【レポ】飯田橋虜のムシシリーズ展示会に行ってきた!

小説

2020年1月17日(金)~2月11日(火・祝)開催の、飯田橋虜のムシシリーズ展示会に行ってきました!

飯田橋虜は、飯田橋駅から徒歩6分

飯田橋虜へ行くのに、めちゃくちゃ迷子になりました。

駅から飯田橋虜付近までは行けたんですが、虜に到着したのが12:00少し前で看板等が出てなかったんですよね。

ここらへんのはずなのに、倉庫みたいな建物と民家しかない…シャッターしまってるし…どこ…どこ…ってゾンビみたいにさまよいました…。

 

倉庫みたいな外観にビビる

12:00少し過ぎてからまた(ここらへんのはずなのに…)とさまよってたら、倉庫のシャッターが開いてる!!ムシシリーズの看板が出てる!!ここかああ!!!ってやっと到着しました。着けてよ゛か゛っ゛た゛(泣)

初めて飯田橋虜に行く人は驚くんじゃないかな…池袋虜が普通のお店っぽい感じだったので、「えっ!?倉庫!?」ってなると思います。倉庫だよ!(回答)

 

記念パネルと美麗絵がお出迎え

分厚いビニールのカーテンをめくると、ムシシリーズ記念パネルが正面にドーン!!!うひょー!!!!飯田橋虜に来たぜー!!!とテンションがあがります。

そしてそして!!

左右にずらっと並んだ美しいイラストの数々!!!

すごくないこれ!!????腐女子は垂涎ものじゃない!!???

私は残念ながら(涙)見つけられなかった(号泣)なんですけど、ここの右側の壁に街子先生と南十字先生がイラストを描いてくださってたらしくて…。

くあ〜〜〜〜〜〜生で見たかった〜〜〜〜〜〜(涙)

〜以下読まなくてもいい澄也と翼への賛美〜

街子先生の澄也の目の鋭さ最高だな…アサシンか?って鋭さにゾクゾクしますね…視線で天に召されたい。ハァ〜ほんとかっこいい。髪の毛の流れとか服のシワまでかっこよくないですか?どういうこと?やっぱ目が好きだな〜〜色気と鋭さと切なさと心強さと。

それに対して、南十字先生のちゅばしゃあああ〜〜〜♡♡♡♡♡なんてキャワイイんだ…ミルクの香りがしそう…お肌ぜったいもちもちふわふわしてそう…何この天使…?薄汚れた現世にいて大丈夫?呼吸できる?お手々の開き方までかわいいってどういうことなの…手のひらペロペロしたいです。見つめてるとかわいすぎて脳が溶けそう。

 

まさかのトラップ

そしてここでまさかのトラップ。このパネル等が置いてあるのは1階で、2階に展示スペースがあるんですけど、2階にあがるスロープが結構傾斜きつい!!www

アスレチックとか工事現場にありそうな金属の板がドーン!って置いてあって、ここから上がれ!ってなってました。男前すぎるインテリアww

 

正面にコラボグッズがずらり!

1階・2階の見取り図はざっくりこんな感じ。

1階から上がると、正面にコラボグッズがずらっと並んでます。

ずるい〜!!!!こんなの絶対買いたくなっちゃうじゃん!!!!

ちなみに、会計の近くに街子先生による兜とあっちゃんの描き下ろしイラストが飾られてました!!

ひいいいいいい…!!!!!!美…!!!!!!!

あああああああっちゃん美しすぎませんか…兜を愛おしげに見つめる視線があまりに…あまりに甘い…優しい…あっちゃんの、全部を受け入れて許す、痛い愛をひしひしと感じて泣いてしまう…(泣)

兜のこの嬉しい!!!って表情もめちゃくちゃ泣けません??そこそこの愛しか知らなかった、ボランティア感覚でしか人を愛せなかった男が、こんなに柔らかい笑顔をするのかって…あっちゃんと出会って兜は全身全霊で愛することを知ったんだなあともう胸と目頭が熱くて…。

後ろのショッキングピンクの円と2人の純白の衣装がまた合う…。あっちゃんのカシスのような色の髪も本当におしゃれだ…。

あっちゃんと兜、(特にあっちゃん)それぞれが愛で苦しんだことを思い出して、この絵は見てるだけで涙が止まらなかったです。

 

イラスト展示スペース

イラスト展示スペースは、各カップルごとにイラストがまとめられていました。イラストの周りには、各カップルを模した飾りがつけられていてかわいかった…写真を撮り忘れたのが遺憾の意!みかんのみ!🍊

展示されているイラストは、コミコミスタジオ町田店や池袋虜で見たものと同じですね。

飾られているイラストは、各巻表紙(フルカラー)+各巻挿絵(モノクロ)+電子版番外編表紙(フルカラー)+その他同人誌などの挿絵(モノクロ)でした。

以下、改めて各イラストを見た感想です。

「愛の巣へ落ちろ!」

翼がめちゃめちゃ可愛い(何度も言う)。濡れ場の挿絵を改めて見返すと、翼が痩せてるせいでお尻がこう…ちょっと尖ってるんですよね。まん丸ではなくちょっとごつごつしてる感じなんですが、それがすごくいい。いかにも痩せてる男の子の体という感じで、生々しさがすんごいエッチでした。

あと、ラブセレ金に収録されてる「愛の巣へ落ちたあと」、ラブセレ金には収録されてないんですが挿絵がありました。

翼が死ぬことを想像して泣いた澄也、叔父さんに反対されても翼と生きる覚悟を決めた澄也…挿絵は公園で澄也が翼を抱きしめているシーンだったんですが、見ながら泣きそうになりました。しがみつくように翼を抱きしめる澄也と、無垢な目を大きく開いて澄也の行動に驚く翼が、とても愛おしかった…。

あと、どのお話に関連したイラストかがわからないんですが、翼が鳥に餌をやってるモノクロのイラストが可愛かったです。翼が楽しそうに笑顔いっぱいにしてて、澄也がやれやれって感じの表情をしてて…高校時代のデートかな?若い2人がはしゃいでて可愛さの極みでした。

「愛の蜜に酔え!」

里久の甘露がめちゃくちゃえっちだということに気づいてしまった(今更)

乳首が乳輪からぷっくり膨らんでて、ほのかにぷっくりつやつや。甘露まみれで泣いてる里久がかわいそうかわいすぎて、これは綾人さんの鉄の理性もぶち壊れてしまいますわ…と納得(?)しました。

あと、蟻塚に襲われてぼろぼろになって泣いてる里久のイラストを見て、一気に本編が思い出されて…人目をはばからず泣きました。

記憶を失ってから、ベッドの上で手紙を読む里久のイラストを見ながら、「里久ってこんなに小さかったの?華奢だったの?」って驚きました。この細い体でよくぞたくさんの苦難に耐えたなと…(嗚咽)

記憶を失った里久に懺悔する綾人さんのイラストも、改めてしっかりと見て…素敵でした。表情は見えないけれど、固く握った拳から綾人さんの自責の念の強さが伝わってきます。

「愛の裁きを受けろ!」

陶也の色気すごい。

あらためて、陶也ってエロすぎません…?存在が18禁。歩くスケベ。全イラスト、陶也の滴るような色気に腰砕け寸前でした。

「愛の蜜」、「愛の裁き」の流れは号泣せざるを得ないですよね…。

雨の降る中、部屋の中で2人が抱き合っているイラストは何度見ても泣きます。陶也の感極まった表情が素晴らしすぎる。郁ちゃんの、わんわんと子供のように泣いている表情も愛おしくて、ただただ2人を好きな気持ちが湧き上がってたまらなかったです。

「愛の罠にはまれ!」

最後の、兜とキスしているイラスト以外全部、あっちゃんが一人で「愛する苦しみ」に苛まれていたことが思い起こされて…めちゃくちゃ泣きました。

特に河原のシーンがすごく好きです。私はあっちゃんが兜に「あれも愛だった」って郁ちゃんへの数々の暴言等を肯定された時に、「じゃあ俺に傷つけられた郁の苦しみはどこに行くんだよ」と否定するのが本当に好きで…。すごくない?だって、人間みんな自分が失敗したら、それを慰められたら、そういう考え方もあるよなって自分に甘い方を受け入れちゃうよね。あっちゃんのそういう、愛することへの真摯な態度が大好きです。

夕陽の中でキスする2人が綺麗すぎた。あっちゃんの涙にもらい泣きしちゃいました。郁ちゃんとの再会シーンもよかったな…。郁ちゃんがあっちゃんを抱きしめて泣くのに、胸をぎゅっと掴まれました。

「愛の本能に従え!」

改めて挿絵を見返すと、大和って全開の笑顔のシーンってほとんどないんだなあと気づきました。最初から最後まで不機嫌そうな表情が多いんだけど、それでも、後半にいくほど大和の仏頂面が少しずつ和らいでいて…表情の変化がいいですね。

あとねー!!!「愛の本能」といえば、あの!ホテルでの!窓際立ちバックが有名だと思うのですが!!!

あのシーン、歩のお尻がぷりぷりですごいエッチだね…。こんな白桃みたいな尻だったのか…としみじみ見入っちゃった。こう…尻を下から持ち上げてぷるんぷるんって揺らしたいね(誰?)

保健室で点滴打ってる時にスオウとチグサに再会するシーン、本編でも「澄也それどういう感情の表情なん?」って笑ってしまったんだけど、また見て笑ってしまった。不器用な澄也の一面が見えるようで愛おしい。

儚げ美人な歩にもときめく…。

「愛の在り処をさがせ!」「愛の在り処に誓え!」

葵が美しい………。

シモンに国から追い出されて、日本の病室のベッドで泣く葵がもうすごく…泣けました。もらい泣きしちゃった。あのシーンの翼の心配そうな顔、お母さんの顔だなあとそれにも胸が熱くなって…。

あと、無邪気な空がとにかくかわいい。空を抱きしめて、「この子は違う!グーティーじゃない!」って言うシーン、空のかわいさと共に、葵とシモン2人の混乱が感じられてすごくいいよね…。

「愛の星をつかめ!」

真耶様の苦悩が全イラストから苦々しくほとばしるみたいでした。孤独、虚無…自分が必要とされていない空っぽな気持ちを真耶様の表情から感じ取れて胸が苦しい…。

央太も、どうしたら真耶様を振り向かせられるのと焦りと苦しみが見えて…最後の机でキスしてるシーンはそれまでとのギャップににやけちゃいます。

「愛の巣へ落ちろ!1」(漫画版)

翼の目がキラキラでまんまるで、もうほんとに!!!かわいい!!!

小さい央太の泣き顔もめっちゃかわいい。キラキラしてる…2人とももしかしてスクールアイドルですか?(違)

翼の裸もえっちでかわいいんだよなー!!!

Twitterでも話してたんですが、真耶様がハイクラス・ロウクラスの説明をしてる背景で翼が裸+蝶の羽を出してるシーンがあるんですが、ここで翼の尻がむにゅっと変形してるのがすっごいスケベなんですよね…。尻の柔らかさが伝わってくる。

https://twitter.com/yuriyuutoutoi/status/1226792046544900096?s=20

あと、デフォルメされた真耶様のハチの姿がめちゃめちゃかわいいです。グッズ化してほしい。

あとね〜!!!澄也がハイクラスを食い荒らして、ズボンがはだけてパンツが見えてるシーンがあるんだけど…パンツのもっこりがエロいよね…。澄也の澄也♂はデカそうだな…とグヘグヘしながら見ました。

 

10周年記念立ち絵パネル(全キャラ)

10周年記念立ち絵のパネル!!!!これですよ!!!

これに会うために飯田橋虜に来たのです!!!

どどーん!!

推したちと一緒に写真を撮るという念願が叶いました。我が生涯に一片の悔いなし。

これ、タコのイラストで顔隠してるんですが、このイラストの下はびっくりするくらい笑顔です。おまい、こんな笑顔できたのか。

 

キャラクタープロフィール

これね、飯田橋虜に来られなかったムシシリーズファン全員に読んでほしいので一枚一枚、全員分撮ってきました!!!

最初は、ラブセレ金とかに書かれてたっけ?と思ったんですが、このために書かれたオリジナル文章みたいです。「このキャラってこういう説明なん!?w」って面白いので、ぜひ見てほしい。

澄也と翼

澄也の説明に「かわいい一面も」って書かれてるのに笑ってしまった。たしかに澄也はかわいい。

翼の「その後澄也と結ばれ愛に満ちた時間の中で息子・翔(かける)を産む。」に泣いてしまったオタクは私です。「愛に満ちた時間の中で」って素晴らしい表現じゃない…?ラブセレ金を読んだ人は、澄也と翼が高校時代から、たくさんの、命がけの決断をして翔くんを産み育ててきたかを知っていると思うので…この一文はかなり胸に来るのではないでしょうか…(号泣)

綾人と里久

綾人さんの説明、「里久と二人だけの世界を望んでいる」に最高かよ…って思った。ほんと最高。改めて、綾人さんを説明する言葉としてこれ以上のものはないのでは???文章を書いてくださった方に「解釈が合います」と美味しいお酒をおごりたい。

里久の「綾人の言うことなら何でもきく箱入り」もちょっと笑ってしまうよね。かわいいなあ。でも里久は綾人さんラブ♡すぎて盲目だもんねとそこも愛おしくてニヤニヤしちゃいました。

陶也と郁

陶也の「祈りを捧げるかのように善行を積み重ね、その願いが叶う」はもう、涙なしでは読めないです。まさにそうだ…とこの展示スペースの前で泣き崩れそうになりました。たった一文で、本編のあの長い長い、郁ちゃんと会えるまでひとりで善行を重ねていた陶也の孤独な時間を思いださせられる…素晴らしい文章です。

郁ちゃんの文章はね、もう全文名文です。読んで、涙してほしい。郁ちゃんがどう生きてきたかだけでなく、どう生きていきたいかまで書かれていて、感動しました。

兜と篤郎

兜は「加減知らず」「危険人物」に笑ってしまった。間違いないです。改めて「篤郎が初恋」と書かれると、「兜ってかわいい人だな…」と思ってしまう。そして、サイコパスな兜に痛いくらいの愛を教えた篤郎は本当にすごいと改めて思うのでした。

篤郎は、最後の「美形。」で笑いましたw その言葉だけで断定してるところに、「篤郎は美形なんだ!!!」という強い主張を感じるww

大和と歩

大和は「男気がある」「スパダリタイプ」とべた褒めされていて、この展示を見て大和を改めて好きになったファンもいるのでは!?と思ったりしました。

歩は「大和の男気によって恋人に」と書かれていて、これは自分の考えと違って面白かったです。

私は大和の男気とは別に、歩が「本能は愛と相反しない、本能の根っこには愛があるんだ」と意識を変えて生きることに積極的になったからこそ、大和と恋人になったんだと思ってたので…。つまり、どちらかというと歩の男気で恋人になったと思っていましたw 男気あふれるカップルですね♡

シモンと葵

シモンの「育ち切らない心」には、「まさにそのとおり…」と読みながら深くうなづいちゃいました。「自分の中にある愛とその意味を知る」も、「愛の在り処に誓え!」の終盤、葵が窓から飛び降りるとシモンを脅すシーンあたりを思い出して泣きました。(ずっと泣いてる)

葵の「献身的な愛」もそうですよね。「葵の愛はどんな愛?」と聞かれたら、まさに「献身的な愛」「母のような愛」なのかなあとしみじみ思いました。

央太と真耶

央太の「献身的かつ偏愛的な性格」は、それだーーーッッッ!!!ってなりました。真耶様を想って、想って、想いすぎている感じを言葉に表すとまさにそれだ…。かわいい純粋な央太もいつつ、人間って汚いと嫌悪しているひねくれた央太もいる、複雑な央太の性格がすごくよく表されてますよね。

真耶様は、なんとなく様づけで呼んでしまいます。清く正しく美しい存在というのに、「わかる」ってめっちゃうなづきました。

キャラクター何でもランキング

ラブセレ金に書いてある内容と同じでした!全部で6つくらいかな?

ラブセレ金に書いてあったランキング内容からピックアップされて展示されてました。個人的にランキングで一番好きなのは、「絵心がない人ランキング」です。

樋口先生のこの絵を見てから、陶也がもっと好きになってしまった。愛おしすぎるwwww

 

樋口先生の創作ノート・仕事場写真展示

樋口先生の創作ノートは!!!!全腐女子が見たくて仕方ないやつだよね!!!!!!

机に2冊置かれてたんですが、1冊しか読めなかった…。1冊は他のお客さんが読んでらして、2冊とも同じ内容かな?と思って諦めてしまった。

創作ノートの内容は、各巻のタイトルを推敲した跡とか、綾人を里久が好きになる理由をツリー状にして考えてらしたりとか。

街子先生の全キャラのラフイラストも入ってました。ラフは池袋虜で見たのと全部同じですね。

ンア〜〜〜諦めなければよかった〜〜〜(後悔)諦めんなよ!シジミがトゥルルって頑張ってんだよ!!と今私の心のなかで松岡修造が叫んでいます…次に機会があったら絶対2冊とも読むよ修造…(泣)

 

メッセージコーナー

樋口先生らへのメッセージコーナーもありました。付箋や文具がたくさん置いてあって、どんな風にメッセージを書こうか悩んじゃいました。

先生方へのメッセージはノートに書くようになっていたんですが、ちらっと前のページを見てみたら皆さん凝ってらしてすごかった!!

 

以上です!!!

 

たこわさ
たこわさ

ムシシリーズの歴代イラストをじっくり見たり、パネルと写真と撮ったり、めっちゃエンジョイしました!!

樋口先生の創作ノート、また見せていただける機会があったらいいな(涙)

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。