尾上与一「ルドヴィカの騎士〜奇跡の泉・銀〜」のネタバレ感想

小説

尾上与一先生「ルドヴィカの騎士〜奇跡の泉・銀〜」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


修道院のお抱え騎士×美貌の天才司祭 のお話。

<あらすじ>
《聖ルドヴィカの泉の奇跡》を起こすハイメロート家の嫡男で司祭候補のマティアスは、鍛冶屋の息子のレーヴェに命を助けられ、彼を自分の騎士にと願う。

レーヴェもまた、純真無垢なマティアスを唯一の主と敬愛し、将来司祭となる彼に仕えるために騎士を目指すことに。

しかしある日、瑞霊からマティアスを庇い、レーヴェが倒れてしまって…!?

 

こんな人におすすめ

  • 「奇跡の泉」シリーズが好き!😆✨
  • 尾上与一先生の作品が好き😚❤️
  • 中世ファンタジーもの、身分差もの、主従ものが好き!

 

ネタバレ感想

1945シリーズや「さよならトロイメライ」で尾上与一先生を知った方は、今回のようなファンタジーものを読むと驚かれるかもしれません。

攻め・レーヴェも受け・マティアスも、幼少の頃に出会ってからずっとお互いのことが大好き☺️❤️

精通ってなに?赤ちゃんはコウノトリが運んでくるんでしょ?レベルの箱入り息子であるマティアスに、レーヴェが必死で情欲を抑えているのが微笑ましいですw

魔女という生き物が信じられていたりとファンタジーではあるのですが、基本的には国内の政争を舞台としたシリアスな物語です。

彼らの生きる国の文化や歴史が細やかに丁寧に描かれているところが、尾上先生のこだわりを感じてグッときますし、そういった細部の描写が物語の現実味を増しているように感じました。

ほわほわぽわぽわ〜なマティアス、「マティアス以外は見えない!マティアス様愛してます!!」と一直線な鉄面皮イケメン、レーヴェのしなやかで優しい恋物語でした😚❤️

 

まとめ

レーヴェがマティアスを盗賊や瑞霊から守るシーン、賢者の実のせいで射精できなくなったマティアスにフェラするシーンが印象的です❤️

幸せでラブラブな2人の軌跡の物語でした😚❤️

ルドヴィカの騎士~奇跡の泉・銀~【電子限定書き下ろしSS付き特別版】(イラスト付き)
作者:尾上与一
《聖ルドヴィカの泉の奇跡》を起こすハイメロート家の嫡男で司祭候補のマティアスは、鍛冶屋の息子のレーヴェに命を助けられ、彼を自分の騎士にと願う。レーヴェもまた、純真無垢なマティアスを唯一の主と敬愛し、将来司祭となる彼に仕えるために騎士を目指すことに。しかしある日、瑞霊からマティアスを庇い、レーヴェが倒れてしまって…!?
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。