小綱実波「背中を預けるには」シリーズのネタバレ感想

小説

小綱実波先生「背中を預けるには」シリーズを読みました!
登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

王位継承権第2位の王太子×転生した絶世の美少年 のお話。

<あらすじ>
かつて身をていして国を守った騎士・イオニアは、天使のように美しい辺境伯の四男・レオリーノに生まれ変わる。
レオリーノは夢の中で、イオニアの人生をたどり、身分差から想いを封じた王弟・グラヴィスへの思慕を思い出す。
さらに敵国の内通者によって殺された記憶までよみがえり、慰霊祭の日に裏切り者と対峙するが、逆に拘束されてしまう。

 

こんな人におすすめ

  • 中世ヨーロッパのような、優美な世界観が好き✨
  • 国と国、人と人との政治的駆け引きにワクワクする😆
  • 生まれ変わっても愛し合う運命の恋人たち、歳の差カプ、溺愛執着攻め、美少年受け…が好き😍❤️

 

ネタバレ感想

「背中を預けるには1」の感想

因縁の敵国ツヴェルフがまた戦の準備をしているという状況下で、まさかのグラヴィス(攻め)、「レオリーノ(受け)は俺が守る」宣言!!

レオリーノの前世であるイオニアの元彼・ルーカスの当て馬っぷりが切ないです。ルーカスに幸せになってほしいけれど、イオニアに一途すぎて…🤦‍♀️

戦の行方も、18年前の裏切りの真相も、ルーカス・グラヴィス・レオリーノの恋の行方も気になります…!!

背中を預けるには 1【電子特別版】
作者:小綱実波
かつて身をていして国を守った騎士・イオニアは、天使のように美しい辺境伯の四男・レオリーノに生まれ変わる。レオリーノは夢の中で、イオニアの人生をたどり、身分差から想いを封じた王弟・グラヴィスへの思慕を思い出す。さらに敵国の内通者によって殺された記憶までよみがえり、慰霊祭の日に裏切り者と対峙するが、逆に拘束されてしまう。
KindleコミックシーモアひかりTVブック

 

「背中を預けるには2」の感想

イオニアに背中を預ける側だったグラヴィスが、今はレオリーノの背中を預かっている…タイトルが2人の告白シーンで回収されるとは!とワクワクしました。

そして、温厚そうなユリアンの意外と苛烈な血統主義。なぜモテ男の彼がレオリーノを選んだのかと疑問だったんですが、そういうことか〜と納得です。

そしてキリオスがいいキャラ!見ているだけで元気になれます。

しかし、18年前の惨劇の最後の生き残り、エッボに会えたのは運命的でしたね。

ルーカスがレオリーノの中にイオニアがいると知った時の混乱っぷりには泣きました…。イオニアへの愛が人一倍深いだけに、レオリーノとイオニアへの心の整理がつかないですよね…。

ラガレア侯爵が19年前の事件の黒幕だったとして、何が目的なんでしょうね?🤔💭

そしていよいよ、イオニアの弟・ディルクにも真実が明かされる…!!ドキドキです…!!

背中を預けるには 2【電子特別版】
作者:小綱実波
「あの子の心を得ることができたら、そのときは俺のものにする」
将軍・グラヴィスの決意を知らず、騎士イオニアの記憶を持つ辺境伯末子・レオリーノは彼の庇護下で働くことになる。だが類まれな美貌が同僚の反発を招いた結果、階段から落ちてしまい―!?
KindleコミックシーモアひかりTVブック

 

「背中を預けるには3」の感想

レオリーノの体を借りたイオニアが「これからの人生も一緒にいてほしい」とルーカスに言い、2人がキスするシーン…大号泣でした。

「イオニア、もうあの炎から自由になってそろそろ”ここ”に戻ってこい。そして共に眠ろう」…なんて情熱的な告白なのか🤦‍♀️

ルーカスへの燃え盛るようなイオニアへの愛を感じて、たまらない気持ちになりました。

そしてエレオノラ王女殿下の口から語られた衝撃の真実…ラガレア侯爵の母君がまさかたった16歳で祖父王タイロンに娼婦扱いされ孕まされた挙句、辺境の臣下に下げ渡される…さらに、愛した人・ブリギッテ妃は父王ゲオルグに召し上げられて…ファノーレンに滅亡をと願うのも無理はないですね。

「悪が孤独と絶望から生まれたものだとしたら、その犠牲になった者達の魂は、どうすれば報われるのだろうか。」というレオリーノの独白が心に刺さります。ラガレアもスミルノフも強者たちに嬲られ続けた被害者だった…。

まさか兄王ヨアヒムとその妻エミーリアも父王に犯されていたとは…地獄のような種明かしだ…🤦‍♀️

互いに心を、背中を預け合うラストのグラヴィスとレオリーノは爽やかで美しかったです😭🙏✨

背中を預けるには 3【電子特別版】
作者:小綱実波
美貌の辺境伯末子・レオリーノが戦死した騎士・イオニアの転生者であることが明かされ、王弟・グラヴィスとも、ついに想いが通じ合う。守られてばかりの弱い自分を認め、力ではなく心でグラヴィスの心を護り、ともに生きることを決意するレオリーノ。だが、敵国に内通していた黒幕をとらえるべく、かつてイオニアと共に肩を並べた男たちが動き始め、戦争の足音はすぐそこまで迫っていた。
KindleコミックシーモアひかりTVブック

 

まとめ

いや〜壮大だった!!!

登場人物が多いので、人物相関図必須ですw

本シリーズはグラヴィス(攻め)とレオリーノ(受け)が、イオニアという前世のグラヴィスの想い人の記憶をきっかけに愛し合う…というお話ですが、イオニアが死んだ18年前の戦争は国内に裏切り者がいて、それを探しつつ、恋もしつつ…なので、かなり血の気の多いラブストーリーでした。

あとは、想像以上に王家の血縁関係がドロドロです。

終盤、たたみかけるように祖父王・父王の人を人とも思わないよう(特に女性や子供に対して)な鬼畜っぷりが明らかになるので、ガチで吐きそうになりました…。

ファンタジー作品ですが、心理描写・人間関係がとてもリアルで、つい世界観に没入してしまいます。

あと、本シリーズが好きな方は同レーベルから発売された、あべちか先生「遠い国の小さな花嫁」(推し作品)もお好きだと思います!!

遠い国の小さな花嫁【電子特別版】
作者:あべちか
雪深い町に、遠い国からたった一人で嫁いで来たサガルは、妻に先立たれ幼い息子を持つローランの妻になった。貿易商の仕事で一年で冬の間しか町にいない彼の代わりに息子の子育てを担う一方で、寡黙だが優しいローランと穏やかで温かい夫婦の絆を紡いでいくサガルだが、彼には夫には秘密にしている別の姿があった。小さな花嫁に隠された、想像もつかない過去とは?
KindleコミックシーモアひかりTVブック

こちらも「背中を預けるには」シリーズ同様、溺愛歳の差夫夫モノ(しかもかわいい子供もいる)ながら血生臭い政争モノでもあるので…ぜひ読んでみてくださいね😚❤️

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。