アレクサンドル・ヴォイノフ「SKYBOUND」のネタバレ感想

小説

アレクサンドル・ヴォイノフ「SKYBOUNDを読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


ドイツ軍少尉(パイロット)と整備員のお話。

<あらすじ>
1945年のドイツ軍、飛行機の整備兵のフェリクスはエースパイロットの少尉にあこがれの眼差しを向けていた。

そんなある週末、フェリックスは少尉の故郷に誘われ甘い、週末を共に過ごすが―。

 

こんな人におすすめ

  • 戦う男の物語が好き
  • 戦争モノの悲壮感や戦々恐々とした雰囲気が好き🔥
  • 禁忌感、背徳感にゾクゾクしたい🥺

 

ネタバレ感想

いつ死んでもおかしくない2人が、死を覚悟した上で静かに愛を打ち明け合うシーンに号泣しました…🤦‍♀️

山深い夜の静けさ、立ちのぼる高貴なコニャックの香り、古寂びたピアノがまるで目の前に見えるようで、胸が締めつけられます。

はああ、余韻がすごい…まるで何時間も映画を見た後のような読後感…。

すごかった…よかった…と、呆然としています。

戦後、2人はきっと幸せに暮らしたと私は信じている…。

ヴォイノフさんは戦争をテーマにしたM/Mロマンス小説をいくつも書かれているようなので、他作品も読んでみたいです📚

あっ、死ネタじゃないので、ハピエン好きも安心して読めます!!👍✨

 

まとめ

尾上与一先生「1945シリーズ」好きには、特にオススメしたい作品です。

WWⅡ、敗戦直前のドイツが舞台。

戦禍が続く地獄のような日々の中、ひっそり愛を確かめ合う2人に涙が溢れました。

短編とは思えない重厚なテーマ、繊細な心理描写に心奪われる名作🇩🇪

SKYBOUND
作者:アレクサンダー・ヴォイノフ
1945年のドイツ軍、飛行機の整備兵のフェリクスはエースパイロットの少尉にあこがれの眼差しを向けていた。そんなある週末、フェリックスは少尉の故郷に誘われ甘い、週末を共に過ごすが――。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。