J.L.ラングレー「狼を狩る法則」のネタバレ感想

小説

J.L.ラングレー「狼を狩る法則」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ

メイトを渇望する獣医×ゲイの大学教授 人狼同士 のお話。

<あらすじ>
人狼で獣医のチェイトンは「メイト」に会える日を子どもの頃から楽しみにしていた。

そんなある日診療所に一匹の狼が運び込まれ、自分の心と体の共鳴から、チェイはドアの向こうに運命の相手がいると確信する。

しかしそこにいたのは傷を負った美しい男だった—。

 

こんな人におすすめ

  • ネイティブアメリカンと白人との間の深い溝を知りたい
  • 可愛い見た目で意外と豪胆な受けに、ギャップ萌えしたい❤️
  • リバもばっちこい!!!

 

ネタバレ感想

ホモフォビアという呪いの根深さに愕然とします。なぜ憎しみの連鎖を絶てないのか…苦しいです。

いろんなシーンで、チェイの漢気、キートンの芯の強さに愛おしさが増します。

本作で一番好きなシーンは、チェイがbottomになるシーン!!

最低な元彼に犯されるだけだったキートンへの限りない愛、慈しみを感じて、喜びで涙が溢れます😭✨

基本シリアスなお話ですが、キートンの実家へ行くのに潤滑剤を4本も持ってくチェイには爆笑しました😂

私は同性愛を侮辱するレミが大嫌いだったけど…キートンの寛大さを尊敬します。憎しみの矛先を向けてくる相手に、愛をあげられる人ほど強く気高い人はいないと思います。

そして、キートンの命を狙っていた犯人が意外すぎました。まさか…と思わず声が漏れてしまうくらい。

最後の大団円には思わず笑みが溢れます。ピタと2人、手のかかるレミという弟子とで、みんな仲良く末長く幸せに…!!!😭👏✨

まとめ

ゲイ嫌いの親友、白人嫌いの母…そして三度も命を狙われる恋人。

匂い立つような濃厚な濡れ場!息詰まる衝撃の展開!

愛と血と感動に溢れる、サスペンスBLの名作です📖✨

狼を狩る法則
作者:J.L.ラングレー,麻々原絵里依
人狼で獣医のチェイトンは「メイト」に会える日を子どもの頃から楽しみにしていた。そんなある日診療所に一匹の狼が運び込まれ、自分の心と体の共鳴から、チェイはドアの向こうに運命の相手がいると確信する。しかしそこにいたのは傷を負った美しい男だった—。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。