たろまろ「八月三日」のネタバレ感想

小説

たろまろ先生「八月三日を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人におすすめなのかなど、ネタバレ感想とともにご紹介します。

登場人物とあらすじ

お人好しの介護士と交通事故で記憶障害を患った青年 のお話。

新米介護士の一ノ瀬優は、重い記憶障害を患う患者、白崎和人を担当することになる。

彼は大学二年の夏に交通事故に遭い、毎日10時間程度しか記憶が続かないという記憶障害を患っていた

彼には事故前の記憶しかなく、毎朝目覚めては「記憶が続かない」「肉親たちから望まれて、施設に隔離されている」という事実に打ちのめされていた。

彼を担当した過去の介護士の中には、毎日白崎が絶望に打ちのめされる姿を見るのに耐えきれず、精神を病む者もいた。

だが、一ノ瀬は白崎を必死で支え、改善させようとする。一ノ瀬の働きかけで少しずつ白崎の様子が変化する中、一ノ瀬の身にある異変が起きてー。

こんな感じのお話です!

 

こんな人におすすめ

  • ネット小説を読むのが好き
  • ヘタレ攻め、美人受けが好き
  • タイムトラベルものなどファンタジーが好き

 

感想

一ノ瀬くんが、白崎さんを担当した最初の日のエピソードが好きです。

事故以降の記憶がないことで混乱し暴れたり、抜け殻のように生きていた白崎さんが、好物のハンバーガーを齧って、一ノ瀬くんと普通に会話をした。これまでの淡々とした「無」の日々に亀裂を入れた日。記念すべき日です…😭

そして、施設から出られない白崎さんのために一ノ瀬くんが考えた特別メニューがどれもおいしそうで、私も食べたい!とヨダレが出ました🤤

一口サイズの茶碗蒸し、湯豆腐、マンゴープリン、煮凝り…悲嘆に暮れる白崎さんへの一ノ瀬くんの心遣いが伝わってくるメニューだったなあ。

ただ、一ノ瀬くんが過去の自分と会話するシーン

過去の一ノ瀬くん「ホモなの?」
現在(未来)の一ノ瀬くん「違うよ!」

がひっかかりました。

あれだけ白崎さんに執着している一ノ瀬くんが同性愛を否定するなら、白崎さんの半裸を見た時の興奮した様子などは何だったのか?これまでの献身的な言動は全て愛情ではなかった、つまり一ノ瀬くんは白崎さんを無意識に女性の代替物と考えていたということ?とモヤモヤしました。

本編では明言されていませんが、一ノ瀬くんがゲイに偏見を持つ人ならば、一ノ瀬くんと白崎さんが結ばれることはないのかな?と思いました。白崎さんは純粋に一ノ瀬くんに愛情を感じているようなので、白崎さん好きの自分はしんどいです。

あと、本作のあとがきで「苑生」先生の読み方を初めて知りましたw「えんじょう」先生と読むのか。ずっと「そのお」先生だと思ってました💦

うっそりとした雰囲気の美青年白崎さんと、大型犬っぽい一瀬さんはまさに文章から受ける印象そのもの…!挿絵に何度もうっとりしました🌸

 

まとめ

白崎さん(受け?)が交通事故に遭った八月三日を中心に繰り広げられる、奇跡のラブストーリーです。

毎日14時間しか記憶が続かず、絶望を繰り返す白崎さんの闘病生活に胸打たれます。白崎さんの懸命さ、一ノ瀬くんの献身が愛おしい一冊でした。

「絶望しながら死を待つ人を介護する」というシリアスな前半に対して、後半は完全にファンタジー…と非常に奇抜な構成です。

前半と後半で全く違う小説のような世界観設定になっているので、読みながら少し混乱してしまうかも。

ただ、ネット小説では本作のように速い場面展開のものが人気なので、今後はめまぐるしいくらいの展開の作品が高く評価されていくのかも、と読みながら感じました。

たろまろ先生は「小説家になろう」出身で、本作でデビューしたばかりの先生です。これからの作品も、とても楽しみです!!

 

八月三日 (プラチナ文庫)
プランタン出版
¥759(2020/06/12 21:07時点)

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。