そして、心と体が別の性別だという苦悩や憔悴を本当に見事に表してくれました。見ているだけで、自分もリリーになったような気持ちになるような没入感がありました。

エディなしではこの名作は完成しなかったと思います。全ての人に見てほしい、愛と人生について深く考えさせられる物語です。

今回3人が見た「リリーのすべて」は、Amazonプライムビデオ、U-NEXTで無料視聴できます。

ぜひチェックしてみてくださいね〜☺️✨

\ 学割あり!国内最安の見放題サービス /
 Amazonプライムビデオ
\ 見放題作品数20万本以上! /
 U-NEXT

注意事項:視聴可能タイトルは予告なく変更もしくは終了する場合があります。本サイトでは紹介しているアニメや映画の内容についての責任は持てません。タイトルの有無や価格などついては、タイトルページおよび購入確認画面での表示をご確認ください。