映画「海辺のエトランゼ」のネタバレ感想

映画

沖縄の離島を舞台に小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描く、映画「海辺のエトランゼ」を観ました!

 

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

小説家を目指す青年を好きな、天涯孤独の青年 のお話。

<あらすじ>
小説家を目指す青年・駿は、海辺の少年・実央に思わず声をかけた。
それをきっかけに、 実央も駿のことを意識し始めるが、彼は島を離れなくてはならなかった。
「はやく大人になりたい」と言い残し、実央は去っていく。

 

こんな人におすすめ

  • 沖縄の美しい風景を堪能したい🌺
  • 飯テロされたい!!🍛✨
  • 同性愛差別に苦しむ青年たちの淡い恋にジレジレしたい💘

 

ネタバレ感想

料理が美味しそう…!!焼きたての餃子食べたいよー!!🥟

そして、駿くんコミュ強〜😂✨
ちび実央くん超かわいいです。カニカマ丼を食べる実央くんから漂うジブリ臭…!

実央くん、お母さんが亡くなってすごくアンニュイな美男子になりましたねえ。

駿くん、ゲイなんですね。ふむ、小説家なのか。

実央くんは自分が悪いと思ったらすぐに謝れるいい子だなあ。

おお〜3年後!実央くん育ちましたねえ!!

実央くんの「一緒にいたいから戻ってきたよ」にグッときました😭
3年前は駿くんがぐいぐい攻めてたのに、今は受け手になっているw

ちょっと!!駿くん「お前ってほんと何も考えてねーよな」「僕ちゃんモテモテ〜」「普通にしてたら女にモテるのにもったいねえよな〜」とか嫌な感じ…😡💢

実央くんが自分のこと好きって知っててあんな言い方するんですもんね。

ちび実央くんかわいいなあ…無邪気で幸せいっぱいで、泣きたくなります。

実央くんの「俺が帰ってきて迷惑だった…?」「俺が欲しいのは彼女じゃないよ!」に号泣です。ほんとだよ、実央くんは駿くんが好きで戻ってきたんだよ!!!

キャーーーーーー!!!!!えっちーーーー!!!!!2人でホテーール!!!!

駿くんも実央くんも女性経験はあるけど、男性経験はないのか。

セックスしよ!!って意気込んで、先に寝られて「ばか!!」って怒る実央くんかわいい…///

元婚約者!?桜子さんめっちゃセックスの有無でマウント取りますやん…。

ええええ!?!?駿くんは長いこと実央くんを好きだったんですね。
ゲイであることを理由に勘当されたのか…嫌な実家ですねえ。

実央くん、夢の中でお母さんに会ってたのか…。ちび実央くんがお母さんに抱きついて「お母さん、だーいすき!」って言うのに泣きました🤦‍♀️

実央くんんんんんん!!!!!!wwww
桜子さんがねだったキスを横取りwww

ほんとだよ駿くん…ねだられるまま女にキスするつもりだったとか最低だわ…。

実央くんの涙めっちゃ綺麗だ…😭泣き虫な実央くんが可愛くてたまらんです。
裸で抱き合う2人が綺麗すぎる…駿くんはネコか!うう〜かわいい〜駿くん綺麗だし、実央くんかわいいし。

ゲイ、同性愛、ハグ

駿くんが泣きながら言う「いつか好きな人と抱き合えたら…そんなことできないと思ってた」ってモノローグがしんどいです。嗚咽しました🤦‍♀️
うーん、実央くんは限りなくノンケ寄りのバイなのか。いつ崩れてもおかしくない、危うい関係ですね…。

 

まとめ

沖縄の風景が綺麗なBL映画でした。
ただ、「男を好きなんておかしくないよ」が決め台詞なのが、何十年前の話?この話ってそれが主題じゃないでしょ?って思わせられました。LGBTQ+が当然という現代の風潮に逆行してますよね。
これがBL専門レーベルの映画第一弾なんだから、なんだかなあ…この映画の作り手は、ファンやゲイの方々にどう受け取られるかを考えずただの金儲けの手段としか考えてないんだなあとはっきり感じさせられました。
絵は原作に限りなく近かったので、紀伊先生ファンは絵を中心に楽しまれることをおすすめします。
映画を見て原作が気になった方は、原作はもっとリベラルな視点で描かれているので安心して読まれてください。

海辺のエトランゼ
作者:紀伊カンナ
小説家の卵でゲイの橋本駿(はしもとしゅん)は、物憂げに過ごす高校生・知花実央(ちばなみお)が気になりナンパめいた声をかける。日に日に距離を縮めた2人だったが、実央は島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と駿に迫る。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

春風のエトランゼ(1)
作者:紀伊カンナ
小説家の駿(しゅん)は、沖縄の離島で出会った年下の恋人・実央(みお)を連れて、故郷の北海道へ向かっていた。かつて、幼なじみとの結婚式をゲイだと言って逃げ出して以来、駿は実家とは絶縁状態でいたが、父親が病気だと聞き、一度帰ることを決意した。駿にとっては気まずい帰省だったが、親を亡くした実央には―。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

春風のエトランゼ(2)
作者:紀伊カンナ
若手小説家の駿(しゅん)は、父親の体調不良を知り、同性の恋人・実央(みお)を連れて何年も音信不通にしていた実家へ戻った。離れに住むことになった2人は、風変わりな実家生活を始めるが、養子の“弟”ふみにベッドシーンを見られてしまう。桜子の助けで言い訳の機会をもらうも、駿は事実をそのままふみに伝えてしまって…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

春風のエトランゼ(3)
作者:紀伊カンナ
小学生の義弟・ふみの授業参観に行った駿と実央。そこで駿は、かつての想い人である同級生・和田に再会する。駿が動揺する一方で、実央はひょうひょうと振る舞う和田と不思議と親交を深めていく。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

春風のエトランゼ(4)
作者:紀伊カンナ
駿の実家・橋本家に実央が居着いて5年。駿は小説家を休業し、実央は車の整備工をしながら元気に暮らす日々。ゆるく街公認のカップルとなった2人だったが、倦怠期ぎみの日々にお互い「おや…?」と疑問を持ち始めていた。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

逆襲のゆりこ
逆襲のゆりこ
光の腐女子。たなとさん「あちらこちらぼくら」、重い実さん「アホエロ」など、ほっこり~ギャグエロが好き。来世は、両想い前から無自覚にいちゃつく男子が通う学校の壁になりたい。