葵居ゆゆ「青の王と花ひらくオメガ」のネタバレ感想

小説

葵居ゆゆ先生「青の王と花ひらくオメガ」を読みました!

登場人物とあらすじ、どんな人にオススメなのかなど、ネタバレ感想とともにがっつりご紹介します!☺️✨

登場人物とあらすじ


傲慢な放蕩王子×下働きの忌み子 のお話。

<あらすじ>
オメガ性を持つ“神子”が住まう神殿で、第二性別を持たないセレンは下働きとしてひっそりと働いていた。

王家のアルファたちが神子を迎えに来る日、生まれながらの罪のせいで俯いてばかりのセレンに、「顔を上げろ」と言い放ったのは孤高の第一王子・レイだった。

王になりたくないと異端の振る舞いをするレイのため、献身的に身体を差しだすセレンだったが…。

 

こんな人におすすめ

  • 中東系ファンタジーBLを読みたい!
  • シンデレラストーリー、身分差ものでときめきたい!
  • オメガバースものが好き❤️

 

ネタバレ感想

は〜〜すっっ…ごい幸せな気持ちになりました……🥺🌈✨

孤独な王と天涯孤独の下働きが出会って、番になって、国を根底から変える…2人の出会いが世界を変えるってなんてロマンチックなんでしょう。

最初はわがまま放題の放蕩王子に見えた攻めが、実は義母の差し金で右目が見えず、弟のためを思って演技をしていただとか…

「生まれてきたのが罪だ」と言われ、存在がないように働かされ続けていた受けが、攻めとの出会いで初めての恋を知ったり、実父に出会えたり…

一冊でよくぞここまで書き上げられた…!と感嘆するくらい、情報量が多かったです。

お値段以上!!大満足です😋✨

世界観もとても素敵だったなあ。中東っぽい街並み、洋服、食べ物がすごく淫靡な雰囲気でした。

何度もじっくり読み返したいです📕✨

 

初回限定特別ショートストーリーペーパー「青の王とオメガの癒しのひととき」

攻めのレイが頭痛に悩まされているところから話が始まったので、受けのセレンが淹れてくれたお茶で癒すのかな?と思いきや…(ニヤニヤ)

本編でもアーモンドの花がたびたび登場したので気になってたんですが、梅とか桜みたいな可憐なお花なんですね。(以下画像参照)

花言葉は「希望」だそうで。美しいですねえ…。

レイとセレンにふさわしい花、そして花言葉だなあ。

えっちなことも含め、イチャイチャしてる2人が愛おしかったです❤️

 

まとめ

ねっとり濃厚な濡れ場描写、人生の非情さから喜びまで丁寧に描かれた心理描写がすばらしい一冊でした。

中東系ファンタジーもの、シンデレラストーリーなオメガバースものを読みたいな〜と思っている人に、ぜひおすすめしたいです。

皆さんもぜひ読んでみてください〜!!☺️✨

青の王と花ひらくオメガ【SS付】【イラスト付】【電子限定著者直筆サイン&コメント入り】
作者: 葵居ゆゆ / 笹原亜美
オメガ性を持つ“神子”が住まう神殿で、第二性別を持たないセレンは下働きとしてひっそりと働いていた。王家のアルファたちが神子を迎えに来る日、生まれながらの罪のせいで俯いてばかりのセレンに、「顔を上げろ」と言い放ったのは孤高の第一王子・レイだった。王になりたくないと異端の振る舞いをするレイのため、献身的に身体を差しだすセレンだったが…。
KindleレンタコミックシーモアひかりTVブック

 

この記事を書いた人

たこわさ
たこわさ
夜明けの腐女子。樋口美沙緒先生「パブリックスクール」・葵居ゆゆ先生「愛傷コレクション」・伊勢原ささら先生「嫌われ魔物の大好きなひと」が愛読書。スパダリ執着攻め×一途健気受けが死ぬほど好き。